投票所に行って思ったこと

今日は大雨の中、投票に行ってきました。

人はそれほと多くなかったのですが、なかには小さな子を連れている人がいました。小学校低学年くらいかな。何だかよく分からないけれど親に付いてきたという感じです。

今日初めて知ったのですが・・・

小学生が投票所に入れるのは2016年の参院選からなんですね。


公職選挙法


公職選挙法の古い条文はこうなってます。

(投票所に出入し得る者)

第五八条 選挙人、投票所の事務に従事する者、投票所を監視する職権を有する者又は当該警察官でなければ、投票所に入ることができない。ただし、選挙人の同伴する幼児その他の選挙人とともに投票所に入ることについてやむを得ない事情がある者として投票管理者が認めたものについては、この限りでない。



2016年の改正後(出典

(投票所に出入し得る者)

第五十八条 選挙人、投票所の事務に従事する者、投票所を監視する職権を有する者又は当該警察官でなければ、投票所に入ることができない。
2 前項の規定にかかわらず、選挙人の同伴する子供(幼児、児童、生徒その他の年齢満十八年未満の者をいう。以下この項において同じ。)は、投票所に入ることができる。(以下略)


幼児だけでなく児童、生徒も含まれるようになりました。

幼児は小学校就学前、児童は小学生、生徒は中学・高校生を示します。


小さいころの思い出


実態としては、立ち入りの可否は投票所で対応が分かれていて、これまでも子連れを容認していた投票所はあったそうです。

で、2016年の公職選挙法改正で18歳から投票できるようになったのですが、そのタイミングで投票所に立ち入ることのできる人を広げたわけです。

そういえば・・・

小さいころ親と一緒に投票所に行った記憶がないです。

よく分からないけど、なんだか大人だけの世界なんだろうな・・・と漠然と思ってました。


大人だけの世界?


子供が入れない大人だけの世界。

そういう大人だけの場所もありますが、選挙は18歳未満立ち入り禁止にしなくてもいいですね。その点、2016年の法改正はよかったと思います。

投票所で騒がないとか他の人の迷惑にならないとか、最低限のマナーは必要ですけどね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する