積立NISA 排除された投信で積立投資したらどうなるか

積立NISAの対象となる投資信託には厳しい要件が課されています。そのため積立NISAの「公認」ファンドとして認められたのは、多くはインデックスファンドです。

ノーロードで信託報酬が低い、信託期間が長いなど、長期的な資産形成に向く投信が積立NISAの理念に合致するファンドとなります。

そういうファンドだけで始めるのは、分かりやすさの点ではいいと思います。

今回は、理念の合致と排除の理論と現実について


積立NISA設立の理念


積立NISAを設立した理念である、長期・分散・積立投資はいいと思います。

それに低コストも。

理念そのものに反対を唱えるつもりはありません。ただ、要件に合わないものを排除する仕組みに若干の引っ掛かりを感じます。

金融行政版、排除の理論ですね。

積立NISAから排除されたファンドは、長期・積立で非課税のメリットを受けられないです。それは残念な気がします。


排除された側はダメなのか


排除されたファンドは、長期・積立投資に向いていないのか。
公認されたファンドは、長期・積立投資に向いているのか。
その違いはどのくらい大きいのか。

って、実証的なデータを知りたいですね。

気になったので日本株投信で検証しました。データ取得先はモーニングスターです。


非採用ファンド


1. 販売手数料あり
2. フィーレベルが比較的高い、高い
3. 運用年数15年以上

これで純資産の大きい3ファンドを選びました。

1. フィデリティ・日本成長株・ファンド (信託報酬1.65%)
2. ノムラ 日本株戦略ファンド (信託報酬2.05%)
3. JPM ザ・ジャパン (信託報酬1.84%)

どれも販売手数料は最大3.24%です。


採用ファンド


過去15年以上の実績があるTOPIX連動のインデックスファンドの中から、最も信託報酬の低いものを選択しました。(実際に積立NISAの公認になっているかは未確認ですが)

日立 国内株式インデックスファンド (信託報酬0.16%)

販売手数料はゼロ。


過去15年のバックテスト


2002年9月から2017年9月まで
月末に毎月10,000円のドルコスト平均法による積立投資
アクティブ3ファンドは販売手数料3.24%を考慮、インデックスファンドはノーロード
基準価額を用いて試算

結果は、投資元本1,800,000円に対して

0. インデックスファンド: 3,128,000円
1. フィデリティ・日本成長株・ファンド: 3,109,000円
2. ノムラ 日本株戦略ファンド: 2,927,000円
3. JPM ザ・ジャパン: 5,514,000円

どのファンドでも資産は増えていますね。


過去10年のバックテスト


2007年9月から2017年9月まで同様にやってみました。

結果は、投資元本1,200,000円に対して

0. インデックスファンド: 2,096,000円
1. フィデリティ・日本成長株・ファンド: 2,081,000円
2. ノムラ 日本株戦略ファンド: 1,973,000円
3. JPM ザ・ジャパン: 2,671,000円

どのファンドでも資産は増えています。


過去15-5年のバックテスト


変則的ですが、2002年9月から2012年9月までの10年間でやってみました。

アベノミクスの効果を受ける前に止めた場合です。

結果は、投資元本1,200,000円に対して

0. インデックスファンド: 924,000円
1. フィデリティ・日本成長株・ファンド: 919,000円
2. ノムラ 日本株戦略ファンド: 905,000円
3. JPM ザ・ジャパン: 1,626,000円


まとめ


まとめます。

fsa_nisa.png

この検証結果をどう思いますか。

私は、長期を10年以上としてサンプルの結果からは、

1. 非採用ファンドは、長期・積立投資に「向いていない」とは言い切れない。
2. 採用ファンドは、長期・積立投資に「向いている」とも言い切れない。
3. 両者の間に、明確な違いがあるかは分からない。

と思いました。
(サンプル数が少ない点は要注意ですが。)

こと投資の観点からは、公認ファンドに投資していればOKとはならないし、排除されたファンドがダメともならないですね。

投資時期の要素のほうが、資産形成の結果に与える影響は大きそうです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3668:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017.10.13 23:52 # [EDIT]
3669:

積立NISAは基本的に株式の投信だけ(バランスファンドで債券が組み込まれてるものはある)なのですが、全くの初心者は頭で分かっていても、その値動きに耐えられなくて止めてしまう人が多数出そうです。
自分のお金が使っても無いのに減っていくのは、経験したことの無い人にとってはかなりの恐怖です。
まるで採用ファンドを積立さえすれば、小さなリスクで資産が増えるみたいなイメージで推しているのがとても気になります。
ま、「あんまり普及しないだろうな」とは思ってますが。笑

2017.10.14 09:19 ニャーゴ #- URL[EDIT]
3670:

※3668のメッセージをくださった方へ
コメントありがとうございます。
拝読しました。(^^)

2017.10.14 20:54 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3671:

※3669:ニャーゴさん
そうですね。積立NISAは下落局面では積み立てをするそばから値が下がっていきますね。かなり辛抱が必要な投資法だと思います。
私も長期積立ならリスクが少なく資産が増やせるみたいなイメージが先行するのは気になります。
あまり普及しないだろうなという思いも同感です。(^^)

2017.10.14 21:02 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3673:

普及するしないはともかく、下落局面で買えるかどうかが投資成績を大きく左右するので、毎月の積立投資は、仕組みの面で良い方法です。
辛抱できない人は投資には向かない人だと思いますね。

2017.10.15 11:44 AKI #- URL[EDIT]
3677:

※3673:AKIさん
下落局面で買えるかどうかが投資成績を大きく左右するには概ね同感です。
毎月の積立投資が良い仕組みかどうかは、私はニュートラルに考えています。下落局面(安値圏)でも買い続け、上昇局面(高値圏)でも買い続けるのだからニュートラルという考えです。

2017.10.15 21:08 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3680:

毎月積立投資、金額的にはニュートラルですが、心理面を考慮するとポジティブに評価してもよいと思うのですが、そうは思われませんか?

アベノミクス前後を比較すると、投資の参加者は段違いにアベノミクス後の方が多いです。
上げ相場はすぐに儲かるから、参加者が増えます。
一方、下げ相場では損失に耐えられなくなって参加者はどんどん減っていきます。

そういう人間の心理面を考えると、その1年限定の非課税枠が貰えるつみたてNISAは枠が勿体ないので、下落相場でも投資しやすい心理が働くのではないかと。

しかも積立方式なので、最初に設定すれば、あとは口座にログインしなくても勝手に投資をしてくれます。

便利な仕組みだと思うんですけどね。

2017.10.15 21:26 AKI #- URL[EDIT]
3681:

※3680:AKIさん
そうですね。まず明確にしておきたいのは、私は積立投資は利点と弱点の両方があると認識している点です。

積立投資に限りませんが、どんな投資法にだって一長一短はあると思っています。

利点は他のところで多く語られますので、私のブログでは弱点や注意点を伝えたいという思いがあります。なのでコメント欄も含め弱点に比重が多いと感じられたのかもしれませんね。

便利な仕組みという点はその通りだと思います。

2017.10.15 21:56 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3682:

あえて弱点や注意点を中心に書かれているとのことなので、それは1つの視点ですね。
悪いところを知った上で利用することも大切なことなので。

つみたてNISAは、まとまったお金は持っていなくて、投資のことはあまりよく知らない人が無難に投資できるように設計されているように思います。

投資に慣れている人からすると、融通が利かず使い勝手が悪いので不評になりやすいのかな、と。

2017.10.16 22:02 AKI #- URL[EDIT]
3684:

※3682:AKIさん
はい。積立NISAは、まとまったお金を持っていない人が無難に始められる仕組みだと思います。仕組みは悪くないと思っています。

私が積立NISAに高評価になれないのは、本来自由に選択できるべきなのに金融庁がファンドを選別してしまうことです。税制は公平であるべきで非課税のメリットを受けられるのが特定のファンドだけというのが納得しにくい点です。

全ての投信が対象の方がいいのにと思います。

2017.10.17 20:40 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3687:

私も同じ不満を持っています。

・特定の投資法を優遇する税制の不公平さ。
・特定の株式ファンドのみの取り扱いとなり、債券やREITに投資できない。(バランス型ファンドはありますが。)
・スイッチングができない。

この辺りは大きな問題だと思います。

小黒さんと違うのは、それでも使った方が良いというスタンスの違いなんでしょうね。
非課税はメリット大なので、制限があっても活用した方が良いと思っています。

2017.10.17 22:28 AKI #- URL[EDIT]
3688:

私も、つみたてNISA対象を絞る必要はないと思います。
ただ、それは、私だからというのもあります。
何しろ、自分で好きなの選びますから^^

ただ、そうなると、やっぱり、これまでどうりに、
インセンティブの高い、売買手数料高くて信託報酬高い物が売れるんでしょうかね(個人的には、ほかの人が手数料支払う分には構わないけど、金融機関のグローバルな競争力はさらに落ちるのかなぁ)。


あと、つみたてNISAは制限が多いので使いづらい。
ロールオーバー(損切りいつするか)とか
定期的に継続した買付(積立)の必要(タイミングは選びにくい)とか
公社債やリートが無い(分散効果が減弱される)こととか
でも、たぶん、私は使うと思います。
どうせ、似たようなファンド買っているからww


強い制限設けたつみたてNISA
相場良ければ不満出にくいけど
相場悪くなると、不満大噴出でしょうね。
買った人から(国が良い物と言ったのに損した!)も、金融機関から(私たちは指導されるままにやっただけ、国の責任だ!)も。
この辺りは、皆さんがどんなこと言ってくるのか、今からとっても楽しみにしいます^^

やっと、ノーロード、低信託報酬が当たり前と言う有難い時代になったのだけど、これを壊したい勢力も常にいますから、その方々が何を利用してどう逆襲してくるのか、興味あるんです^^
つみたてNISAの失敗なんて、とっても良い材料になりそうw。
さすがに膨大な過去データは改ざんしないと信じたいけど
昔のように、アクセス制限を掛けることはできるし。

2017.10.18 11:09 いろいろでセカンドライフ #- URL[EDIT]
3690:

※3687:AKIさん
問題点は共通ですね。
私は、投資法が合っていて使える人なら使うのがいいと思っています。気に入らない点があるからといって全否定はしませんので。
批判的ではありますが、否定的ではないつもりです。(^^;

2017.10.18 18:43 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3691:

※3688:いろいろでセカンドライフさん
対象を絞るのは行き過ぎだと思います。

手数料は高いより低いほうがいいですし、投資家の選択眼が高まることで自然と業界が変わっていくほうが時間はかかりますが望ましいアプローチだと思っています。

積立NISAは金融庁が功を焦って「急いては事を仕損じる」にならなければいいなと思います。


2017.10.18 18:52 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する