かんたんな投資を誘う記事 だからこそ甘言に注意したい

軽装でできるハイキングであれ、重装備で山頂を目指す登山であれ、どちらにも共通することがあります。

自然を甘く見てはいけないし、自分の能力を過信してはいけないということです。投資も同じだと思います。

今回は、楽しさと危険性について


上げても下げても利益が出せる?


AREA.netが資産運用の記事を連載しているのですが、今回の記事はかなり気になりました。

「1分で理解!上げても下げても利益が出せる「シンプル投資」のしくみ」という記事です。[外部記事]

タイトルからして読者をミスリードしそうですね。

記事の中から一部を引用します。

毎月金額を決めて、一定額を投資信託などに積み立てていく「積み立て投資」なら、いつ始めても大丈夫です。しかも勉強したり手間をかけなくても、誰でも簡単に実行できて損をしにくい仕組みなのです


ん・・・

「いつ始めても大丈夫です」って言い切っていいのかなぁ。

それに楽に簡単にできて、しかも損しにくいなんて甘い言葉が続きますね。


記事で想定していないケース


記事では、ドルコスト平均法で上手くいったケースを2つ挙げています。

しかしそれでは不十分です。ドルコスト平均法にとって都合の良いケースだけを提示して、上手くいかないケースを外しているからです。

元の記事では10,000円から2,000円になって、5,000円に戻るケースがありました。このケースの逆を考えます。対数収益率を逆転させて計算します。

10,000円→2,000円→5000円のルートが
10,000円→50,000円→20,000円になります。

dollarcost.png
(縦軸:基準価額、横軸:投資年数)


計算結果


毎月1万円で計算するのは大変なので、年額12万円で10年間にします。

投資元本:120万円
ドルコスト:97万円
一括投資:240万円

一括投資していれば2倍になっていますが、ドルコスト平均法の積立投資なら97万円になってしまいます。

上昇局面での高値掴みの影響です。

こういう局面でのシミュレーションも提示すべきですよね。


大事なこと


投資に絶対はないですね。

投資の必勝法も、私が知る限り、これといったものはありません。特定の投資法が有利ならみんながそれを実践するはずですが、実際にはそうなっていません。世の中にはいろんな投資法があります。

ドルコスト平均法も数ある投資法の一つです。

特に優れているというものでもなく、数ある投資法の一つと思って見た方がいいと思います。


思うこと


週末に簡単にアクセスできる低山がシニア層に人気です。ガイドブックもたくさんあります。

で、たいていのガイドブックは山の楽しみだけでなく、山の危険性にも触れてますね。ハイキングに向いた低山でも滑落や遭難の危険性はありますから。

初心者の裾野が広がるためには、情報のバランスが必要だと思います。楽しさと危険性。その両方を知って初めて一歩を踏み出せ、さらに二歩、三歩と続くんだと思います。

逆に考えると、甘言だけで投資に誘う内容は要注意ですね。

楽しさだけで始めることは長続きしない気がします。楽しさはもちろん必要ですが、長く続いているのは、難しいこと、困難な状況もある事を心して始めたことかな。

なんて思いました。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3640:

こんばんは

確かに少々ミスリードのような気もします。
本質的には投資はタイミングで暴落時に買えば誰でも利益が出せます。逆なら誰でも損します。(空売りは除きますが・・・)

勉強して投資を躊躇するなら待った方が良いかと、勉強せずにとりあえずスタートは肝心できない理屈ですね。

日経も年末にかけて上がりそうですが、登山で言えば山頂が見えた状態なので頑張って登る(上がる)と思います。
個人的には山頂効果と呼んでいますが、意外と上がる時期なんですね。山頂に達したら下るのみですのでタイミングは微妙です。

だだ、最近は100円から投信積み立てはできるので最低で始めて、含み損が耐えられないレベルになったら積立額を万単位に増加する手もあります。その頃は逆にリスクも低くなっているはずです。

2017.10.08 01:32 yazirobe777 #- URL[EDIT]
3641:

おそらく、だれも底と頂上がわからないから問題なのだと思います。
例えば日本株のバブルの頂点と崩壊後の暴落時の底が分かった人はいないと思います。
従って暴落時に買えばいいとかそういうのはたぶん絵空事なのだと思います。

2017.10.08 01:45 grree #- URL[EDIT]
3642:

私、この記事の

『上げても下げても利益が出せる「シンプル投資」』

というタイトル、初めて読んだとき、ブルとかベアとか信用取引とか、オプション利用するのか、と思ったら、積立投資だったので、おとなしくて良かったな^^
と思ったら、中身が結構杜撰でがっくりきましたw

ただ、ここ10年ほどで、積立投信がまともにできる環境がやっと整ってきたので、大変ありがたいなと思っています。
今までは、余りに酷過ぎた・・

証券業界もやればできるじゃないか!
なんて、上から目線で思ってしまいましたよ^^;

これからも多分、似たようなことたびたび書くと思いますけど、笑って許してください、お願いします。
でも、気になったらドンドン教えてくださいね。
教えていただけるとありがたいです。

2017.10.08 06:39 いろいろでセカンドライフ #- URL[EDIT]
3643:

>>投資に絶対はないですね。

まったく同感です。

>>ドルコスト平均法も数ある投資法の一つです。
>>特に優れているというものでもなく、数ある投資法の一つと思って見た方がいいと思います。

私は投資法の中では優れたものだと思っていますけど、
それでも確実に儲かるなんてことは、
口が裂けても言えないし、
逆に言えば、
理論的には優れていない投資法でも、
タイミングが良ければ、
利益が出ることも多々あると思っています。

2017.10.08 08:20 mushoku2006 #/EliecKQ URL[EDIT]
3644:

ご紹介の記事、私は違和感を感じませんでした。
一般的なインデックス投資が損をしにくい投資法であることは事実ですので。

「リーマン・ショックの時期は、ネット証券の口座を確認するたびに評価額が減るので見るのも嫌でしたが」という文章もあるので、絶対儲かると書いているとも思いません。

また、天井や大底が分からないという前提に立てば、初める時期はいつでもいいと思います。

2017.10.08 08:36 AKI #- URL[EDIT]
3645:

記事最後の5%運用。コンスタントに5%の運用先が見つからないからこそ、皆四苦八苦しているのでは?と思うところ。

資金を一括投資とドルコスト法のどちらにするか?。相場が見えない前提なら、基本どちらも一緒。市場が概ね右肩上がりも前提にするなら、資金を徐々にしか投資をしないドルコストの方が機会を逸している分、理論上損ではないかとも(微々たる額かもしれませんが)。ドルコスト法なんて、サラリーマンの給与制度とマッチした仕組みでしかなく。あとは、大きいボラティリティを避けたいことくらいかな。

この手の記事を読むと、金融庁に忖度し、金融機関からのバイアスがかかりまくっているとしか読めず。バブルもリーマンショックも、あの阿鼻叫喚は、過去の、いや体験していない層が増えてきたということなのかもしれません。

2017.10.08 14:59 煙々 #- URL[EDIT]
3646:

※3640:yazirobe777さん
ミスリードっぽいですよね。
とりあえずスタートしてみましょう、というのは良くないなと思います。
山頂は近いようで遠く、遠いようで近かったりしますね。

2017.10.08 21:44 小黒とら #g3llmh5E URL[EDIT]
3647:

※3641:grreeさん
そうですね。
底と頂上は過ぎ去ってみないと分からないですね。
買い方はそれぞれあって、いろんなやり方をすべて飲み込むのが相場のおもしろさかなと思います。

2017.10.08 21:49 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3648:

※3642:いろいろでセカンドライフさん
私も最初はブルベア、マーケットニュートラル、オプションなどかなと思いました。
元記事の内容はかなり残念ですね。

こちらこそ同じような話で被ってしまうと思いますが、引き続きよろしくお願いします。(^^

2017.10.08 21:53 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3649:

※3643:mushoku2006さん
優れていない投資法でも利益が出ることはありますね。利益が出れば投資法はあまり拘らなくてもいい気もします。

優れた投資法や劣った投資法があるとしても、その差は微妙で、投資の動きの中に消え去ってしまうかなと思っています。投資法の優劣よりもタイミングや運不運の要素の方が大きい気がしています。

2017.10.08 21:57 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3650:

※3644:AKIさん
一般的なインデックス投資が損をしにくい投資法であることが事実かどうかは私には確信が持てないのですが、私はドルコストを特に優れているとも、特に劣っているとも思っていませんので、念のため補足いたします。

投資の初心者に向けて情報を提供するなら、ドルコストが上手くいくパターンと上手くいかないパターンの両方を示すのが親切だなと思ったので記事を書きました。

2017.10.08 22:05 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3651:

※3645:煙々さん
安易に5%って書いてありますね。コンスタントに5%で複利運用できれば苦労しないですね。(^^;

積立NISAを念頭に置いた金融庁忖度記事なのかもしれませんね。

2017.10.08 22:13 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する