積立NISA 「50年、100年かけて育てていきたい」に思うこと

積立NISAに関して日本証券業協会会長のインタビュー記事がAERA.netにありました。前回は金融庁側、今回は業界側で、2日続けての積立NISA記事です。[外部記事]

日本証券業協会会長のインタビューからは積立NISAの難しさを感じました。

今回は、長期投資の考え方について


採算がとれません


日本証券業協会の会長は、積立NISAは「すぐには採算がとれません」と言っています。

採算が取れないとは、利益が薄いのではなくマイナスが見込まれるということですね。赤字の見えているプロジェクトなので、証券会社としては、積立NISAを積極的には手掛けたくないだろうなと思えます。

で、記事には「日本証券業協会は金融商品取引法で認可を受けた公的な組織であり、金融庁と一体になって活動しています。」とあります。

これは、積立NISAが思ったほど普及しなくても証券業界だけが悪いんじゃないよ、「金融庁と一体になって」活動してますよ、と予防線を張っているのかもしれません。

うがった読み方ですけど。


長期には長期を


興味深いのは次の部分です。

テレビと同じで、普及率が一定水準を超えると爆発的に加速します。15~20%に達すれば、一気に100%まで駆け上がるイメージです。もっとも、20年くらいでは難しいでしょう。


「つみたてNISA」は50年、100年かけて育てていきたい。そのためには、ぜひとも非課税期間の恒久化が望ましいと考えています。


長期的な計画ですね。

長期投資が根付くには長期間が必要ということでしょうか。それとも、普及しなくても20年くらいは文句を言わないでくださいね、という金融庁に向けたメッセージかもしれません。

積立NISAの普及は20年では難しく、50年、100年かけて育てていきたいって・・・

長期的な展望で普及を考えているとも言えますが、実質的には先送り宣言とも読み取れます。


成功体験の矛盾


前回の金融庁側も、今回の業者側も、口をそろえて「成功体験」と言います。

金融庁側は、積立NISAは初心者が成功体験を持つ「きっかけ」となる重要な仕組みと述べ、証券業界は積立NISAで成功を体験して、そこから一生に渡っての本格的な投資を期待しています。

どちらも積立NISAは呼び水の意味合いですが、よくよく考えるとこれって矛盾がありませんか?

積立NISAは長期、分散、積立投資です。積立NISAをやって成功体験を得るには、20年はかかりますよね。だって長期投資ですから。長期投資が成功したかどうかは、長期的な将来にしか分からないはずです。


わからないこと


積立NISAを、初心者が「成功体験」を得るためのきっかけとして位置付けた場合、積立NISA自体の投資理念である「長期投資」との関係をどう整理したらいいのでしょう。

とりあえず積立NISAを始めて、そこでしばらくして成功体験を得る。でも、それって長期投資家から見たら短期的な成功でしょうし、投資期間中の勝ち負けに一喜一憂しないのが長期積立投資のはず。

ん・・・

積立NISAが成功体験のきっかけ、という考え方がどうもよく分かりません。

全体として考えたときに矛盾を感じて腑に落ちないんです。

なので、やっぱ自分が納得できる投資がいいや、というところに落ち着きます。


ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3635:

こんばんは

つみたてNISAに関しては前に書いた気もしますが、年間枠が積み立ての12で割り切れないので制度自体が欠陥品、美しくないです。(笑)まあ、その辺は大人の事情なのですが、それもは少々情けない話ですね。

証券業界的にも失敗するのは見えていますので予防線なのでしょうね。来年というのもタイミング的にも最悪な気もします。

貯蓄から投資といいますが、今は逆で投資から貯蓄の時期だと思います。

2017.10.06 23:22 yazirobe777 #- URL[EDIT]
3636:

金融政策をして50年とか100年とかありえないのかなと。長くても10年でしょう。そこまで超長期で考えるのなら、年金制度と合わせて考えるべきで、そうなるとiDeCoとNISAの統合(官庁横断的に)するなりで、もっとあるべき論で話をしてほしい。

誰がための制度?金融庁じゃないの?と思られるような複雑で利用がすくない仕組みを考えている時点で、落第だと考えています。

※アクティブ側はコスト下げず、インデックスのみ。それはそれでいいのですが、金融庁から全部下げるべきとも言われない状況をして渋々と。でも50年とか100年とか、もう逃げ腰。金融庁もあれですが金融機関もどっこいかな。どちらも一般国民を見ていないということでは(金融機関は営利目的なのでいいとしても)。

2017.10.07 12:49 煙々 #- URL[EDIT]
3638:

※3635:yazirobe777さん
12で割れないのは制度として中途半端な気がします。本場英国のISAは12で割れるようにしてますね。

証券業界は予防線を張りたい気分でしょうね。それに金融庁長官が交代したらどうなるか様子を見る時間稼ぎもしたいのではと思います。

投資から貯蓄ですね。同感です。

2017.10.07 23:08 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3639:

※3636:煙々さん
50年、100年は無いですね。100年後なんて、いま生きている人は誰も生きていないですし。(^^;

NISA制度が乱立している事もあって、iDeCoとの棲み分けは分かりにくいですね。年金制度の問題としてNISAとiDeCoの統合は賛成です。省庁間の垣根は国民としては関係ないので、省庁は真に国民本位の行政をやって欲しいものです。

金融機関は顧客本位とは言い難い面はありますね。

2017.10.07 23:19 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する