現在30歳の人はほぼ間違いなく「年金がない」と言い切る大学の先生

率直な感想として、ちょっとヒドイな・・・と思える文章を見ました。

「年金消滅は必至。武田教授が予言する、今30歳の日本人を待つ地獄」という記事です。[外部記事]

筆者の武田教授とは、中部大学教授の武田邦彦氏です。

教授は教授ですけど、プロフィールを見たところ武田教授の専門は工学です。年金問題、社会保障制度は専門外のようです。


どうなんだろう・・・


ちょっとヒドイなと思ったのは、具体的な根拠なく不安を煽るからです。

引用します。

日本の少子高齢化は、世界でも驚くべきスピードで進んでいます。少子高齢化というのは、近い将来「働かない年寄りばかり」になることを意味していますから、「年金がなくなる」のは当然で、その他にも社会の様相は大きく変化します。(略)

今30歳の人は、ほとんど間違いなく年金はないでしょう。でもそれに備えた生活を始めているでしょうか? おそらく、テレビなどでまだあまり言わないので、遠い未来のように感じているでしょうが、実はもうすぐなのです。


なぜ、「年金がなくなる」と言えるのでしょう?

今回の元記事では明確な根拠はありませんでした。

元記事を読むと次回以降にも話は続くとあるので、次回以降に詳細が語られるのかもしれません。ただ、「年金がなくなる」とか、「ほとんど間違いなく年金はない」とまで言うのなら、少なくとも本文中に根拠は示して欲しいなと思います。


少子高齢化?


それらしい根拠は少子高齢化ですけど、元記事の論理構成に違和感ありです。

1. 少子高齢化というのは、近い将来「働かない年寄りばかり」になることを意味する
だから
2. 「年金がなくなる」のは当然

んー

なんだか安直な「AだからB」論な気がします。

本当に、AだからBなの?


世代間扶養


公的年金は世代間扶養の仕組みです。

いまの30歳の年金を支えるのは、いまの子供や、これから生まれる子供たちです。

いま、日本でまったく子供が生まれないとしたら、いまの30歳の「年金がなくなる」と言ってもいいかもしれません。しかし、少子化とはいえ子供は生まれています。いまの子供たちが現役世代(いまの30歳)の年金を支えるわけです。

現役世代の年金給付に使われるお金を、働かない年寄りが奪い取るわけじゃないです。

働かない年寄りが増えるから、いまの30代の年金はなくなるとするのは、かなり乱暴な説だと思います。

あ、

少子化が進むと年金財政は厳しくなり、納付と給付のバランスが悪くなるのは考えられますけどね。


思うこと


少子高齢化が進むと年金がなくなると言うのは、社会保障制度を単純化しすぎてますね。

経済や社会の仕組みは非常に複雑で、そう簡単に「AだからB」とは言えないでしょう。一対一の線形の関係で語れるほど、経済や社会は単純じゃないと思ってます。

それに年金制度は人が作るものです。

年金がなくなることを許すとしたら、厚生労働省(と財務省)の存在理由が問われる大問題になります。政権与党もアウトですね。

いろんなことを考えると、単純に「少子高齢化だから年金がなくなる」なんて言えないと思うんです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3979:

こんばんは

国債が暴落する云々と同じ感じですね。
概ねエビデンスがないです。

だだ、年金は先は怪しいものがありますので、設計上の修正はされると思います。
働き方や生き方の改善が必要だとは思います。

2018.07.07 00:02 yazirobe777 #- URL[EDIT]
3980:

年金がなくなることはないと思っています。それが何歳からいくら貰えるのかはまったく見当がつかないだけで。

ただ30~50年経過すれば年金を貰う人も少なくなっている気がするのですが、このことに関する記述は読んだことがないんだけどどう思いますか?

2018.07.07 08:29 クロスパール #- URL[EDIT]
3981:

賦課方式の制度はなくならないでしょうけど、だからこそ現役世代は負担が増えるわけで、そちらの方が問題なんじゃないかと思います。

よりワリが合わなくなってくるのは数学的に確実な上、政治的にもそれを助長するようなバイアスが働く可能性が高いので、いやになっちゃいますね

ところで、
「現役世代の年金給付に使われるお金を、働かない年寄りが奪い取るわけじゃないです。」
→賦課方式の説明としてはそうですが、日本は純粋な賦課方式ではなく、GPIFに積み立てられている156兆円を誰が使うのかという問題があるので、実質的には世代間で取り合いがあります。長期的な観点からはハシタ金であると言えますが。

2018.07.07 11:59 エイハブ船長 #- URL[EDIT]
3982:

※3979:yazirobe777さん
年金の制度設計の見直しはありそうですね。医療も含めて全体的な見直しは避けられない気がします。

おっしゃる様に働き方や生き方の見直しも必要になりそうですね。

2018.07.07 16:34 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3983:

※3980:クロスパールさん
そうですね。
いまの人口ピラミッドは、65-69歳のゾーンに最大の山があります。30年後にはその山はだいぶ小さくなっているはずです。

ただ、年金の給付は高齢者人口のほか予定利率や平均余命も絡んできますので、楽観しにくい状況かなとは思います。(とはいえ引用元記事のような悲観は行きすぎと思います)

2018.07.07 16:47 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3984:

※3981:エイハブ船長さん
そうですね。賦課方式は維持されると思います。積み立て方式への完全移行はかなり難しいと思います。

割が合わなくなっているのはおっしゃる通りですね。またGPIFの点もご指摘ありがとうございます。

2018.07.07 17:03 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する