長靴をはいたネコ 息抜きのお話し

タイトルだけ知っている物語ってありますね。

私にとって「長靴をはいたネコ」はそのうちの一つでした。

昔に読んでもらったり、読んだりしたのを忘れているだけかもしれませんが。

今回は、息抜きのお話しです。


長靴とネコ


長靴で真っ先に思い浮かぶのは、雨用の黒い長靴です。

小さい子なら黄色ですね。

職業では魚屋さん、給食を作る人たち、漁師さんなど、水に関係する人たちをイメージします。私にとっての「長靴」は、雨とか水に結びついています。

なので「長靴をはいたネコ」という題名からは

長靴を履いて魚でも捕りに行くのかな?

っていう発想になります。

ネコは魚が好きですからね。


ブーツをはいたネコ


今日、本屋さんで目にしたのは「ブーツをはいたネコ」でした。

長靴じゃなくて「ブーツ」なんだ・・・

なんだか印象が違いますね。「長靴」だと防水用の靴を思い浮かべますが、「ブーツ」だとちょっと違います。

女性が履く長い靴ですし、軍隊の靴もブーツですね。

封建時代のヨーロッパでは、ブーツは狩猟や乗馬と結びついて上流階級や権威の象徴なんだそうです。「ブーツをはいたネコ」では、まずブーツを履いて身なりを整えてから物語が進みます。

なかなか面白い話でした。


余談ながら


「ブーツをはいたネコ」で、思い浮かんだのは「ブーツを脱いで朝食を」です。

西城秀樹さんの歌です。

こちらは「タイトルだけ覚えている」に近いのですが、なぜかこのタイトルが思い浮かびました。脳の動きは不思議ですね。私の脳の中ではブーツに強く結びついているのは西城秀樹さんの歌のようです。

最近、人工知能や脳科学の話を聞くことがあって、このところの私の興味は、人の思考回路や連想についてなんです。

まあそれはそれとして、さらに思い浮かんだのは

「長靴を脱いで朝食を」

ん・・・

築地が思い浮かびます。

まとまりのない話でした。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3911:

ネコは本来肉食で、魚は人が上げるから食べるだけだそうです。
とはいえ、むかし夜の堤防で釣りをしていたら、釣ったアジを入れたバケツをネコにひっくり返されたことがあります。地元のノラで、毎晩釣り人を狙っているとのことでした。どさくさにまぎれて1尾持っていかれました。

2018.04.20 12:45 エイハブ船長 #- URL[EDIT]
3912:

※3911:エイハブ船長さん
ネコは魚よりは肉派なんですね。
とはいえ、お魚くわえたドラ猫・・・という歌があるくらい、ネコには魚が似合いますね。

2018.04.20 21:17 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する