久しぶりに読書を楽しんだ一日

ポカポカ陽気のいい一日でした。

桜が咲いて散歩日和です。

今回は、ちょとした読書感想文


倒れるときは前のめり


有川浩さんの「倒れるときは前のめり」を読みました。

有川さんの作品は「旅猫リポート」を読んだことがあります。私は猫を飼っていたことがあるので、ついつい感情移入してしまう話でした。

で、今回はエッセイ集です。

小説は間接的に、作家の人柄を感じることができます。エッセイ集はストレートに作家に近づけます。どちらにもそれぞれの良さがありますね。


読書は遊びだ


有川浩さんのエッセイは軽快で読みやすく、共感できる主張が多いです。

「読書は遊びだ」もその一つ。

「読書は遊びだ。本好きは楽しむために本を読む」とあります。くだらない本を読むより、ためになる本を読みなさい、という言葉に反発もしています。

そうですね。

ためになるからといって読む本と、楽しむために読む本は違いますし、両者に優劣は付けられないです。


本を薦めないことがお薦め


親が子供に本を薦めることについてのエッセイもありました。

子供にこんな本を読んで欲しいのだけど、読みたがらない。どうしたら読んでもらえるでしょう、という親からの質問に対する回答の形式です。

回答は明快で「お子さんに本を薦めないことをお薦めします」というものです。

で、そだねーと思ったのは、

子供の読書は「自分で見つける」ことがスペシャルなんです。大人のガイドがついている品物はそれだけで魅力半減。


というところです。

たしかに、小さいころ自分で選んだ本は楽しかったです。


思うこと


本を読むことは楽しい。

以前は読みだすと止まらなくて、一気に読み終えることもありました。このごろは目が疲れやすくなってるので読むペースは以前とは違ってます。

それでも楽しいです。

公園、ポカポカ陽気、木陰。

といったら、本は欠かせませんね。

あと、おいしいコーヒーがあれば、それだけで幸せです。

倒れるときは前のめり

新品価格
¥1,512から


ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3877:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018.03.25 22:27 # [EDIT]
3878:

※3877のコメントをくださった方へ
コメントありがとうございます。
拝読しました。(^^)

2018.03.26 20:34 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する