月3万円の積み立てが、20年後には1200万円 リスクは?

積立NISAの副作用かもしれません。

安易な積立投資の記事が増えた気がします。

素人でも、何も考えなくても、放っておいても、毎月の積み立てで大きな果実を得るみたいな記事です。いまは相場が高値なので、過去を振り返った試算ならいい感じでプラスになります。それもあってか、こんなに儲かりますよと喧伝する記事があります。

過去はいいんですけどね。

これからの投資を考えるなら、リスクも考えなきゃいけません。

今回は、リスクがある場合のドルコスト平均法の試算についてです。


月3万円で、1200万円


「素人でも月3万円積み立てで、20年後に1200万円貯まる方法?」という記事がありました。[外部記事]

かんたんに儲かる、典型的な記事です。

確かに計算上は1200万円になります。

でも、リスクを考慮したら見えてくる世界が違います。


リスクを想定した場合


リスクは年20%としましょう。

1年で2割ほど資産が増えたり減ったりは現実的ですよね。

期待リターン年5%、想定リスク年20%の資産に20年間、毎月3万円の積立投資とします。その時の結果の分布はこうなります。

横軸の金額は投資成果(万円)、棒グラフの高さが発生確率です。グラフの高いところが発生しやすいところです。

dollar_cost.jpg

1200万円って、あくまで期待値。

たくさんある可能性を平均したら1200万円という意味です。

毎月3万円を20年なら投資元本は720万円です。

20年、総額720万円かけて、投資成果が400万円台とか、500万円台になることもそれなりの確率で存在します。もちろん、2000万円を超える可能性もありますけど。


思うこと


長期・積立・分散のコンセプトはいいと思うんです。

わりと負けにくい手法だと思いますし、右肩上がりでなく循環的に動く市場ならなおさらメリットを感じられるでしょう。投資を始めるきっかけとして積立NISAがあってもいいと思います。

気になるのは、長期で複利計算した安易な解説です。

リスク資産への投資ですから、リターンは刻々と変化します。期待値がプラスでも上手くいかない可能性もあります。

初心者向けに投資を解説するなら、リスクもちゃんと説明するのが大事だと思うんです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3869:

この記事中のグラフでもそうですが、積み立てた資産をある特定の時期における合計額で語っている記事が多いのも気になります。
つまり積み立てた結果をある時点で全て売却するならそうなると思うのですが、実際には運用しながら少しずつ解約していくはずなのですよね。
少し待てば増えることも減ることもありますし、ただ最大の利益を上げることが目的ならリタイア後のそこそこ上昇している時期に全て解約すれば大儲け、ということになってしまうので、積み立て投資とはなんだったのかという結論になってしまうような気がします。

記事の内容を批判する意図はありません、鋭い視点の記事だと思います。悪しからず

2018.03.18 22:39 biboinvest #- URL[EDIT]
3870:

※3869:biboinvestさん
興味深いご指摘ありがとうございます。
積立投資は結果とその後の取り崩しで考えるのがいいかもしれませんね。
取り崩しもシミュレーションして記事にしたいと思います。

2018.03.19 21:48 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する