知識と思考力は反比例するとは思えない

知識と思考力は反比例するという意見があります。

たくさんのことを知っている人は、知識を頼ってしまい、自分で考えることをしないという話しです。確かにそういう面はあるのかもしれません。ただ、知識と思考ってそういう関係かなと疑問も感じます。

今回は、学ぶことと考えることについて


今日読んだ記事


今日読んだのは「94歳が断言"読書が役立つのは30代まで"」という記事です。[外部記事]

お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古氏へのインタビュー記事です。

もっと自然に、楽しく、面白く生きることを考えよう、という趣旨は大賛成です。40歳を過ぎたら本に頼らず、自分で考えることが必要という意見もなるほどと思います。

総論賛成。でもちょっと気になる点を引用します。

だいたい、勉強といえば本を読むことだと思っていること自体が大間違い。知的な活動の根本は記憶によって得られる知識ではありません。習得した知識が役立つのはせいぜい30代まで。40代ともなれば知識だけではダメです。知性を働かせなくては。

知識と思考力は反比例します。知識が多い人ほど考えない。知識を自分のもののように使っていると、物マネ癖がついてしまいます。若いときは知識を蓄えることも大事ですが、知識は10年も経てば必ず古くなる。


さて、どうでしょう。


学而不思則罔 思而不学則殆


知識と思考の関係は、どちらかが優越するものではなく、お互いに補完するものだと思います。

論語にあるように、学ぶだけで、自分なりに考えることをしないと、知識は表面的なものに留まります。また、自分で考えるだけで、人や書物から学ぼうとしなければ、考えが偏狭に陥ってしまいます。

学ぶこと、考えること。

その両方がバランスよく保たれるのが大事ですね。


ちょっと余談


知識 × 思考力 = 知的な活動の大きさ

とします。

ゲームのキャラに能力を割り振るように、知識と思考力にそれぞれ能力を割り振ることができるとします。10ポイントあります。

そのとき

1と9で割り振るなら、知的な活動力は9
5と5で割り振るなら、知的な活動力は25で最大となります。

もちろん、0と10で割り振るならゼロです。

あくまでお遊びですけど、こういう考え方も面白いですよね。


逆説的ですが


若いころは学ぶことに精一杯で、考えが及ばない状況に傾きやすく、年を取ると学ぶことが億劫になり、それまでの考えで凝り固まってしまうように思います。

なので、逆説的ですが、40代以降こそ本を読むべきですし、人から謙虚に教わるべきだと思います。もっとも、無理してやると疲れるので自然体でですけど。

学ぶことと考えること。

いまの自分はどっちに傾いているのかな。

そういえば、最近、本を読んでないです。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する