十分なお金が国からもらえるとして 働きますか? 働きませんか?

電車の中でおもしろい問題を見ました。

「シカクいアタマをマルくする」でおなじみの日能研の電車広告です。つい見てしまい、ついつい考えてしまいます。

今回は息抜きのお話しです。


問題文


問題文はこうです。[外部記事]

「働く」ということについて、次の文章を読み、あとの問に答えなさい。

 かつてあるイギリスの経済学者は、「将来は一人が一週間に15時間働けば十分な世の中になる」と言いました。また、生活を送るために十分なお金を全員に与える「ベーシックインカム」という取り組みを実験的におこなった地域もあります。さらに、「AI(人工知能)の発達によって不要になる職業」も最近話題となりました。このように考えると、「人が働くのは当たり前」という考え方自体が大きく変わるのかもしれません。

(問)働かなくても生活をするために十分なお金が国からもらえるとしたら、あなたは
働きますか?
働きませんか?
どちらか一方を選んだ上で、その理由を具体的に答えなさい。


中学受験の問題です。

さて、どちらを選びます?


私は、働く方を選びます


二者択一で選ぶなら、私は働く方を選びます。

雇用される働き方ではなく、時間の切り売りでもない働き方で働きたいです。

働くことを「企業や団体に属して勤務すること」ととらえると、まあ働かなくてもいいかなと思えます。一方、「生産的な活動を行うこと」とすればマイペースで働きたいと思えます。

ここでのマイペースは、働きたいときに働き、働きたくないときは働かないというわがままなマイペースです。好きなタイミングで働くという意味です。


働き方改革


働き方改革は、働かせ方改革とも揶揄されてますね。

裁量労働制は、100の成果を上げたら、所定労働時間に達していなくても、ちゃんと働いたとみなして報酬が支払われるものです。労働者が労働に関する大きな裁量を持つのが本来のあるべき姿です。

ところが、実態は、100の成果を上げるまでは、ちゃんと働いていないとみなして時間外労働に対する報酬が支払われない方向に進みそうです。


裁量労働制


裁量労働制が成り立つためにはいつくかのインフラが必要と思います。

労働が契約だとの意識が強いこと。業務の内容が職務記述書(job description)にしっかり書かれていること。成果達成の評価基準と報酬の基準が明確であり、勝手に変更されないこと。などです。

会社で雇用している従業員に何でもやらせる。

という働かせ方ではなく、

プロのフリーランスと個別業務の委託契約を結ぶ。

に近い働かせ方です。

そういう働かせ方で真価を発揮する企業がどのくらいあるのだろう。働き方や働かせ方の改革は、制度の改革もさることながら意識の改革がカギになりそうな気がします。


働きますか?


最初の問題に戻って、生きていくのに必要なお金は保証されていて、その上で働きますか、働きませんか。

私の答えは「働く」

詰め込み教育の勉強はつまらないですが、自分の興味のある分野を自発的に勉強するのは楽しいです。働くことも同じかもしれません。

勉強しなくてもいい。働かなくてもいい。

となった後に、学ぶことや働くことの意味を考え直せるのかもしれませんね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3859:

裁量労働制に関する国会の議論における野党の質問や活動には失望と失笑しか感じません。
野党は
「裁量労働制は、100の成果を上げたら、所定労働時間に達していなくても、ちゃんと働いたとみなして報酬が支払われるものです。」
を担保するように法整備を行うよう質問し内閣に働きかけるべきと思いますが、
現実は意味の無い議論に終始していると感じます。
立法府の立場を全く生かすこと無くそれでいて
国政調査権などを持ち出して司法・行政へ圧力を掛けようとしてる。

失望という言葉を持ち出す自分に失笑してしまうほど馬鹿らしいです。

2018.03.07 08:10 塩蔵 #- URL[EDIT]
3860:

※3859:塩蔵さん
与党の対応もどうかと思いますが、野党の対応も残念さがありますね。
今の状況で裁量労働制を拡大するのはちょっと無理がある気がします。

2018.03.07 21:07 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3861:

ベーシックインカムが実現したときの問題は3K労働の担い手ですよね。
そこを担ってくれるあてができたらいいのですが、昔のように奴隷を連れてくるわけにはいかない。
完全にロボット化できればいいが

2018.03.09 06:02 grree #- URL[EDIT]
3862:

※3861:grreeさん
そうですね。労働の担い手は難しい問題ですね。
完全なロボット化は難しいかもしれませんね。

2018.03.10 20:45 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する