朝倉智也氏の「積み立ての優位性」の解説に思うこと

投資をするのは投資家の自由。

投資を他者に勧めるのは、勧める人の自由。

だから自己責任ですね。

投資をする場合は、投資の結果は本人に帰ってきます。投資を勧める場合は、どんな勧め方をしたかは最後は本人に帰ってくると思います。また、直接は投資を勧めなくても、投資に関する解説や自説の披露は、その内容や(隠れた)意図によって最後は本人に帰ってくるものだと思います。


間違いありません


今回は「一括投資と積み立て投資の実績比較でわかる、積み立ての優位性」という記事を読みました。[外部記事]

気になる箇所を引用します。

基準価額というのは、上がったり下がったりするものであり、特に価格の上下が大きい株式に投資する投信の場合、積み立て投資が非常に優れた買い方であることは間違いありません。


となり、この後に一括投資とドルコストの比較でドルコストの優位性が語られます。


本当に間違いない?


別のパターンで検証します。元記事と同じく「ニッセイTOPIXオープン」を用います。

ただし、計測期間を2003年12月からの10年間にします。以下の図の赤線部分です。

dollar_ms_01.jpg

上がったり下がったりした10年間です。

結果を示すと
一括投資:120万円 → 172万円
積立投資:120万円 → 159万円

積立投資は毎月1万円を120カ月、ドルコスト平均法で投資した場合です。


もうちょっとお付き合いください


取得コストの推移を載せます。

dollar_ms_02.jpg

赤線がドルコストでの取得コストです。

緑は一括。投資時の基準価額で変わりません。

10年間、ドルコストの取得単価はずっと一括の取得単価を上回っています。


断定できるものじゃない


私が設定した10年間は一括投資の方が優れていました。

もちろん後出しジャンケンなんですけど。

相場が上がったり下がったりしてドルコストの優位性が発揮しやすい相場でも、場合によっては一括に勝てないことがあります。

一括と積立の比較って、結局のところ、計測期間の取り方で何とでも言えるんですね。


断言したがる人たち


結局のところ、断言できないんです。

断言できないことを、さも正しい、間違いないかのように言う人がいます。また、いくつかの選択肢があることを、正解は一つしかないかのように断言する人もいます。

それって、本当に読んでくれる人のためになる情報なの?

と感じることがあります。

ビジネスが根っこにある情報発信だからそうなるのかな。

ところで私のブログは「友だちと話しをするとしたら、こう話すかな・・・」という内容のつもりです。根っこにあるのは、友だちとはいい関係を続けたいということ。

社交性が低いので、友だちは多い方じゃないと思いますけど。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3844:こんばんは

当記事とは全く関係のない事ですが、
小黒さんは、2015年の夏くらいだったか、はっきりとは覚えていませんが、市場サイクルを考えるとそろそろ下降トレンド入りする可能性が高いと思うといった様な発言をされ、それ以降も同様の事を言われてましたが、その後の動きは日経平均株価で約-25%下がった後は上昇し高値は2015年夏よりも約+20%のところ(安値からは約+60%)まで上昇しましたね。ご自分の過去の発言と現在までの動きを比べ、どういった感想をお持ちでしょうか?
 また、この動きに対して、小黒さんはどういった投資行動を採られたのでしょうか?
 私は小黒さんの批判や論破などをしたいわけではなく、小黒さんがどう感じ、どう対処したのかを聞かせて頂き、今後の投資の参考とさせて頂きたいです。
 もう少し続くのでここで分けます。

2018.02.25 18:47 負け組投資家 #- URL[EDIT]
3845:続きです

続きます。
私は同様に2015年の夏頃、そろそろ天井かなと思い資金を引き上げました。その後、私は、自分は間違っていたと思い、買い戻しを行いました。
ただ、この考えすら間違っている可能性もあるので、頭が良い(はずと私は思っている)小黒さんの考えを教えて頂きたいです。

宜しくお願いします。

2018.02.25 18:52 負け組投資家 #- URL[EDIT]
3846:

※3845:負け組投資家さん
ご質問ありがとうございます。
はい。私は2015、6年くらいから株式市場を慎重に見てます。

その理由は2015年12月の米国の利上げが視野に入ってきたので景気の1サイクルとしては終盤戦という認識を持ったからです。思いのほか株式市場が強いのは、日銀の過剰な流動性供給や、米国の利上げペースが緩やかなこと、米国企業の成長期待の高さが根強いこと、などが背景にあると思っています。

言い訳気味になりますが、投資の1サイクルを10年ととらえて数年のフライングは(自分の中では)許容範囲と考えています。

投資行動としては、2015、6年くらいからコアのポジション以外のリスクを軽くしています。なので取り損なっている利益はありますが、それは納得しています。私は自分の予想が外れても大きく失敗しない投資行動を心がけていますし、10年くらいのサイクルでチャンスを待つスタンスだからです。

2018.02.25 19:21 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3847:ありがとうございます

返信ありがとうございます。

>日銀の過剰な流動性供給や、米国の利上げペースが緩やかなこと、米国企業の成長期待の高さが根強いこと
私はそれらのような理由から買い戻しました。
なので買い戻しがかなり遅かったです。
そしてそれらにより数年前後は上昇相場が続くのではないかと思ったのでした。理由は、日銀の流動性供給は急激には減らせないのではないかということと、米国の利上げのペースもあまり上昇させるわけにはいかないだろうという判断でした。あとは非論理的ですが、まだ総楽観の状況ではないと思ったからです。

>コアのポジション以外のリスクを軽くしています。
ポジション率は大雑把に何十%くらいに落としたのでしょうか?(答えられない場合は結構です)
私の最近のポジション率は、85~100%の間くらいです。
小黒さんのお話を読むと、やはりポジションを落とした方がいいのかなあとも思ってしまいます。保有率をどのくらいにするか難しいです。

2018.02.25 21:28 負け組投資家 #- URL[EDIT]
3848:

※3847:負け組投資家さん
そうですね。日銀は急激には減らせないと思います。ただ、日銀が流動性を供給している割には、また米国の金利が上昇している割には為替が円高気味なのが気になります。

すみません。ポジションや投資額などはお知らせしていないんです。相場が大きく動いても、あまり気にならないくらいには絞っています。

2018.02.26 17:22 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する