積立NISA 勧めるのは簡単だけど、実践するのはどうでしょう

地獄への道は善意で舗装されている。

英語では「The road to hell is paved with good intentions.」です。

宗教的な意味を含んだフレーズで、地獄は善行を積もうとする意志にあふれているが、天国は善い行いをした行動にあふれている、という意味のようです。天国に行くには言うだけ、思うだけでは足りず、実践が求められるということですね。

この言葉、ちょっとこじつけで投資と絡めて考えました。


積立NISA礼賛


積立NISAを礼賛する記事をいくつか読みました。

概ねこんな要素を含んでます。

1. 積立NISAは金融庁の肝煎りの制度です。(権威)
2. 金融庁のデータでは20年の投資で投資収益率は2~8%に収れんします。(権威+安心)
3. 定時定額投資なので相場を気にする必要はありません。(容易)
4. 利益は非課税です。(利益)

これに、3の変形として、相場の動きに翻弄される投資家を登場させます。投資してドキドキしっぱなしなんて本末転倒ですよね、というのもあります。

さらに、金融機関を仮想敵として持ち出せば完璧です。

積立NISAは、金融機関は儲からないから消極的です。金融機関が儲からないものほど、投資家にとっていいもんなんです。(←この論法は正しいと思えませんが意外と使われます)

ね、骨董屋もそうですが、言わないと出てこないものほど価値があるんです。

さあ!積立NISAです!

こんな感じで推奨ストーリーは作れます。


すすめる人は実践しているか


積立NISAをすすめる人は、自分でも実践しているのかな。

積立NISAに限らないのですが、積立投資をすすめる人の中には、長期に投資すれば世界経済の成長が取れて、複利効果で、ラクして何も考えずにいても、ほぼ確実に大丈夫、誰にでもできる、みたいに書いている人がいます。

いやぁ・・・

積立NISAは2018年からスタートなので一般的な積立投資で考えます。それでも数十年、ずーっと積立投資を続けるのは相当な胆力が必要でしょう。

積立NISAはいいよ、

と言うのと

積立NISAを20年間実践すること

その間、どんなに含み損を抱えても、家計の資金繰りが苦しくなっても、ブームが完全に去って誰も積立NISAなんて口にしなくなっても、それでも続けること

この間には大きなギャップがあるんですよね。


言うは易く、行うは難し


私は、これまでの経験上、積立投資に向いている人と向いていない人がいると思っています。

長期的に資金を拠出できる経済的な安定があり、その拠出がそれほど負担にならないと思えるほどの収入があり、その上で長期的な投資が実践できるという考えです。

特にいつでも止められる任意の積立投資ならなおさらです。

言うのは簡単だけど、続けるのは大変です。

積立投資に限りません。日常のいろんなことを考えたら三日坊主で終わることはたくさんあります。健康にいいからってジム通いを勧められても、20年間続けられるか・・・と考えると私には自信がありません。


勧める人と勧められる人


勧める人はジムに通っていないとします。でも私に勧めるなら説得力はありませんね。

勧める人が20年間ジム通いを続けて、その結果として勧めるなら説得力はあります。しかしその場合でも、

「ねぇ、20年間のジム通いって、私にも無理なく、簡単に、途中で嫌になることなく続けられますかね?」

って聞いてみたいです。

勧める人と、勧められる人では体力も健康に対する意欲も、生きている環境も違います。

健康も、お金のことについても、一人一人の状況が違うのだから、誰でも無理なく簡単に実践できるなんて軽いもんじゃないと思うんですよね。

何ごとも続けるのは大変です。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3838:

>「ねぇ、20年間のジム通いって、私にも無理なく、簡単に、途中で嫌になることなく続けられますかね?」

私なら、「そんなこと知るか、自分に聞け。」と答えますね。

積立NISAはきちんとやれば儲かりやすい仕組みになっていると思います。ですので、投資を勧めるのであれば、積立NISAは有力な選択肢になるでしょう。

お金を稼ぐことに努力を求められることは当たり前の話なので、投資を勧めるに当たっては、努力と自己責任もきちんと伝えたらそれでいいのではないかと。

人に勧められたとしても、投資は自己責任が絶対原則なので、途中で挫折するのは続けることに出来なかった人が悪い。

2018.02.18 21:57 AKI #- URL[EDIT]
3839:

※3838:AKIさん
>お金を稼ぐことに努力を求められることは当たり前の話なので、
>投資を勧めるに当たっては、努力と自己責任もきちんと伝えたらそれでいいのではないかと。

前者はまさにその通りですね。努力は必要です。
後者は、だからこそ努力や忍耐が必要(=簡単じゃない)と伝えるのは大事で、伝える相手として初心者を想定しているならなおさらです。

今回の記事は、投資を勧める側をポイントにしています。

投資家の自己責任はもちろんです。ただ、自己責任を勧める側の免罪符のようには使わない方がいいと思ってます。投資の自己責任論と勧める側のスタンスの均衡は永遠のテーマかもしれません。

2018.02.18 22:11 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3840:

仰る通り、投資を勧める側は安易に勧めてはいけませんね。
リスク、努力、自己責任はきちんと伝えておく必要があります。

まあ、逆恨みする人は多いので、安易に投資を勧めるのは控えた方が良さそうには思います。人に勧めたところで自分が儲かるわけではないですし。

2018.02.18 22:20 AKI #- URL[EDIT]
3841:

※3840:AKIさん
ありがとうございます。
そうですね。投資家は自分が相場で儲けることがなによりです。

2018.02.18 22:33 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3842:

こんばんは

積み立てNISAも始まってすぐに市場の調整が入りましたが、ここでやめるのか逆にチャンスと思うかが分かれ目でしょう。
個人的には高値掴みが回避できてラッキーだったねとしか思えませんが・・・さて??

投資家の自己責任は重力のようなもので・・・
極論ですが、あえて言うべきものかなとも思ったりもします。
(経済情報番組で連呼されるのが意外と煩わしいだけなのですが(笑)
でも、車を買うときに「あなたが運転をミスれば事故を起こすので運転は自己責任でお願いします。」とは言われないでしょう。)

2018.02.20 00:27 yazirobe777 #- URL[EDIT]
3843:

※3842:yazirobe777さん
こんばんは。
大人になれば人生のすべてが自己責任とも言えますね。

投資する人も自己責任ですし、安易に投資を勧める人も、それはそれで自己責任なのかなーと思います。(^^;

2018.02.20 21:13 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する