長期的には報われる? 株価と価値の乖離に思うこと

このところ株式市場のボラティリティが高まっています。

このまま保有していて大丈夫だろうか、少し売った方がいいかもと思う人もいるでしょう。一方で、この程度の下落はたいしたことない、短期の動きに一喜一憂しないと言ってどっしり構える人もいます。

投資のスタンスは人それぞれですね。

さて、今回は株価と価値の乖離について


長期投資が報われる理由


日経電子版に「長期投資が報われる理由 知れば相場急変も怖くない 」という記事がありました。[外部記事]

そこには

短期的にはランダムに動く株価も、長期的にはちゃんと原理原則があって動いているのです。それは「投資対象の本源的な価値の増大」です。


長期投資とは、「本源的な価値を持続的に拡大させていく対象を見つけて、それにずっと投資し続けていれば、やがて合理的水準まで価格は上昇していくのだ」という法則に裏打ちされた行動だと理解してください。


と書かれていました。

ん・・・

よくある「宗教としての長期投資」論ですね。

けっこう言い切り型の文章で、強い断定を含んでいるのでコンプライアンス的にいいのかな・・・という気もしますが、投資の勧誘じゃないからいいんでしょうね。


長期のチャート


元記事にはS&P500の1983年からの35年間のチャートが載っていました。

右肩上がりです。

ただ、同じチャートでも補助線の引き方次第では見えてくる世界が違います。

longterminvestment.jpg

元記事と同じく1983年からのチャートです。青線がS&P500。

オレンジ色の線は、1990年以降、連続複利で年6.5%としたときの成長曲線です。6.5%はチャートを見て適当に決めた数字です。

年6.5%の成長曲線を引いて、今のS&P500を見ると上に乖離しています。


株価と価値


元記事では、長期的に見れば「価格」が「価値」に収れんすると説きます。株価は企業価値に収れんすると言い換えてもいいと思います。

そこで仮に、1989年末に株価が企業価値に収れんしていたとします。

その後、1990年1月1日から、米国S&P500の企業は(配当落ち後で)年6.5%の成長率で企業価値を増大させていたとします。

それがオレンジ色の線です。


思うこと


株価は、企業の本源的な価値から乖離したり収れんしたりするのでしょう。

ところで、企業の「本源的な価値」はどう把握したらいいのでしょう。それに今後も年6.5%の成長は妥当でしょうか。

実際問題として価値は見えません。成長率は変化します。

見えない価値に対して、株価がどのくらい乖離していて、どのくらい収れんするのかは分かりません。もし、いまの株価が本源的な価値から大きく割高に乖離しているとして、そうであるなら、本来の価値に収れんするとは・・・

割高な株価が調整される

ということですね。

本源的な価値に収れんすることは、必ずしも株価上昇を意味するものではない。

そういう視点もありだと思います。

あと、これまでの成長率が今後も続くとは限らないという視点も。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3828:

長期的に株価が上がっていく理由として言われるのが人口増加ですが、
つまり全く新技術や新製品が生まれなかったと仮定しても人口さえ増えれば市場は拡大するという理屈になります。
ですので最低でも人口増加率の成長は期待できるのではというものかと思います。
さらに新技術などによる成長が加わるためそれより大きい成長となるはずであろうという期待ではないでしょうか?

2018.02.09 02:07 grree #- URL[EDIT]
3829:

※3828:grreeさん
そうですね。経済の成長(GDPの成長)は人口増加率と関係があると思います。
悩ましいのは経済の成長、企業の成長、株価の動きとの間に一筋縄ではいかない関係があることかなと思っています。

2018.02.10 10:13 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する