野田総務大臣の海外出張に釈然としない思い

野田総務大臣が、9日からフィリピンに出張します。[外部記事]

なんだろう・・・
本当にそれがお子さんののためなのかな・・・

という釈然としない思いを持ちました。

今回は、非常にデリケートな話です。


野田大臣の海外出張


記事を引用します。

野田聖子総務相は5日の閣議後記者会見で、ICT(情報通信技術)分野での協力を話し合うため9~11日の日程でフィリピンに出張すると発表した。重度の障害を持ち、人工呼吸器など医療的なケアが必要な長男も同行する予定で「私は女性活躍や働き方改革を推進している。今回の出張が一つのモデルとして、同様の悩みを抱える方の参考となることを願う」と話した。


率直なところ、どうなんだろうと思いました。

重度の障害を持ち、人工呼吸器など医療的なケアが必要なら、留守中は家族や専門的な人に任せるのも一つの方法だと思います。

連れて行く方がいいのか、任せる方がいいのか。

野田総務大臣は連れていく方がいいという判断なんですね。


子供の立場で


以前、熊本の市議会議員が赤ちゃんを連れて議場に入った出来事がありました。[過去記事]

それとは状況はだいぶ違うのですが、職場にお子さんを連れて行くという一点に限れば、似ています。

熊本の市議会議員さんについては、ルールを破ることに私は批判的でした。それとは別に、「赤ちゃんに気の毒」という一般の人の声をニュースで見て、「ああ、そうですね。赤ちゃんの気持ちもありますね」と思いました。

で、今回の野田総務大臣。

同行するお子さんや夫の気持ちはどうなんだろう。

ご家族の話なので外野の私があれこれ思うべきではないのですが、ちょっと気になりました。


モデルケース


野田総務大臣は、「配偶者にのみ子どものケアを強いることで、みずからが親の役割を果たせなくなる恐れがあり、家族帯同で出張することにした」と述べたそうです。

また、「今回の出張が一つのモデルとして、同様の悩みを抱える方の参考となることを願う」ともあります。

いやぁ・・・

モデルケースになるのでしょうか。

海外出張に自費で家族を伴える人は限られるでしょう。それに、そもそも一般のビジネスマンなら家族同伴は許されないと思います。

国務大臣(閣僚)という立場だから可能なんでしょうね。


思うこと


「今回の出張が一つのモデルとして・・・」なんて言われると、かえって負担に思う人もいるのでは。

今回は特別な立場にある人の例外的なケースなので、野田大臣にできるからと言って、一般的な人たちにできるとは限らないですよね。

難しい問題ですけどね。

自分が頑張るのもいいですけど、家族やまわりの人を信じて任せるのもありだと思います。

海外出張は数日で終わります。

ときに助け合って、信じて任せるのも働き方改革の一環だと思うんです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する