老後資金「200万~500万円未満」で、60%弱が幸福と回答

「老後の“おひとりさま” 実はサザエさん一家より幸福度高い」という記事を読みました。[外部記事]

老後資金に5000万円とか1億円とか言われていますが、老後の幸福度と資金量はあまり関係がないようです。

今回は、老後の不安の払拭について

いい記事でした。


老後の不安を煽る人は多いですね。

不安の煽りは2パターンあって、「お金が足りなくなりますよ」のパターンと、「孤独に陥りますよ」のパターンです。

で、元記事はどちらも心配いらないよ、と言っているように思えます。

記事を引用します。

 老後の蓄えには最低でも2000万円が必要とされているが、三菱総合研究所のシニア調査では、「2000万~3000万円」の金融資産を持つ人の約64%が「幸せ」と回答しているのに対し、必要な金額に全然足りない「200万~500万円未満」でも60%弱が幸福と回答している。


老後のお金と幸福度はあまり関係がないようです。

なんとなく実感に合います。

お金があっても幸福を感じない人もいますし、生活がカツカツでも幸せな人もいます。

金融資産は安心感をもたらすのかもしれませんが、安心感と幸福感は別なんでしょう。ある程度の生活の安定があれば、あとは気の持ちようかなと思います。


おひとりさまの気楽さ


元記事には「(子や孫と)同居して気を使うより、住み慣れた場所で自分のペースで生活できる方がいいと1人暮らしに満足している人が多い。」とあります。

なんとなく分かります。

おひとりさまは孤独でネガティブなイメージを持ちやすいのですが、別になんら悪いことではないですね。たくさんの人に囲まれても寂しさを感じる人はいますし、一人でも充実した時間を過ごす人もいます。

おひとりさまも幸福感とは直結しないのかなと思います。


思うこと


老後の大きな不安はお金と孤独かもしれません。

メディアはこの2つを煽ります。

とはいえ、お金の多寡は必ずしも幸福感とは結びつかないようですし、一人でいることと幸福感も直接の結びつきはないようです。

「案ずるより産むが易し」ではありませんが、「案ずるより老いるが易し」なのかもしれません。

その時が来たら開き直るしかないですからね。

不安に思うより、お気楽に生きる方法を探したいと思います。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3782:

不安を煽るのはやっぱりそのほうが儲かるからなんでしょうね。
保険が売れるとか、結婚情報サイトのアクセスが増えるとか。
広告もらってますからねえ。

2017.12.16 23:50 招き猫の右手 #- URL[EDIT]
3783:

※3782:招き猫の右手さん
不安を煽るのはビジネスにつながるんですね。
マッチポンプな感じがしますね。

2017.12.17 23:01 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する