どうやって死ねばいいの? 死に方に悩む記事に思うこと

AERAの「『どうやって死ねばいいの?』“死に方”に悩むシングルマザー、非正規労働者、フリーランスの現実」という記事を読みました。[外部記事]

AERAらしい記事です。

理性的な記事というよりは、感情に訴える記事だなと思いました。

今回は、この記事についての雑感です。


不安を煽る気満々の出だし


冒頭部分からしてセンセーショナルです。

「人生100年時代」に突入するニッポン。住み慣れた地域で老いて安心して死ぬことができたのは、もはや過去の話だ。非正規労働、シングルマザー、フリーランス、LGBT……。生き方が多様化する中、老後、そして「死に方」の不安とは。


いやぁ・・・煽りますね。

「住み慣れた地域で老いて安心して死ぬことができたのは、もはや過去の話だ。」って言いますけど、過去の人たちにしても、決して安心して死ぬことができたとは思えないです。

年を取れば体と脳の衰えが進み、人生の晩年では誰かの手を借りることになります。

それはどんな時代でも変わらないです。

どんな時代のどんな人でも、健康の面で老後に対する不安は多かれ少なかれ持っていたと思います。昔の人は老後に不安がなく、安心して死ねた。なんてことはないでしょう。


社会的属性に焦点


今回の引用記事は、シングルマザー、非正規労働者、フリーランスに焦点を当てています。

あと記事中にはLGBTの文字も。

あの・・・

社会的な属性に焦点を当て過ぎじゃないでしょうか。

正規雇用で安定した職場に勤める人よりも、シングルマザーや非正規の人の方が不安が大きいかもしれません。そうかもしれませんが、苦しい状況にある人の事例を持ち出して不安を煽るのはどうかなーと思います。

フリーランスは安定していませんが、自由裁量の余地が大きいです。一方、正規雇用者は安定していますが、組織に従属的な立場を強いられることがあります。

人生の質(QOL)を考えたとき、どっちがいいかに正解はないですね。


どんな生き方でも


どんな生き方をしても、どんな働き方をしても、伴侶がいてもいなくても、将来を不安に思う人は思うでしょうし、楽観的な人は楽観的だと思います。

たくさんお金を持っていても不安が強い人がいます。

一方、そんなに贅沢はできないけれど、使えるお金の範囲内で楽しく生きていく人もいます。

たくさんお金があって楽しく生きるのが理想ですが、どっちか一つなら、そんなに贅沢はできないけれど、使えるお金の範囲内で楽しく生きていく方を選びたいです。

私のまわりでそういう人がいて、将来的にはその人を見習いたいと思ってます。


思うこと


元記事には「どうやって死ねばいいの?」とあります。

大事なのは、死に方よりも「どうやって生きればいいか」ですね。

一人で穏やかに生きていくのも楽しい生き方。
夫婦で労わり合って生きていくのも楽し生き方。
友人とたまにお茶を飲んで話をするのも楽しい生き方。

自分が楽しいと思えばそれでよし。

悩みながら生き方を確立したいですね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3738:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017.11.17 22:00 # [EDIT]
3741:

※3738のメッセージをくださった方
コメントありがとうございます。
拝読しました。

2017.11.18 17:13 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する