都知事も辞めちゃえばいいのに

希望の党の小池百合子代表が代表を辞任します。

私のまわりでは、都知事も辞めちゃえばいいのに・・・との声も聞こえました。

だいぶ人気が衰えましたね。

今回は、とりとめのない雑感です。


都知事に専念


小池百合子氏は、今後は東京都知事の職に専念するようです。

とはいえ、この先は厳しいだろうなと思います。

都知事に就任してから築地の移転でゴタゴタがあり、五輪の経費負担で他県の知事から苦言が呈されたりしてます。小池知事はさまざまな利害を調整して、決断して、ものごとを先に進めていくのは苦手なようです。

さらには都民ファーストの会からも離脱者が出たり、希望の党の中に不協和音を抱えたりしています。都議会公明党が小池知事から距離を取るのを見ると、求心力に急速な衰えが感じられます。

組織を運営していく実務も、まわりに上手く働いてもらう魅力も、どちらも疑問符が付きます。


後味が悪いです


希望の党の代表辞任は、投げ出した感が強いです。

衆院選での「リセット」「排除」の発言以降、希望の党への期待はガタガタと音を立てて崩れていった気がします。選挙の結果はそれを表していますね。

小池都知事やまわりの人たちには様々な思いがあるのでしょうが、私からすると散らかしたまま敗戦処理をしないで去っていくように見えます。

後味の悪い辞め方だな。

というのが率直な印象です。

もっとも、代表を続ければ続けたで都知事との両立の面でどうかなとは思います。ジレンマに陥ってますね。


敗戦のリーダー


ここからは話題を変えます。敗戦処理に関する脱線のようなお話です。

山一證券が自主廃業したときの記者会見が印象に残っています。1997年11月のことです。

当時の社長、野澤正平氏が号泣した会見です。

針のむしろの状況で、山一証券の従業員とその家族が路頭に迷うことを思っての涙の謝罪です。「私らが悪いんであって、社員は悪くありませんから!」のシーンがテレビでよく流れていました。

誰が悪いとか、誰が悪くないとかの責任問題じゃないんですよね。

野澤氏の思いは、社員は悪くないんです。だから、従業員の再就職を何とかよろしくお願いします!という点にあったと思っています。


頭を下げる重み


自主廃業の記者会見の場で、廃業に至ったことを詫びるために頭を下げる。

同じ場で、社員の再就職をお願いするために頭を下げる。

頭を下げる意味合いが違います。

リーダーとして人望があるのは、お願いのために頭を下げ、涙を流せる人なんでしょうね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3729:

野澤社長の会見を思い出すと、今でも涙が出ます。
なりふり構わず必死でしたね…。

他県から見ても、小池さんは都政を引っ掻き回してるだけに見えます。
五輪、間に合うのかな…(;・∀・)

2017.11.15 17:54 みみん #yLibkmaY URL[EDIT]
3731:

※3729:みみんさん
野澤社長の会見、ああいう場ではその人の素が出るのかなと思います。従業員とその家族のことを思う気持ちが素晴らしいです。

小池さんは混乱を招いてますね。五輪前に関係者が苦労しそう。過労でやられる人が出ないといいのですが・・・

2017.11.15 21:46 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する