カテゴリ:時事ニュース の記事一覧

このごろの出来事に思うこと 豪雨、オウム、桂歌丸さん

中国・四国地方を襲った記録的な大雨。

一瞬にしていろいろなものが奪われてしまった人もいると思います。何とも言葉がありません。幼い子供が被害に遭ったというニュースに接して特に心が痛みます。

街の復興より、人の心の復興の方が時間がかかるかもしれません。

時間がかかっても傷が癒えることを願ってます。


自然の力


自然の前には人って儚いものだなーとの思いを新たにします。

普段は気にしませんが、水って重たいんですよね。

100坪(330平方メートル)の敷地に1メートルの浸水があったとします。そのときの水の重さは330トンです。

小型車300台くらいの重さと同じ。

それが止まっているのではなく動いています。相当なエネルギーです。

自然の猛威の前には人の力は小さすぎますね。


オウム真理教


話題は大きく変わってオウム真理教です。

一連の事件に一区切り付きました。

直接の被害は受けていないので記憶は薄れていますけど、地下鉄サリン事件が起きた日のことは覚えています。非日常的な出来事でした。

乗り合わせた電車が一本違うだけで、大きく運命が分かれた人も多いと思います。

さて、死刑制度については賛否両論があります。

私はオウム事件については首謀者であり教祖であった人が刑に処せられるのはやむを得ないと考えています。

上手く言えないのですが、処罰感情とか正義感からとはちょっと違った感情かもしれません。あれだけのことをしたのだから、埋め合わをするには少なくとも命を差し出す必要はある、という考えに近いです。

もうちょっと言うと、行為者を罰すべきという感情というよりは、被害者には何をしても埋め合わせができない痛みを負わせたのだから、加害者は出せるものの中で最大のものを出すしかない、という考えです。

それしかないでしょ・・・という、ちょっと悲しい考え方です。

で、もっと言うと、(裁判で強制されたとはいえ)加害者が出せるものの中で最大のものを出した後は、それじゃ足りないとしても、関係者は静かに乗り越えていくのがいいんだろうなと思います。


桂歌丸さん


笑点は小さいころに見ていました。

享年81歳。

短命でもなく、長生きでもない年齢ですね。

生涯現役はカッコいい生き方だと思います。自分の好きな仕事をずっと続けたのは素晴らしいです。

んー

生涯現役はカッコいい。で、セミリタイア的な生き方をしている私もそれはそれでいい生き方だ、って自分に言い聞かせてます。

芸を極めるような生き方も一つ、突き詰めない生き方をするのも一つの生き方。


思うこと


とりとめのないお話しでした。

上手くは言えないのですが、人の人生って意外と弱いものだなーとか、ちょっとしたことで大きく違ってしまうものだなーと思いますし、一つの事を極める生き方は素晴らしいと思いますが、それじゃない生き方もありだろうなーとか、いろいろ思う一週間でした。

あと、

意外と弱いし、ちょっとした歯車の組み合わせで大きく違ってしまうけれど、いろんなことを飲み込んで乗り越えていく強さもあるはず。

先のことを考えすぎないで、今を大切に過ごせばいいのかな。

なんてことも思いました。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

トヨタの内部留保、使い切るのに5千年 共産党のロジックがすごい

日本共産党の小池晃氏は東北大学医学部卒で医師免許を持っています。

平均以上の知性のある人だと思います。

なので、内部留保の本当のところは理解していると思うんです。企業の中に蓄積されたお金ではないという点です。また日本共産党の幹部は東京大学卒など高学歴の人たちなので、党として企業会計は理解しているはず。

経済に対する主義主張が違うとしても、理解はできますからね。


使い切るのに5,000年


小池書記局長の発言を朝日新聞から引用します。[外部記事]

トヨタ自動車の3月期決算を見てみたら、子会社も含めて連結内部留保は約20兆円。毎日1千万円ずつ使っていくとする。想像できませんが、使い切るのに5480年かかる。縄文時代ぐらいから使い始めて、ようやく最近使い終わる。


んー

話の持っていき方が上手いなー

と感心しました。

その後に続く「法人税の減税をやめて社会保障の財源に回せば、将来不安が取り除かれる」という主張は一部同意する点はあるのですが、全体としてのストーリー展開はいただけません。


心に訴える話が上手い


内部留保は会計上の純資産です。たとえ20兆円の数字が計上されていても、その分のお金が現金や預金で存在しているわけではありません。内部留保は過去からの利益の蓄積ですが、既に再投資されている(あるいは借金の返済に充てられている)からです。

で、上手いなーと思ったのは、

毎日1千万円ずつ使っていくとして、5,000年かかる

と表現する点です。

トヨタの内部留保は20兆円。イメージしにくい金額ですね。よく分からない金額ですが、それを一気に個人で感覚をつかめる1,000万円に落とし込んだのが上手いなーと思いました。

毎日1,000万ですよ。1年間じゃなくて、毎日。

しかも5,000年。

トヨタ、ヤバい。


20兆円の考え方


20兆円を別角度から考えましょう。

トヨタの連結の従業員数は36万4千人です。[参照]

20兆円を従業員1人あたりで考えると5,500万円ほどです。感覚がつかめますね。

トヨタの全従業員が毎日1,000万円使うと、5日で使い切ります。

ちなみに日本の国民全員(1億2千万人)が毎日1,000万円を使うと・・・

24分で使い切ります。

あっという間ですね。


思うこと


共産党の言いたいことは分かります。

ただ、ストーリー展開がちょっと煽ってるなという気がします。

まあ、この手のトークは政治の世界でも、ビジネスの世界でもありますが、強引過ぎるのは逆効果だと思うんです。この手のトークに目先は頷く人がいるでしょうが、中長期的には分かってしまうのではないかと。

感情を煽る表現ではなく、本質的な言葉が、最終的には人の心動かして社会を変えていく原動力になる気がします。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

今日のNHKニュースにモヤモヤ感

富山市の交番で警察官の拳銃が奪われ、男性2人が殺害された事件です。

NHKのニュースを見ていたのですが、強奪を防ぐ対策として奪われにくい拳銃ホルダーを前倒しで採用するそうです。それまでにも、拳銃とホルダーを結んでいるひもを切れにくいように金属製の芯を通すなどの対策を取っていたそうです。

拳銃を奪う方も、奪われるのを防ぐ方も、どっちも必死です。


究極の対策は無い


ニュースを聞き流していたので正確じゃないかもしれませんが、こんな感じでした。

警察は拳銃が奪われないような対策を取ってきた。今回の事件を受けて、拳銃が奪われにくい対策を前倒しで実施することになった。

と、取り組みを伝えた後で、警察幹部の話としてこうあります。

警察官は日ごろから訓練を積んでいる。しかし、今回のように刃物を準備して、奪うことを狙ってきた場合、警察官個人として対応には限界もある。


NHKキャスターの意見


限界があるという警察幹部の見解の後で、NHKキャスターは

それはわかるけど、限界があるように言われると心配になる。しっかりした対策を取って欲しい。

という趣旨のコメントでニュースを締めくくりました。

ん・・・

悩ましい問題ですね。

正論としてはその通りでしょう。しっかりした対策を取って欲しいというコメントは、正論であるがゆえに否定しにくいです。

とはいえ、なんとなくしっくりこないです。


被害に遭った警察官


拳銃を奪われた警察官は、命まで奪われてます。

刃物で数十か所も刺されてです。

警察官を刺殺してでも拳銃を奪ってやると強い意志がある人物に対して、どこまで備えられるのかな。いつどんな形で襲撃されるかは分かりませんし、善良な市民と悪意のある襲撃者を見分けるのも大変です。

今回は奪われた拳銃で民間人が死亡しています。被害に遭われた方のご冥福をお祈ります。また小学生も危険にさらされました。銃が奪われないよう対応を求める声は高まるでしょう。

それはそれとして、命を落とした警察官の無念さと、残されたご家族の悲しさを勝手に想像してしまいます。標的にされた警察官個人として対応できることとできないこと、やはり限界はある気がします。


防止と対処


拳銃が奪われるのはけしからん。何が何でも奪われてはいけない。という原則を貫くなら、究極の防止策は警察官に銃を持たせないことになりますね。

でもそれでは社会が回らない気がします。

拳銃が奪われるのを防げないことがある。それは現実として認めた上での対策を考えた方がいい気がします。

防止も大事ですし、奪われた後の対処も大事です。

悲劇は起きないのが望ましいですが、もし起きてしまったらできるだけ被害を少なくするよう備える。社会が回るには理想だけではうまくいかない気がして、それが今日のニュースで感じたモヤモヤ感の原因かも。

理想と現実。

どっちも大事にしたいです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

同じ空間を共有するにふさわしい振る舞いについて

銀座ウエストのツイッターが話題になっています。

コーヒー1杯が1,000円弱の喫茶店です。

何でそんなに高いのかというと、コーヒー1杯に1,000円出してもいいと思う人が多いからですね。銀座という場所のブランドですし、ウエストのブランドでもあります。

残念ながら入ったことはありませんが、サイトを見ると店内は高級感があって一般的なカフェとは一線を画している感じです。

今回はふさわしいことの雑感です。


ツイッターの内容


大きな声を出したり、走り回るなどの行為が他の人の迷惑になる場合があるので、くれぐれもご注意くださいという内容です。

いくつか関連記事を読んだところ、お店のつぶやきを支持する意見もあれば、子連れで銀座に来るなということか、と批判的な反応の意見もあります。[外部記事1] [外部記事2]

視点の置き所によって、いろんな意見が出ると思います。

私が思うのは、子供か大人かに関わらず、それなりの値段のコーヒーを飲みに来ている人たちが集まる空間があって、その空間を共有するにふさわしい振る舞いができるかどうかなんでしょうね。


ふさわしいかどうか


複数の人が同じ空間を共有するとき、ふさわしい行為の感覚は大事だと思います。

ふさわしい行為ができない人や、ふさわしくない行為をやってしまう人は、遠巻きに扱われるかもしれませんし、場合によっては露骨に排除されたり攻撃されたりする恐れもあります。

騒音問題もそうです。

同じアパートや近隣住居といった広い意味での同じ空間の共有です。そこでは個人の自由と他者への配慮はバランスを取らないといけないですね。


ふさわしいの線引き


ふさわしい、どちらでもない、ふさわしくないの線引きは最終的には個人の価値観でしょう。

なので絶対的な正しさはありません。

私が考える線引きはこう。別の人の線引きはこう。似ているかもしれませんし似ていないかもしれません。多くの人の線引きが集まっていれば、それがいわゆる「常識」と呼ばれるのかなと思います。

逆に、多くの人の線引きが集まらずに分散していたら、意見が分かれる問題なんでしょうね。


思うこと


個人の自由と他者への配慮のバランスについて。

小さな子は自分の自由に傾きがちで、他者への配慮は希薄です。

大人になるにつれて他者への配慮が強まります。ただ、配慮しすぎると過剰適応で疲れてしまいますね。健康のため空気の読み過ぎには注意です。

理想としては

同じ空間に居合わせた人への適度な敬意を持ちつつ、あとは自分の思うままに振る舞う。それで迷惑をかけない。

そうなれたらいいな。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

なぜ高齢者のトラブルが後を絶たないのか? 高齢者が多いからでしょう

「なぜ高齢者のトラブルが後を絶たないのか」は、今日読んだ記事から取りました。

「高齢者が多いからでしょう」は、私が考えた答えです。

ちょっと誤解を招きやすいQ&Aですね。ただ、読んでいただけると意図は分かってもらえると思います。

今回は、高齢者トラブルって濡れ衣じゃない?について


また電車の席を占領


「また電車の席を占領…相次ぐ高齢者のマナートラブルは“社会的な孤独”が一因」という記事を読みました。[外部記事]

ん・・・

まず先に思うのは、孤独とトラブルを結び付けるのは、どうなんだろうと思います。

あんまり関係ない気がします。

まあそれはそれとして、別の部分も気になりました。引用します。

日本民営鉄道協会のまとめによると、2016年度に発生した、駅員などに対する暴力行為の2割が60代以上となっている。

一体、なぜ高齢者のトラブルが後を絶たないのか。


ん・・・

問題の設定が違う気がします。


高齢者のトラブル?


いきなり「なぜ高齢者のトラブルが後を絶たないのか」って問われると、「なんでだろう?」と考えてしまいますね。

高齢者のトラブルが多くて、高齢者は問題を抱えているように感じます。

ところが、駅員などに対する暴力って、高齢者に特有の問題じゃないです。データを取ったところ、年齢別でキレやすいのは30代です。

kire.png

60代は普通です。


グラフの見方


グラフの左側は、20代から60代の、10年ごとの人口比です。[データ出典]

グラフの右側は、元記事にあった図の「2016年度 鉄道係員に対する暴力行為の加害者」の比率です。

10代を入れるとあまり鉄道を利用しない人たちも含まれてしまうので、20代から60代で100%となるようにしました。


問題の設定が違う


途中で「問題の設定が違う気がします」と書きました。

人口比で見たら、危険なのは30代で、穏やかなのは40代と50代。60代の暴力件数は、人口との比較では特におかしな点はありません。

人数が多いんだから、件数も多くなるでしょう。

というのが率直な感想です。

なお、人口比ではなく、鉄道の利用者比で見るのがベターですが、その情報は入手できませんでした。鉄道の利用者比で見ると別の解釈ができるかもしれませんが、現時点ではひとまず、高齢者が特にトラブルを招きやすいとは思っていないです。


思うこと


本来なら高齢者問題でないのに、ちょっと強引に高齢者問題にしている気がします。

いやぁ・・・

生きていれば、やがて誰もが高齢者になります。

自分が高齢者になったとき、高齢者がキレやすく、孤独で、トラブルメーカーで・・・なんて、高齢者をひとくくりにして問題視しないで欲しいなぁと思いました。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ