カテゴリ:時事ニュース の記事一覧

日産のケリー前代表取締役は、しばらく保釈されない気がします。

日産の自動車は好きです。

とは言ってもだいぶ前の日産車ですけど。

デザインが好きなのはリトラクタブルライトのシルビアとか、カクカクした形の7thスカイラインとかです。2ドアのレパードも好きです。乗せてもらって楽しかったのは初代のシーマとZのTバールーフです。

昔はよかった・・・

って、おっさん丸出しですね。


ゴーン前会長の特別背任


さて、日産自動車の不祥事はゴーン前会長の特別背任に進みました。

ここまでの流れを私なりに整理すると

1. 金商法違反の容疑で逮捕
2. 同容疑で再逮捕

今回、再逮捕による勾留(10日間)の期限が近づいたので検察側が「延長」を申請したところ、裁判所が「却下」しました。それに対して検察が「準抗告」を行ったものの、やはり裁判所は却下です。

そこで、検察が

3. 特別背任の疑いで、ゴーン前会長を逮捕

で、別の容疑での逮捕による勾留が続くわけですね。


ケリー前代表取締役


ケリー前代表取締役は、ゴーン前会長とは違って特別背任での逮捕は無いようです。

なので、週明けにも「保釈の可能性」となっているのですが・・・

んー

難しいんじゃないかなーというのが率直な感想です。もちろん判決が出るまでは推定無罪が原則なので、基本的には身柄の拘束が長引くのは良いとは思いません。

ただ、それはそれとして、週明けは難しいだろうなと思います。


そう思う理由の前にちょっと整理


ケリー前代表は、金商法違反の容疑で12月10日に起訴されています。

留置場や拘置所に勾留されている被疑者が起訴された場合、「起訴の日から、何らの手続を経ることなく、当然に被告人の勾留が開始する」ことになります。[参照]

起訴後勾留は2カ月。その後は1カ月ごとの延長が可能です。

ただし起訴された被告人は「保釈」の請求が可能です。

ケリー前取締役の場合は、逮捕による(被疑者としての)勾留の期日が過ぎると、被告人として保釈の請求ができるわけです。

で、弁護人は保釈を請求しました。弁護人としては自然な動きです。


新聞記事


ただ私は保釈は認められないんじゃないかなーと思うのです。

新聞記事にはこうあります。[外部記事]

金融商品取引法違反の罪で起訴された前代表取締役のグレゴリー・ケリー被告(62)の弁護人は21日、東京地裁に保釈を請求した。認められて手続きが進めば、同日中にも東京拘置所から保釈される。地裁は検察官の意見も踏まえて可否を判断する。


調べたところ刑事訴訟法には「裁判所は、保釈を許す決定又は保釈の請求を却下する決定をするには、検察官の意見を聴かなければならない」とあります。(第92条)

検察官の意見には3種類あって

1. 保釈いいよ
2. 裁判所の判断にお任せ
3. 保釈ダメ

だそうです。

で、今回の場合は、検察はほぼ確実に「保釈ダメ」の意見を付けるでしょう。

ケリー前代表取締役は容疑を否認しているようですし、逃亡や証拠隠滅の可能性も高いと判断されそうです。検察の意見が保釈ダメでも裁判所は保釈を決定できるのですが、多くの場合は検察の意見に沿うことが多いようです。

今回のような複雑でデリケートな事件で、地裁が地検の意見に反して保釈を決定するのは難しい気がします。


思うこと


被疑者や被告人は判決が出るまでは推定無罪です。フランス(の一部)には長期の勾留を批判的にとらえる報道があります。

一方、巨額の不正疑惑があるのなら、捜査をしっかりやって、法廷の場で明らかにしなければいけません。そのために法に従って勾留が続くのは、まあそういうものかなと思います。

双方のバランスですね。

さて、今後の行方が気になります。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

金融庁のフィデューシャリー・デューティーに期待

金融庁の相談室は、4年前からスルガ銀行の不正を把握していました。

衝撃的なニュースです。[外部記事]

前々から金融庁(の一部の人)は知っていたのでは、との噂はありました。なのである程度は知っていたとしても不思議ではありません。ただ、4年も前からとは思いませんでした。

そんなに前から把握していたのに、ずっとほったらかしにしてたんですか・・・

ってことに衝撃を受けました。


金融庁のガバナンス


納得できないことがあるので元記事を引用します。

麻生太郎金融担当相は7日の衆院財務金融委員会で、スルガ銀行(静岡県)がシェアハウス向け融資などで組織的な不正を繰り返した問題について「結果として察知できなかった。反省すべきことは反省し必要な改善を図りたい」と述べた。金融庁の相談室では遅くとも平成27年1月以降、スルガ銀の不正について情報提供を受けていたことも明らかになり、監督官庁の検査体制が問われている。


おかしくないですか。

金融庁の相談室では、遅くとも平成27年(2015年)1月以降、スルガ銀行の不正について情報提供を受けていたとのこと。

どんな情報が寄せられていたかは元記事に具体的に書いてあります。そこまでの情報を受けていながら、かつ複数回の立ち入り検査も行っていながら、スルガ銀行の組織的な不正に対して

「結果として察知できなかった。」

と答えるのは不誠実です。

外部から寄せられた不正情報が庁内で伝わらないなら、金融庁はガバナンスがなっていないということですね。


金融庁は襟を正すべき


金融庁は顧客本位の業務運営とか、フィデューシャリー・デューティーとか、意欲的に取り組んでいます。

その理念はいいと思います。

ただ、民間を指導するなら、官は自らがお手本を示さないといけませんよね。

金融庁の任務は「我が国の金融の機能の安定を確保し、預金者、保険契約者、有価証券の投資者その他これらに準ずる者の保護を図るとともに、金融の円滑を図ること」です。(金融庁設置法3条)

金融庁の「国民本位の業務運営」って、預金者やそれに準ずるものの保護だと思うんです。

スルガ銀行の不正の情報が寄せられていながら、それを無視するだけでなく、前長官はスルガ銀行のビジネスモデルを称賛していました。

大事な情報がトップに伝わらず、トップは(結果として)スルガ銀行の預金者のリスクを高めるような言動を続けたわけです。


思うこと


ここ数年の金融庁の行政はどうだったんだろう。

派手さはありましたね。いろんな取り組みがあってメディアもよく取り上げていました。

一方、本来の預金者保護、投資家保護はどうだったのかな。スルガ銀行や仮想通貨で問題がありました。もしかするとクラウドファンディング、ソーシャルレンディングで何かが出てくるかもしれません。

金融庁には、これまで以上に国民本位の業務運営を期待したいところです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

山手線の新駅 カタカナネームに思うこと

山手線の新駅が「高輪ゲートウェイ駅」に決まりました。

んー

正直なところ違和感ありです。

人気の高かった「高輪駅」か「芝浦駅」の方がしっくり来ます。


尖った名前


応募総数は64,052件あったそうです。

1位の「高輪駅」は8,398件を集めたとのこと。シェアで13%。

130位「高輪ゲートウェイ駅」は36件です。シェアは0.06%

多数決で決めるのがいいとは限りませんが、高輪なら多くの人に受け入れられますよね。駅名にそんなに凝った名前はいらない気がします。普通に「高輪」でいいのに。

多くの人に、長く愛されるのは尖っていないものだと思うんです。


思い入れを反映した名前


高輪ゲートウェイはJR東日本の思い入れを反映した名前です。

JR東日本は「グローバルゲートウェイ品川」というコンセプトを掲げて、このエリアを開発しています。ゲートウェイはエリア開発のキャッチコピーなんですね。

なんだか「南セントレア市」が思い浮かびました。

愛知県の知多郡美浜町と南知多町の合併によって誕生する計画があった新しい市の名称として、南セントレア市があがりました。当時の一番人気は「南知多市」です。[参照]

中部国際空港の愛称であるセントレアを市名に入れようとするのは強引ですね。結局、合併は成立しませんでした。


昔の名前


あと駅名では「とうきょうスカイツリー駅」が思い浮かびます。こちらは東武鉄道の思い入れが強い名前です。

とうきょうスカイツリーの昔の名前は「業平橋」です。

在原業平にちなんだ名前です。

平安時代の人物が由来なんて風情がありますね。ちなみに業平橋の近くには「言問橋(ことといばし)」があります。

在原業平が詠んだ歌「名にし負はば、いざ言問はん都鳥、わが思ふ人は、ありやなしやと」にちなんでいます。

業平橋って、いい名前だと思うんですよね。


思うこと


「高輪ゲートウェイ」も「南セントレア市」も、「とうきょうスカイツリー」も、どれもカタカナが入ります。

そこに発展の思いを込めているのでしょうが

駅名、地名、行政区名など、ある意味、公共物に近い気がするんです。

もうちょっと力を抜いてもいいのではと思いました。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

NISAは「期限を区切って行うべき制度」だそうです

政府・自民党によると、NISAは「期限を区切って行うべき制度」だそうです。

銀行や証券業界はNISAの恒久化を要望していました。しかし政府・自民党は恒久化を見送る方針を固めました。[外部記事]

NISAって、結局は一過性のものなんだなー

というのが率直な感想です。


政府・自民党の見解


NISA恒久化を見送る理由を元記事から引用します。

NISAは、個人の金融資産を貯蓄から投資に振り向ける政策目的のために期限を区切って行うべきものであることに加え、政府税制調査会で、老後の資産形成を後押しする制度の見直しが、NISAを含めて議論されているためだとしています。


この感じだとNISAは中途半端に終わりそうです。

NISAは英国のISAを参考に作られたことになっています。しかし実態はISAの劣化版ですね。外国のものを参考にして改善を加えるのは日本の得意技ですが、NISAに関してはちょっと違う方向に行っちゃいました。

英国のISAはこういう経緯です。

ISAは、非課税期間は当初より恒久とされていたが、口座開設に10 年間という期限があった。導入から7年後に英国財務省よるISA制度の効果検証を行った結果、広く英国民に普及しこと、特に低所得者層や若年層に対しても普及していることを高く評価し、制度の恒久化が決定された。 

[参照pdf]

日本とは対照的ですね。


恒久化されないなら


制度として恒久化されないなら、あとは尻すぼみでしょうね。残念です。

金融庁はNISAをテコ入れするために「長期・積立・分散」を標榜して積立NISAを推奨しています。理念はいいと思います。しかしNISAも積立NISAも、長期投資を担保するための仕組みになっているのか、その点が大いに疑問です。

いまのNISAは期間限定の特例措置みたいなものです。それで喚起できる需要は一部で、一時的なものでしょう。

NISAは、高齢者を主体に「課税口座から非課税口座へ」の動きを誘発したのが実情で、積立NISAは、それほど盛り上がっていないのが実情ですね。

貯蓄から投資への流れを作るためなら、制度の安定性は必須だと思うんです。


思うこと


NISAは消えゆく運命かなと。

一方で気になるのは、引用元記事にある「老後の資産形成を後押しする制度の見直し」です。

んー

税と社会保障の一体改革と関係するのかな。積立NISAとiDeCoの統合も考えられますね。年金制度と関係して高齢者の雇用の問題とも関係するかもしれません。

貯蓄だけじゃ足りない。老後に向けて投資しましょう。
それだけじゃ足りない。高齢になっても働きましょう。

そういう流れになるかもしれませんね。

ただ、身の丈に合った消費で過ごせればいいような気もします。足りないと思えばいくらあっても足りないですし、将来を不安に思うネタはいくらでもあります。

老後は何とかなるんじゃない、くらいに思うのがいいのかな。

最後は脱線気味ですが、そんなことを思いました。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

金融課税(配当・譲渡益課税) 25%への引き上げ見送りに思うこと

株式の配当や売却益に対する金融所得課税について、現行の20%を25%へ引き上げる案が検討されていました。消費税引き上げ時の軽減税率の分を穴埋めする狙いです。

結局のところ、与党の税制調査会は「2019年度税制改正での」引き上げを見送る方針を固めました。[外部記事]

ひとまず良かったなーと思いました。

このタイミングで配当や売却益への課税が強まれば、株式市場には大きな打撃になりますね。


将来的には引き上げかも


株式の配当や売却益に対する金融所得課税は、今のところは20%です。

復興特別所得税や総合課税の問題はさておき、源泉分離課税を前提にしています。

かつては10%の軽減税率だったときもありますが、基本的には20%。財務省はあわよくば25%への引き上げを目論んでいます。

将来的には引き上げられるかもしれませんね。


税制変更のリスク


iDeCoやNISAは非課税口座なのでいいのですが、通常の課税口座で投資している場合は将来の税率引き上げはリスクです。

分配型投信を批判する人は課税のタイミングが早まることで不利になると説きます。しかしそれは税率が変わらない場合なんですよね。

将来的に引き上げがあるなら、早いときに利益を実現して税金を払う方が、IRRで測った時に得する可能性もあります。ただ遠い将来の税率は読めないので何とも言えないです。

分配型と無分配型の比較では、基本的には税率は変わらないとして比較します。その比較は妥当だと思います。ただ、そういう比較とは別に、投資期間が長くなればなるほど、制度変更のリスクも大きくなる点は意識しておいていいと思います。


思うこと


社会保障と税の一体改革では、社会保障は削られ、税負担は高くなる方向でしょう。

配当や株式譲渡益の税率は、どこかの時点で25%になるかもしれません。景気後退があれば一時的に10%などの特例はあるかもしれませんが、基本的には引き上げの方向でしょう。

金融庁は貯蓄から投資へと投資を奨励していますが、財務省は課税強化を狙っている。

なんだか整合的じゃないですね。

縦割りだから、なのかもしれませんが。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ