カテゴリ:時事ニュース の記事一覧

売り家と唐様で書く三代目 北朝鮮問題に思うこと

トランプ大統領の国連スピーチを見ました。

かなり踏み込んでますね。

今回は、北朝鮮問題について


スピーチで気になるところ


トランプ大統領は北朝鮮を「完全に破壊する」と警告しました。

原文を引用します。

The United States has great strength and patience, but if it is forced to defend itself or its allies, we will have no choice but to totally destroy North Korea.


totally destroy = 完全に破壊 です。

米国には強さと忍耐があるが、もし、自国あるいは同盟国を守らないといけない事態に追い込まれるなら、

我々には北朝鮮を完全に破壊する以外に選択肢はない。

と訳せます。

やるときには無慈悲にやるぜ!

という意思表示ですね。


ロケットマン


金正恩氏は世襲の三代目です。

事業では三代目で潰れると言われます。初代が起業して、苦労して大きくします。その苦労を見てきた二代目は大切に経営します。ところが三代目になると初代の苦労は知りませんし、生まれたときから御曹司なので世間知らずになりがちです。

だから三代目が危ないんですね。

「売り家と唐様で書く三代目」という言葉があります。

身上を潰して家を売る羽目に陥ったとき、「売り家」と表示するのに唐様のしゃれた字体で書くことを皮肉った川柳です。事業をないがしろにして趣味に耽った人が書けるのが唐様です。

現代なら、会社を畳むときの挨拶文を、きれいなデザインとフォントでウェブに掲載するようなものでしょうね。


思うこと


ICBMも水爆も脅威ですが、それが一人の為政者の思うままという状況が恐ろしいです。

世襲や独裁は問題があります。

一人の人物に権力が集中しているのは危ういですし、民意が反映しないのも危険です。

で、思うのですが

独裁を反面教師にすると、国民主権と三権分立のある民主主義はいい仕組みですね。日本にも多少の問題はありますが、それでも国際水準で見ると十分に基本的な人権は守られています。

その恩恵を普段は意識しないほどに。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

積立NISAは前途多難かもしれませんね

積立NISAの認知度が低いです。

マネックス証券のアンケート調査「MONEX 個人投資家サーベイ」によると、積立NISAの制度や内容を「よくわからない」と回答した個人投資家が約6割に上ります。[参照]

今回は、制度の設計者と利用者のミスマッチについて


サーベイの要点


マネックス証券のアンケートに回答したのは486人です。

サンプル数としてはちょっと少ないですね。一方、マネックス証券に口座を開いている人は投資の興味関心が平均以上にありそうな気はします。

なのでサンプルバイアスはちょっと気になりますが、有益な調査レポートだと思います。

で、ポイントは積立NISAを活用したいかの問いに対し、

活用したい:9.7%
活用したいと思わない:16.9%
未定:8.0%

です。

魅力を感じていない、という結果ですね。


投資家は正直


メディアでは積立NISAを積極的、好意的にとらえるケースが多いように思います。

長期・分散・積立投資はオーソドックスな投資法ですし、誰にでも手掛けやすい投資法です。金融庁のような公的なところが音頭を取るなら長期・分散・積立になるんでしょう。

とはいえ、投資家は正直です。

自分の資産運用ですからね。

魅力が薄いなと思えば正直に「制度を活用したいと思わない」と答えます。金融庁におもねる必要はないですからね。

メディアの論調よりも投資家サーベイの方が、実態を知るには有益な情報だったりします。


思うこと


正直な思いとして、積立NISAは前途多難でしょうね。

認知度が低いこともありますし、それ以上に、認知している投資家の中で魅力を感じる人が少ないのも問題です。金融庁の狙いと投資家の関心とにミスマッチがありそうで、制度は作ったけれど利用者が少ないという状況が懸念されます。

ただ、まだスタートしてないですからね。

予断を持たないようにしなくてはいけませんね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

解散、総選挙と投資についての雑感

前回の総選挙は2014年12月14日でした。

衆議院議員の任期は4年です。残り1年ちょっとです。

今回は、政局と投資の雑感です。


アメリカンタイプのオプション


解散権の行使はアメリカンタイプのオプションに似てる気がします。解散権を持つ首相は、衆議院の満期までにベストなタイミングで権利を行使したいわけです。

今はダメだな。行使したら損する。もう少し待とう。

今なら悪くはないけど、もうちょっと引っ張った方がいいかも。

あぁ・・・、でも無期限に引っ張れるわけでもないし、引っ張り過ぎて悪化する可能性もあるし・・・

なんて逡巡がありそうです。


チャンスの神様


タイミングを探る難しさは首相だけのことではありません。

いろんな意思決定でもそうです。

採用担当者だとします。入社希望者が10人いて、その中から1人だけを採用できます。ただし、採用の決定は1度だけです。1人ずつ面接して、見送った人は後から採用できませんし、この人に決めたとなればそこで面接は終わりです。以降の候補者とは面接できません。

全員を面接して、その中からベストを選べるのではなく

一人ずつ面接して、いいと思ったところで意思決定します。

見送った人の中にベストがいたり、決めた後にいい人が出てくるかもしれませんけど、それはしょうがないです。チャンスの神様は前髪しかないので、その瞬間に掴むしかないです。

前髪しかない神様の前髪を掴んでいいのか

というのは、まあ・・・いいことにしましょう。


不確実な中での意思決定


採用を見送った候補者は過去。これから面接する人は未来です。

過去は取り戻せないし、未来は分からない。なので、いま面接している人がいいと思えば、そこでリスクを取って意思決定するしかないです。

で、このとき、どういうやり方で意思決定するのがいいか。

「最適停止問題」

と呼ばれるものです。


最適停止問題


最適停止問題は、面倒な話を抜きにするとこうなります。

採用の候補者が10人いる場合、最初の3人は無条件で採用を見送ります。

で、4人目以降に、それまでよりいい人材が現れたら採用します。

これで約37%の確率でベストな選択ができます。

もうちょっと詳しく知りたい方は、鳩山由紀夫氏が同志社大学で行った講演の資料をご覧ください。[資料]


さて、本題


さて、解散、総選挙です。

最適停止問題は余談です。(^^;

安倍首相は今がいいタイミングと判断したんでしょうね。

最大野党の民進党は足元がぐらついていますし、小池新党は準備不足な感じが否めません。北朝鮮もいまの切迫度なら与党に有利でしょう。


雑感ついでに


衆議院の任期は2018年12月ですが

それより前に、2018年の3月には黒田東彦・日銀総裁の任期が切れます。

大胆な金融緩和、異次元の緩和でアベノミクスの立役者ですからね。日銀総裁の去就も気になります。総裁の交代が近づくと、拡大したバランスシートの出口論も出てくるかもしれません。

政治、安全保障、金融の分野で動きが出てきそうな気がします。

どういう動きになるかは分かりませんが、ボラティリティは上がるかもしれませんね。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

SR400が消える? バイクの排ガス規制が少し残念

ヤマハが排ガス規制による生産終了モデルを発表し、その中にSR400がありました。
[外部記事]

環境問題を考えたら排ガス規制は賛成ですけど、ちょっとした寂しさもあります。

今回は、バイクの雑感


今は乗らないけれど


バイクは400CCまでなら乗れる免許を持ってます。

大型の免許(限定解除)を取って750CCに乗りたいと思ったこともありますが、結局は取らないままです。

昔見た漫画で「ナナハン・ライダー」というのがあります。

主人公は750CCのバイク、ホンダのCB750FOURに乗っているんです。4気筒エンジンでマフラーは4本。漫画では後姿がカッコいいのでよく覚えてます。

集合管より、マフラーが分かれている方がデザイン的には好きです。


カウルの有無


バイクのデザインついでに、カウルの有無について。

カウルとはエンジンや車体を覆う部品のことです。風防ですね。

私はカウルなしのネイキッドが好きです。エンジンが見えるのがバイクらしいので。ただ高速走行はつらいですけど。

ちなみに冒頭のSR400はカウルなしのバイクです。バイクらしい外観で好きです。エンジンは単気筒なのでマフラーは一本です。


SR400


SR400ではないのですが、私の知り合いがSRX400に乗っていました。

SRXもSRと同じく単気筒のバイクです。

かなり前に借りて乗ったことがあります。いいバイクでした。

最近はバイクに乗っていないのですが、なんだかまた、ちょっとバイクに乗りたくなりました。

ゆっくり走る感じで。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

北朝鮮の核実験 深刻化を図示してみました

北朝鮮の核開発はだいぶ進んでいるようです。

これまで5回の核実験を実施し、昨日、9月3日に6回目の実験を行いました。前回は2016年の9月なので1年ぶりです。

今回は、近隣国の脅威について


これまでの核実験


北朝鮮による核実験をBBCから引用します。

NorthKoreaBBC.jpg[画像出典]

これを見るとマグニチュードが大きくなっているのが分かります。

とはいえ、マグニチュードって分かりにくいですよね。


マグニチュード


地震が発するエネルギーの大きさを E(単位:ジュール)、マグニチュードを M とすると、次の関係があります。[参照]

magnitude.png

マグニチュードが1大きくなると10^1.5≒32倍、2大きくなると10^3=1000倍です。

この関係を核実験に当てはめます。


見える化


さっそく図示してみましょう。

NorthKorea_nuke.png

右下の赤が最初の核実験。2006年10月の規模です。これを1にしています。
右上、緑色が前回の核実験。2016年9月です。

で、左側の大きな青色。これが今回、2017年9月です。

なお、核実験に使われた原爆、水爆の威力を直接測っているわけではありません。あくまで核実験によって引き起こされた地震のマグニチュードです。

ただ、着実に威力を増していますね。


安全保障上の脅威


独裁国家の暴走は危険です。

普通の国家なら核弾頭を積んだミサイルを飛ばすことは無いと思いますが、追い詰められた独裁者はどう出るかは分かりません。

北朝鮮が核開発を進めている。

安全保障上の大きな脅威ですね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ