朝倉智也氏の「積み立ての優位性」の解説に思うこと

投資をするのは投資家の自由。

投資を他者に勧めるのは、勧める人の自由。

だから自己責任ですね。

投資をする場合は、投資の結果は本人に帰ってきます。投資を勧める場合は、どんな勧め方をしたかは最後は本人に帰ってくると思います。また、直接は投資を勧めなくても、投資に関する解説や自説の披露は、その内容や(隠れた)意図によって最後は本人に帰ってくるものだと思います。


間違いありません


今回は「一括投資と積み立て投資の実績比較でわかる、積み立ての優位性」という記事を読みました。[外部記事]

気になる箇所を引用します。

基準価額というのは、上がったり下がったりするものであり、特に価格の上下が大きい株式に投資する投信の場合、積み立て投資が非常に優れた買い方であることは間違いありません。


となり、この後に一括投資とドルコストの比較でドルコストの優位性が語られます。


本当に間違いない?


別のパターンで検証します。元記事と同じく「ニッセイTOPIXオープン」を用います。

ただし、計測期間を2003年12月からの10年間にします。以下の図の赤線部分です。

dollar_ms_01.jpg

上がったり下がったりした10年間です。

結果を示すと
一括投資:120万円 → 172万円
積立投資:120万円 → 159万円

積立投資は毎月1万円を120カ月、ドルコスト平均法で投資した場合です。


もうちょっとお付き合いください


取得コストの推移を載せます。

dollar_ms_02.jpg

赤線がドルコストでの取得コストです。

緑は一括。投資時の基準価額で変わりません。

10年間、ドルコストの取得単価はずっと一括の取得単価を上回っています。


断定できるものじゃない


私が設定した10年間は一括投資の方が優れていました。

もちろん後出しジャンケンなんですけど。

相場が上がったり下がったりしてドルコストの優位性が発揮しやすい相場でも、場合によっては一括に勝てないことがあります。

一括と積立の比較って、結局のところ、計測期間の取り方で何とでも言えるんですね。


断言したがる人たち


結局のところ、断言できないんです。

断言できないことを、さも正しい、間違いないかのように言う人がいます。また、いくつかの選択肢があることを、正解は一つしかないかのように断言する人もいます。

それって、本当に読んでくれる人のためになる情報なの?

と感じることがあります。

ビジネスが根っこにある情報発信だからそうなるのかな。

ところで私のブログは「友だちと話しをするとしたら、こう話すかな・・・」という内容のつもりです。根っこにあるのは、友だちとはいい関係を続けたいということ。

社交性が低いので、友だちは多い方じゃないと思いますけど。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ