奨学金問題のミラクルな解決法に思うこと

「奨学金問題のミラクルな解決法」という記事を読みました。[外部記事]

アイデアとしては斬新な気もしますが・・・

今回は、アイデアとそれを実行することのギャップについて


ミラクルな解決法とは


奨学金問題とは、借りたはいいけれど返せないで延滞するという問題です。

大学に入る前は「大学に行けばいい仕事に就けて奨学金を返せる」と思っていたが、実際に卒業してみたら、大学を出てもいい仕事になんてつけなかった


としたら、どこに解決の糸口があるでしょう。

引用記事では、「大学が悪い!」ということになっています。

奨学金問題に関しては、「まともな教育をしてない大学に責任とってもらえばいい」という発想のもと、

「奨学金の保証人を大学にすればいい。」


という提言をしています。


私の考え方


大学などの高等教育を受けるのは、学費という直接的なコストと、大学に行かなければ4年間で働いて稼げるであろう給料の機会損失分を考慮して、それでも教育を受けた方がいいと判断するから大学に行くわけですね。

奨学金を借りて大学に行っても、4年後の経済状況によってはうまく就職できるか分からない。そういうリスクも負います。

見方によっては「賭け」なんです。

投資家の用語では、コストを払って、リスクを取って、(奨学金を借りずにすぐに就職するよりも)高いリターンを狙う。そういう戦略です。

なので、奨学金が返済できなくても、「大学が悪い!」とは思わないんです。

あ、

返せない学生さんが悪い、とも思わないです。

返せるのに意図的に返さないのは悪いですけど。ただ、目論見が外れて返せなくなってしまったのなら、それは「悪い」というものではないと思うのです。(見通しの甘さとかはさておき)

リスクを取ってチャレンジして、それで上手くいかなかった。

そういう側面がある以上、ある程度の延滞や返済の不能が発生してしまうのは避けられないでしょう。


アイデアと実現性


大学に奨学金を保証させても問題の解決にはならないと思います。

大学に保証させると大学の財務リスクが高まります。そうすると大学は、リスクに備えるために授業料を値上げするかもしれません。あるいは学生が受けられる教育サービスの低下につながる恐れもあります。

一部の奨学生のために、全体が影響を受けるわけです。

なので、アイデアとしてはおもしろいのですが、現実的な解決策ではありませんね。


じゃあどうしたらいいのか


賛否はあると思うのですが、大学に保証させる代わりに

大学別の過去の延滞率に応じて、奨学金の条件を変えるようにすればいい

と思います。

リスク細分化ですね。保険ではよくある手です。事故率の低い属性の人の保険料は低く、事故率の高い属性の人は保険料が割高になります。

保険の分野での「逆選択」「モラルハザード」の知見が解決のヒントになると思います。

教育の機会均等や貧困問題という社会福祉的な要素を抜いて考えると、ですけど。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ