アクティブファンドをドルコスト平均法で積立投資すると 比較検討

今回は、インデックスファンドでもアクティブファンドでも、どっちでもいいんじゃないというお話しです。

はい。

結論から言ってみました。

半分だけ、ですけど。(^^;


アクティブファンドを3つ選定


モーニングスターのサイトを使って日本株のアクティブファンドを3つ選定しました。

10年以上の運用歴があるアクティブファンドで純資産が大きいもの3つです。なお、トヨタ関連株ファンドはちょっと特殊なので除きました。

選定したのは以下の3つです。
1. フィデリティ・日本成長株・ファンド
2. さわかみファンド
3. ニッセイ 日本株ファンド

これに対し、比較用のTOPIXのインデックスファンドとして
4. DIAM 国内株式インデックスF


パフォーマンス比較


この4ファンドの過去1年、3年、5年、10年のトータルリターンです。

インデックスファンド 小黒とら

TOPIXインデックスファンドに対する相対リターンにするとこうなります。

インデックスファンド 小黒とら

ファンドによって勝ったり負けたりですね。


アクティブファンドを積立投資したら


アクティブファンドをドルコスト平均法で積立投資したらどうなるか。

先ほどのアクティブ3ファンドとインデックス1ファンドで比較します。毎月1万円。120ヶ月なので投資資金は120万円です。

ケース1
2002年末から2012年末の10年間

ケース2
2006年末から2016年末の10年間

各ファンドの動きはこんな感じです。

インデックスファンド 小黒とら


2002年から2012年の10年間


インデックスファンド 小黒とら

どのファンドに投資しても元本割れですね。
左から、108.0、 107.3、 110.7、 110.3万円です。


2006年から2016年の10年間


インデックスファンド 小黒とら

どのファンドに投資しても儲かってます。
左から、187.2、 183.0、 184.6、 186.1万円です。


今回の比較で分かったこと


TOPIXのインデックスファンドに投資するか、アクティブファンド(フィデリティ、さわかみ、ニッセイ)に投資するか。

その選択の違いよりも

2002年から10年投資するか、2006年から10年投資するか。

その違いの方がはるかに大きいです。


大事なことなのでもう一度言います


「インデックスかアクティブか」の違いより、「いつからいつまで投資するか」の違いの方が大きいわけです。

少なくとも今回選んだファンドではそういう結果です。

私の結論としては、

インデックスファンドでもアクティブファンドでも、どっちでもいいんじゃない。
それより、いつからいつまで投資するかの方が影響は大きいよね。

です。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ