株式投信の平均保有年数 4.6年 長い?短い?

株式投信の平均保有年数は4.6年という調査結果があります。

平均的には4年半なんですね。

この長さ、どう思います?

今回は投資期間についての雑感


調査結果の出典


三菱UFJ国際投信の調査です。[参照リンク]

実は、4.6年は米国の数字です。英国も4.6年。

日本は2015年の平均保有期間は2.7年。2016年は3.1年です。[2016年の出典]

米英は長期投資の実践国かと思いますが、それでも5年に満たないんですね。意外にそんなに長くないなというのが率直な感想です。

日本は米英より短いのですが、リーマンショック直前で見れば4.5年の長さがありました。

投信の保有期間はマーケットの状況に左右されそうですね。市場がゆっくり右肩上がりならそれほど売ることもなく、結果として長く保有することになるのかもしれません。


もっと興味深いこと


日本と米英の比較より面白いことを見つけました。

まず米国
(画像はクリックで大きくなります。画像出典

投信平均保有期間


続いて英国

投信平均保有期間

さて、どう思いますか。


思うこと


先ほどの図を見て私は

米英の投資家は、以前より短期志向になってるのかなー

と思いました。

ゆるやかな傾向としてですけどね。

こういう調査レポートを読むと楽しいですね。意外な発見のあるレポートは読んで楽しいです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ