カテゴリ:悠々自適な息抜き の記事一覧

頭がいい子の家は「ピザの食べ方」が違うらしいです

ピザ、おいしいですね。

初めて米国に旅行したとき、安くておいしいーと食べまくったのを覚えてます。

1つのスライスが大きいので満足度が高いです。

砕いた赤唐辛子(crushed red pepper)をかけて食べるのが好きです。


頭がいい子の家は「ピザの食べ方」が違う


さて、本題です。

「頭がいい子の家は『ピザの食べ方』が違う」という記事がありました。[外部記事]

食べ方が違うのか・・・

ん・・・

私は扇形の頂点の方から食べます。弧(ピザの耳)は後です。

ナイフとフォークを使って扇型の頂点の方から巻いてロール状にして食べる人もいますね。こっちの方がエレガントです。ちょっとした場ならこっちなんでしょうね。

ただ、私は手づかみ派です。(^^;


引用元の記事は


引用元の記事は、「食べ方」の問題ではなく、分数の問題でした。

ピザのスライス2枚を食べるにしても、単に2枚としてではなく、8分の2として意識させるように子供に語りかけるといいという内容でした。

宅配ピザを頼んだら、「あなたは2枚食べる?」ではなく「8分の2があなたのものね」というように。もしそこで、8分の2が4分の1と同じであることを説明できるとなおよいだろう。


こういう感じです。

なるほど、と思います。


ちょっとしたこと


分数とはまったく関係ないのですが、

「あなたは2枚食べる?」「8分の2があなたのものね」が、私には新鮮な感じがしました。

親に、あなた、と呼ばれることが想像しにくいんです。小学生のころは名前を呼び捨てか、家の中だけで通じるあだ名で呼ばれて育ちましたから。

「ピザの食べ方」より、子供の呼びかけが気になりました。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

英国のあれこれ 保守党の正式名称とか湖水地方とか

英国の総選挙、保守党が第一党を維持しましたが過半数には届かなかったですね。

メイ首相の求心力低下は避けられないでしょう。

日本、英国、米国とも、リーダーには逆風が吹いています。


英国についてのあれこれ


英国についていろいろ調べていたのですが、初めて知ったことがあります。

メイ首相の所属政党は「保守党」ですが、正式名称ではないんですね。

正式名称は「保守統一党」(Conservative and Unionist Party)です。

ちょっとしたトリビアです。

これまたどうでもいい話ですが、メイ首相の身長は172cmだそうです。

意外と高いんですね。


意外といえば


これまた暇に任せていろいろ調べたところ

日本の安倍首相の身長は175cm
中国の習近平主席は180cm
米国のトランプ大統領は188cm

みなさん意外と背が高いですね。

で、いま注目を浴びているFBIの元長官、ジェームズ・コミー氏は203cm

TVで見て背が高いなーと思っていたのですが、2メートルを超えているんですね。


さて、英国


かなり前に英国を旅行したことがあります。

ロンドンで車を借りて湖水地方に行きました。湖水地方はピーターラビットの世界です。

300px-Tale_of_peter_rabbit_12.jpg
画像出典

このウサギです。

湖水地方の風景はこんな感じです。

hd_wmere_brantfell_dw.jpg
画像出典


夏の夜


行ったときの季節は夏でした。

湖水地方は緯度が高いので遅い時間になっても明るいんです。

時刻と明るさの感覚が合わない、なんとも不思議な感覚でした。

また行ってみたいです。

とりとめのないお話しでした。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

老後の買物弱者の対策は、ネット宅配か

昨日テレビを見ていたら房総半島の小湊鐵道をやっていました。

無人駅で降りて飲食店を探す企画です。

で、上総大久保駅。

wikipediaによると1日の乗車人員は10人です。駅のホームの待合所には地元の小学生が描いた「となりのトトロ」の絵があります。なんだかかわいい駅です。


カフェ


テレビでやっていたのは、駅から歩いてかなりのところにあるカフェでした。

田んぼの中にある小さな小屋みたいなお店で、ヤギが放し飼いになっています。特にえさは与えていなくて勝手に草を食べるんだそうです。

かわいいヤギです。

ヤギを放し飼いにできるくらいにのどかな場所です。

テレビでは「買物とか大変でしょう・・・」と聞いたところ、お店の人は「ネットで買っちゃいますねー」のようなことを言っていました。


ネット通販


テレビで見る限り、買い物は不便そうな場所でした。

でも車があれば買い出しに行けそうです。

70代までは車の運転は大丈夫かな。それまでは車で買い出しに行って、80になって頭と足腰が弱くなったらネット通販もありかな。

あと10年、20年もすれば自動運転での配達が進むかもしれませんね。自然だっぷりで買い物に不便な場所でも、意外と生活しやすくなるかな。(そんな悠長なことを言っていられる状況じゃないかもしれませんが)

なんて妄想が楽しめた番組でした。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

街路樹の紫陽花

青系の色が好きです。

明るい青よりはちょっと深い青で、紺色、藍色、群青色などがいいです。

青い色を見ると心が落ち着くらしいですね。


夕方の散歩


出かけた先で撮った紫陽花です。

883_ogurotora.jpg

花びらの形(正確には花びらではなくガクらしいです)が立体的ですね。よく見るのは平べったい形ですが、こちの紫陽花は立体的です。

当たり前ですけど、紫陽花にもいろんな種類があるんですね。

ゆっくり散歩すると楽しい発見があります。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

ノーネクタイの君! ルールとTPOとどっちが優先?

明確なルールと暗黙の空気、どっちが優先するのでしょう。

それを考える記事がありました。[外部記事]

ノーネクタイで研修に参加した人に、講師がTPOをわきまえなさいと諭す話です。

今回はルールと空気についての雑感です。


記事の概略


新入社員の研修会での話です。

企業研修の講師である女性が記事の筆者です。講師として参加した企業の社員研修で、一人の男性社員が上着を脱いでネクタイも外していたそうです。

講師が「どうしてネクタイを外しているの?」と尋ねたところ、その社員は「クールビズだからいいんじゃないですか」と答えました。そこで、講師の言葉が以下のように続きます。

「そうね、社内のルールには合っていますね。でも今日は研修だからスーツを着用するよう言われたのでは? あなた以外は全員ネクタイをしているわよ。ネクタイを外したいならどうすべきだったと思う?」


さて、講師の求める答えはどんなものでしょう。


講師の求める答えは


講師の求める答えは、こうです。

それはネクタイを外す前に一言、私に「ネクタイを外してもいいですか? 」と、質問すべきだったのです。

そうすれば私は事情を聞き、ほかの受講者の様子や研修内容を踏まえて許可するのです。いくら社内ルールがあるといえども、状況に応じた言動、行動をしないといけません。


ん・・・

講師の考え方と、ネクタイを外した新入社員の考え方とは基本的な部分で違いますね。

講師はルールより「状況」を重視してネクタイを外すことに許可を要求します。一方、社員は「ルール」を判断基準にしてネクタイを外しました。

よくある行き違い。ミスコミュニケーションですね。


ルールと状況


ルールは明文化されていますね。あるいは、明文化されていなくても関係者が同じ基準を共有しています。だから「ルール」にもとづいて判断するのはそれほど混乱はありません。

一方、「状況」で判断するのは難しいときがあります。

みなさん、育ってきた環境が違うから状況判断の違いは否めないです。夏がダメだったりしたらネクタイを外したいですよね。

ましてや男と女だから すれ違いはしょうがない?

はい。「セロリ」のパクリです。(^^;


思うこと


周囲の状況をよく見て、考えて判断して欲しいと新入社員に求めるのは簡単ですけどね。

言われる方は大変だと思います。

新入社員の考えや判断が求められているのではなく、講師(会社では上司や先輩)が欲している正解を当てることが求められていることがありますから。

研修の参加に当たってはネクタイ着用と決められているなら別ですが、クールビズでノーネクタイが許容されている会社で自分の判断でネクタイを外したなら、なんら咎めることはないと思います。

むしろ、他の全員がネクタイをしている中で、唯一、ネクタイを外す選択をした社員の判断を尊重したいです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ