カテゴリ:読書感想文 の記事一覧

読書感想文 「シニア左翼とは何か」 小林哲夫作

共産主義には仲間殺しの毒がある。

小林哲夫氏の「シニア左翼とは何か」という本を読みました。冒頭の言葉はその本に書かれていたものです。

今回は、読書感想文です。


シニア左翼とは何か


シニア左翼とは60歳以上の左翼思想の人のことを指します。

本書では左翼を「反体制」と定義しています。社会主義や共産主義を目指すことは必ずしも必要ではありません。ともかく現政権に反対、現政権の政策に反対な人々のことです。

現政権とは安倍政権のことで、政策に反対とは原発に反対、安保関連法案に反対となります。安保関連法案の反対で脚光を浴びたSEALDsと一緒になって国会前に座り込んだ人々です。

で、シニア左翼にもいくつか種類があって、昔から革命を目指す運動に一貫して携わっている人もいれば、東日本大震災の原発事故や安保関連法案がきっかけで運動を再開した人、運動に目覚めた人もいるとのことです。


共産主義には仲間殺しの毒がある


「共産主義には仲間殺しの毒がある」は60年安保に携わった人の言葉です。

内ゲバですね。

左翼といえば、難しい用語や概念を使って思想を極めていく一方で、路線の違いが表面化すると内部抗争で暴力事件に発展するイメージがあります。

SEALDsのような最近の左翼運動では内ゲバは発生しない感じがします。それは、最近の左翼には階級闘争とか、労働者の解放とか、共産主義革命とか、そういった思想性が薄いからかなと本を読んで感じました。


思うこと


シニア左翼が活躍する党派では高齢化が進んでいるそうです。

1960年代に活動していた20代の学生が、そのまま70代になっているわけです。

旧来の左翼運動は広がりを持てなかった、そのため理念や思想を次につなげることができなかった。そう読み取れます。広がりを持てず、時代を経ての新陳代謝も行えなかったのは、内向きの理論が強すぎたのではと思いました。

シニア左翼、SEALDsのような若者リベラル、それ以外の人。

それぞれに距離感がありますね。そんなことを感じました。


アフィリエイトです


反安保法制・反原発運動で出現――シニア左翼とは何か (朝日新書)

新品価格
¥842から


ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

読書感想文 「大草原の小さな暮らし」 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」

「大草原の小さな暮らし」 という本があります。

美しい風景が満載です。

今回は、読書感想文や映画感想文です。


大草原の小さな暮らし


「大草原の小さな家」や「プラム川の土手で」の舞台になった、米国の中西部の風景を収めた写真本です。

「大草原の小さな家」の主人公、ローラ(1867-1957)は生涯に何度も旅をしました。

本からの借用ですが
「大きな森の小さな家」 ウィスコンシン州
「大草原の小さな家」 カンザス州
「プラム川の土手で」 ミネソタ州
「シルバー湖のほとりで」 サウスダコタ州

グレートプレーンズやプレーリーと呼ばれる地域ですね。


大草原のイメージ


「大草原の小さな家」は原題は"Little House on the Prairie"です。

Prairieで画像検索すると雄大な景色が出てきます。

1024px-Prairie_Homestead.jpg
画像出典


Dances with Wolves


昔見た映画に「ダンス・ウィズ・ウルブズ」があります。

こちらの舞台はサウスダコタ州です。さきほどの画像と同じ州です。

「ダンス・ウィズ・ウルブズ」は南北戦争(1861-1865年)の時代、主人公のジョン・ダンバー中尉が希望してサウスダコタ州の砦へ赴任するところから話は始まります。

映画の一シーンを引用します。

Major Fambrough: It says here that you've been decorated.
John Dunbar: Yes, sir.
Major Fambrough: And they've sent you here to be posted?
John Dunbar: I'm here at my own request.
Major Fambrough: Really? Why?
John Dunbar: I've always wanted to see the frontier.
Major Fambrough: See the frontier--
John Dunbar: Yes, sir. Before it's gone.

出典

John Dunbarが主人公のダンバーです。映画ではケビン・コスナーが演じていました。


日本語訳


その前に、主人公のダンバーの階級は中尉。会話の相手はMajorの階級なので少将です。中尉が上役である少将に新任の挨拶をしているシーンです。

で、場所はサウスダコタの砦で辺境の地です。戦果を挙げた主人公は任地を選べる特権を得たにもかかわらず、あえて辺鄙な場所を希望したというのが背景にあります。

では、訳してみます。

ファンブロー少将: 叙勲を受けたそうだね。
ダンバー中尉: はい。
ファンブロー少将: それなのに奴らは君をこんなところに追いやったのか?
ダンバー中尉: 私が希望したのです。
ファンブロー少将: 本当か?なぜ?
ダンバー中尉: フロンティアを、見たいと思っていました。
ファンブロー少将: フロンティアを見たい・・・

ダンバー中尉: はい。それが消えてしまう前に。


消えてしまう前に


いまの時代、日本で過ごすのは安全で快適です。

真夏でもエアコンの効いた部屋で過ごせます。現代の日本で過ごせる恩恵に感謝しつつ、その一方で、「大草原の小さな家」や「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に、いいなーと思える生き方を感じます。

入植者と先住民の問題はあるにしても、開拓者精神にはひかれます。

家を建て、土地を開拓し、日々の糧を得る。
自ら志願してフロンティアに赴く。

ときどき思い出す作品です。


アフィリエイトです


大草原の小さな暮らし―LITTLE HOUSE

中古価格
¥3,022から

ダンス・ウィズ・ウルブス [DVD]

新品価格
¥4,980から


ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

夕日の沈むまで 人にはどれほどの土地がいるか

小学生のころ、学校で見た映画に「夕日の沈むまで」というのがあります。

舞台は外国です。

うろ覚えですが煉瓦造りの建物があったりして、欧州のどこかの国のようでした。街があって町外れから荒野といいますか、ひろーい平野がありました。

今回は「夕日の沈むまで」について


夕日の沈むまで


覚えているのは単純なストーリです。

ある男が土地を手に入れようとします。

スタート地点から一日のうちに回りきった場所を手に入れることができます。歩いても走ってもOKです。一日かけての陣取りです。

一日で囲った土地ならばどんな広さでも手に入ります。

ただし、

日の出から始めて、「夕日の沈むまで」にスタート地点に戻ってこないといけません。

スタート地点に戻って来れなければ、1平方メートルの土地も手に入りません。


覚えていること


男が歩いて、ひたすら歩くシーンが続きます。

延々と歩きます。

疲れ切っても黙々と歩きます。

既に十分な土地を回っているのに、良さそうな土地があると遠回りしてその土地を手に入れようとします。

で、だんだんと日が暮れてきます。

夕日が沈む前に、スタート地点に戻らないと土地は手に入りません。男は焦ってきます。

焦りますが体力は消耗しています。疲れ切った体に鞭を打って必死に戻ります。足は重たいのに、ふらふらになりながら気力で身体を前に進めます。

何でそんなに・・・

男の必死さを覚えています。


悲しい結末


で、その男は夕日の沈む前に戻って来ました。

しかし

戻ってきたとたん、バタッと倒れてそのまま息を引き取ったのです。

亡くなれば広大な土地は必要なく、ただ亡骸を埋めるためのわずかな土地があればいい。

夕日が沈んでいくオレンジ色が悲しい雰囲気だったな・・・

と、今になって思います。


原作はトルストイ


最近知ったのですが、「夕日の沈むまで」はトルストイのロシア民話「人にはどれほどの土地がいるか」が原作です。

調べたところ舞台は「バシキール人」の住む土地のようです。ロシア連邦を構成する「バシコルトスタン共和国」ですね。

バシキール人はもともとは遊牧民らしく、土地の所有は大らかだそうです。(本当かどうかは分かりませんが)。

一方、土地を手に入れようと歩き回った男はロシアの農夫で小作人です。自分の土地を持ちたいという思いが強かったんですね。


人にはどれほどの土地がいるか


けっこう悩ましい問題ですね。

亡くなればほとんどいらないです。せいぜい亡骸を埋めるくらいですが、それも永遠ではありませんね。

生きている間にどれくらい必要か。

農家なら生計を維持できる広さの農地が必要ですし、誰でも雨風しのいで快適な生活を送れる広さの住宅が必要ですね。

一日かけて歩き回れる土地は広すぎかな。

土地もお金も同じかもしれませんね。

たくさんを追い求めすぎると、かえって破綻してしまう。

少なすぎず、多すぎず。ちょうどいいくらいが望ましいのかもしれませんね。


アフィリエイトです


人にはどれだけの土地がいるか



ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

読書感想文 「ことりのおそうしき」

過去記事「ゾウは おことわり!」に続いて児童文学です。

文字が大きくて読みやすい。

あ、いや、文庫本サイズの文字が読みにくくなっているのではありません。(^^;


ことりのおそうしき


「ことりのおそうしき」の原文は "The Dead Bird" です。

直訳すると「死んだ鳥」なんですけど、子供向けの絵本としてはストレートすぎますね。邦題の「ことりのおそうしき」は少し柔らかなイメージになってます。

命の尽きた小鳥に焦点を当てるか、その後のお葬式に焦点を当てるか。

絵本を読むと、命の尽きた生き物に対して残された者はどうするかが描かれています。邦題の「ことりのおそうしき」はいい訳だなと思います。


命が尽きたあと


公園で遊んでいた子供たちが、ついさっき生命を終えた小鳥を見つけます。

最初は温かく生きているように見える小鳥も、だんだんと冷たく固くなっていきます。そういう様子をさりげなく、淡々と書いてあります。

子供たちは小鳥のためにお葬式をします。

花を摘んで、土を掘って、小鳥を埋めて、土を盛って、そこに花を添えます。


最初は毎日、そのうちときどき


中身のネタバレをご容赦ください。

小鳥のお墓を作った子供たちは、それからもやって来ては新しい花を手向けます。

で、私がそうだよねーと思ったのは最後の一文

はじめはまいにち、そのうちときどき、

やがていつしか、ことりのことをわすれてしまうまで。


です。


小鳥のことを忘れてしまうまで


他界した人、物理的に遠く離れたりして縁が薄くなった人は、だんだんと心の中から消えていきますね。

それが自然なことだと思います。

ただ、完全に消え去ることはなく、思い返したければいつでも思い返すことはできます。

生を終えた小鳥と、生命力あふれる子供たち。

生命を考える絵本でした。


アフィリエイトです


日本語版と英語版があります。

ことりのおそうしき

新品価格
¥1,512から

The Dead Bird

新品価格
¥610から


ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

読書感想文 「ゾウは おことわり!」

ちょっとしたきっかけで児童書(絵本)を読みました。

読んでみるとなかなか奥が深いです。子供が読むものだから、ちゃんとした教育的な内容なんですね。普段は読まない本を読んで楽しかったです。

今回は、絵本の読書感想文です。


「ゾウは おことわり!」


主人公は小さな男の子とペットのぞうさんです。

男の子とぞうさんはとても仲良しです。

雨の日には、ぞうさんが男の子のために鼻で傘をかざしてくれます。優しいですね。

で、ぞうさんはちょっと臆病なんです。そのため男の子が、ぞうさんのために頑張る場面もあります。

どっちも散歩の日常のできごとです。

お互いの仲の良さが伝わってきます。


ところが


ところが、男の子とぞうさんに悲しいことが起きます。

楽しみに出かけたパーティに入れてもらえなかったんです。

「ゾウは おことわり!」なんです。

みんなペットと一緒に来ているペット同伴のパーティーです。しかし、像だけはお断りなんです。理由は分かりません。

男の子が悲しそうな顔をするのですが、パーティに入れない原因が仲良しのぞうさんなので、ぞうさんを気遣うんです。

で、ぞうさんも男の子を気遣います。


何の非もないのに


男の子もぞうさんも、自分たちには何の非もないのに、がっかりして家に帰っていきます。

男の子とぞうさんの気持ちを思うと切ない思いになりますし、その反動で「ゾウは おことわり!」に腹立たしさも感じます。

みんなで楽しめばいいじゃない。

って思いますね。


絵本のテーマ


この絵本のテーマは、「○○は おことわり!」の排他性だと思います。

ストーリーの詳細は書きませんが、最後は、男の子とぞうさんは楽しく笑って終わります。

「○○は おことわり!」を越えた先に、もっとたくさんの楽しさがあるんですね。絵本の作者はそれを伝えたかったのかなと思います。


おまけのひとこと


絵本のテーマは排他性を超えることなんでしょう。

で、そことは別に、私がいいなぁ~と思ったのは男の子とぞうさんの仲の良さです。男の子がぞうさんを思い、ぞうさんが男の子を思うところです。

「ゾウは おことわり!」

それを目にして、がっかりして帰るときのぞうさんの健気さが心を打ちます。ぞうさんが男の子のために頑張るんです。

泣ける絵本です。

読み方によっては。


アフィリエイトです


男の子とぞうさんのお揃いのマフラーがかわいいです。

ゾウは おことわり!
(児童書)

新品価格
¥1,250から


ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ