カテゴリ:難しい問題を考えてみた の記事一覧

釜山の慰安婦像に対する日本政府の対応 ゲーム理論で考えました

韓国で釜山に慰安婦像が設置されたことを受けて、日本政府は対抗措置を発表しました。
[外部リンク]

1. 在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合せ
2. 長嶺駐韓国大使及び森本在釜山総領事の一時帰国
3. 日韓通貨スワップ取極の協議の中断
4. 日韓ハイレベル経済協議の延期

今回は、日本政府の対抗措置をゲーム理論で考えます。


極めて遺憾


抗議を表す外交上の用語は4つあり、それに強調語を付けるかつけないかの2通りあり、全部で8段階だそうです。(参考リンク

強い順に
1、2. (断固として)非難する
3、4. (極めて)遺憾だ
5、6. (深く)憂慮する
7、8. (強く)懸念する

今回の慰安婦像の設置について日本政府は「極めて遺憾」としています。8段階の上から3番目のレベルです。


なぜ遺憾なのか


2015年の日韓合意において、日韓両政府は慰安婦問題が「最終的で不可逆的に解決される」ことを確認しています。公式な文書になっていないにしても、日韓の両外務大臣が共同記者会見を開いて発表しています。

なので「最終的で不可逆的に解決される」ことの合意の存在は確実ですね。

で、日本としては、
1. 日韓合意を韓国側が履行していないことに対して遺憾
2. 領事機関の威厳等を侵害するウィーン条約に照らして遺憾
ということです。

日本の領事館に面した歩道に慰安婦像を設置することがウィーン条約に反しているわけで、韓国側がいかなる理由を述べようとも、設置を可とする理由はありません。

日本が撤去を求める正当な理由があります。


さて、ゲーム理論


1. 日本と韓国がお互いに協力し合うケース。
2. 日本が協力的で、韓国が非協力的なケース。
3. 日本が非協力的で、韓国が協力的なケース。
4. お互いに非協力的なケース。

この4つが考えられます。

囚人のジレンマと同じ利得構造で考えましょう。

japankorea.png

囚人のジレンマの詳細説明は省きますね。

囚人のジレンマのポイントは、「お互いに意思疎通のできない状況」での「一回だけの意思決定」という点です。その場合は、お互いに「非協力」が均衡となります。

協力し合えばお互いに高い利得が得られるのに、自分が協力し相手が裏切り(非協力)に出たときのダメージが大きいので、お互いに非協力を選ぶのです。だからジレンマなんですね。


外交ゲーム


さて、外交は「お互いに意思疎通のできない状況」でもなく、「一回だけの意思決定」でもありません。外交は、相手の取った行動が見えて、かつ、繰り返し行われる行為です。

そのときの戦略は単純な囚人のジレンマではありません。

ベストな戦略は、「しっぺ返し戦略」(Tit for tat)と言われています。

こちらの戦略として、最初は「協力」の行為を取ります。以降は相手の手を見て、その通りに返していくことを繰り返します。つまり、相手が協力なら、こちらの次の手も協力。相手が非協力なら、こちらの次の手も非協力です。


しっぺ返し戦略のポイント


こちらが先手の場合、初手は協力。
相手が協力で返してくれるなら、こちらも協力で返す。(こちらから裏切ることはしない)
相手が裏切るなら、こちらも非協力で対抗する。
相手が協力に戻るなら、こちらも協力に戻る。

というシンプルなルールです。

これが最も利得が高くなる戦略と言われています。

常に協力的でいるよりも、常に裏切るスキを狙っているよりも、相手に合わせた戦略を取るのがいいんですね。こちらから裏切ることはしないし、相手が協力に戻ったら、いつまでも裏切りを続けることなくスパッと協力する。

ただし、相手が非協力なら、こちらも相応の態度に出る。

いま日本は、「相手が非協力なら、こちらも相応の態度に出る」というスタンスなのかなと思います。


状況に応じて


相手が非協力でも、日本は融和的に・・・とか、相手が非協力的だからこそ、日本はもっと融和的に・・・という主張もあります。

たしかに北風と太陽では、最後には太陽が旅人のコートを脱がすことに成功します。

ただ、外交においては、非協力な相手にはそれ相応の態度に出る必要があると思います。孔子の論語、「或曰、以徳報怨、何如、子曰、何以報徳、以直報怨、以徳報徳。」に通じるものもあるでしょう。常に同じ態度ではなく、状況に応じて打つ手が変わるのは自然なことですね。

なにはともあれ、問題が解決して、お互いに「協力」に戻る日が早く来ることを願います。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

どこの装甲を厚くするべきか

興味深い話を聞きました。

現代の戦闘機ではなくプロペラ戦闘機の時代のことです。被弾しても帰還の確率を高めるためにどうしたらいいか。簡単なのは装甲を厚くすることですが、そうすると重量がかさんで航続距離も減りますし、戦闘能力も落ちます。

なので、必要なところを必要なだけ厚くしたい。

今回は、視点を置くところについて


自作プロペラ機


プロペラ機を自作しました。

エクセルで。

エクセルは何でも作れますね。

さて、以下の絵をご覧ください。

プロペラ機 小黒とら

攻撃を受けて帰還した40機の機体を調べたところ、赤い点に被弾していたと分かりました。

さて、どこの装甲を厚くすべきか。


被弾の多い箇所?


被弾の多い両翼や機体後部、尾翼ではありません。

知っている人は知っているのでしょうが、私は素直に間違えました。上の図で被弾の多い場所ではないんです。

答えは・・・

上の図で被弾していない、機体中央の前部、操縦席のある部分です。

なぜなら

上の図は「生き残った」戦闘機が受けた傷の場所だからです。


生き残れなかった戦闘機


「生き残れなかった」機体は、主に機体中央の前部にある「操縦席部分」に被弾していたのです。

生存確率を高めるには操縦席部分の装甲を厚くする必要があるわけです。

生き残った機体を見ているのでは判断を誤りやすいということですね。


まとめ、のようなもの


生還した機体は調査することができますし、生き残ったパイロットからは話を聞くこともできます。

でも

目を向けるべきは、犠牲になった機体、パイロットなのでしょうね。

忘れがちな視点でした。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

米国で非常事態を宣言、州兵などを動員 ノースカロライナの暴動

日銀の新しい政策とFOMCの利上げ見送りを受けて円高気味ですね。

円高が進行するリスクに備えて今日、財務省、金融庁、日銀の3者会合がありました。

2桁円にはひとまずブレーキがかかりそうです。

それはそれとして、今回は別の話です。


今日のニュース


今日はちょっとカッコを付けてCNNテレビを見てました。

CNNはかなり長い時間をかけて、ノースカロライナ州の暴動を中継してました。

市民による抗議行動が収まる気配を見せないため、州知事は「非常事態」を宣言しました。警察力だけでは足りないと判断し、州兵を動員して治安維持にあたっている状況です。
[外部記事]


黒人男性は撃たれやすい


暴動の原因は、黒人男性が警察官に撃たれて死亡したことです。

人種問題です。

米国では警察官に撃たれるのは主に黒人ですね。

別の事件をテレビで見たことがあります。

警察が追っている容疑者は薬物の依存癖のある人物です。しかし警察が銃を向けているのは、その容疑者がカウンセリングを受けている矯正施設で働くヘルパーの黒人(=容疑者でない普通の市民)です。誤解されている黒人は、自分がこの施設で働く人物であることを叫び、地面に背中を付けて、両手両足をあげて武器を持っていない事を示して動かないでいても、

脚を撃たれました。

黒人は撃たれやすいと聞いたことがあります。


人種差別の面はあるとしても


けっこうセンシティブな話です。

黒人を撃つのは、ヘイト(憎悪)から来る人種差別とは違う心の動きなのかなと思います。

米国の社会心理学の本を読んだことがあります。「好き、嫌い」といった感情は、深層心理は動かしにくいものの、表面的にはだいぶコントロール可能だそうです。

それに「嫌い」はトレーニングによって克服も可能です。ピーマンは苦いので、小さな子はピーマンを嫌います。でも大人になるにつれて好きになったりしますよね。


厄介なのは恐怖心


好き、嫌いの感情よりも厄介なのは「恐怖心」です。

恐怖は最も深く、強く、その人を特徴づける感情の一つだそうです。

恐怖心は生存本能に直結するので、理性ではコントロールしにくいです。トレーニングで克服するのも難しいです。

で、

警察官が黒人を撃ちやすいのは、黒人に対する恐怖心があるのではないか。警察官が白人やアジア系、ヒスパニックに対峙するときに感じる恐怖心より、黒人に対したときの恐怖心の方が強いのではないか。

だから、恐怖心を抑えきれずに撃ってしまう。

という説です。


いや、そのりくつは


このりくつは結構センシティブな問題です。

ただ、憎悪や差別意識というよりは、恐怖心なんだろうなという気もします。

根っこにあるのが憎悪や差別意識ではなく恐怖心だとすると、より根深いですね。問題解決は簡単じゃないと思います。

難しい話ですね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

早死にリスクと長生きリスクと自然災害 NHKの日曜討論

最近は相場に勢いがありませんね。

だからかもしれません。老後に必要な資金は1億円とか、1億ウン千万円とか、そういう大きな金額の話を聞かなくなりました。老後の不安を煽るのも材料出尽くしなのかもしれません。

今回は、死生観の雑感です。


早死にリスク


金銭的な点での備えです。

早死にリスクへの備えは生命保険ですね。残された家族の生活の助けとなるよう、ある程度のまとまったお金を手にするのが生命保険です。

生命保険はある期間内に死亡するか、生き抜いているかに賭けるようなものです。

賭けに勝ってもうれしくないですけどね。


長生きリスク


長生きリスクへの備えは、終身年金です。

国民年金や厚生年金ですね。

死ぬまでずっと受け取れるので長生きすればするほどお得です。

不幸にして早く亡くなる人もいれば、長生きする人もいます。終身年金は長生きする方に賭けるようなものですね。とくに3ケタ歳まで生きるつもりの人は、繰下げ受給がねらい目です。


さて、本題


さて、本題です。前置きが長い? (^^;

今朝、NHKの日曜討論「相次ぐ集中豪雨 いま必要なことは」を見ました。

高齢者は被災弱者です。
避難に時間がかかりますし、そもそも自力で避難できない人もいます。

高齢者の介護施設やグループホームは、一般的には町外れにあります。町外れは川に近かったり、山や崖に近かったりで自然災害を受けやすい場所なんですね。立地条件のいい場所は政治力や経済力のある人が占めますので、高齢者施設はどうしても人気のない場所になります。

高齢者といった被災弱者ほど、危険な場所に住んでいる。

ということでした。


自然災害


討論で一番心に残ったのは、藤井聡氏の発言です。

自然の前では人の命は弱く、人はすぐに死んじゃう存在だ。

それを改めて自覚するべきだ。

という趣旨でした。


いまを生きる


テレビを見ていて、そうですよねーと共感しました。

人の命は意外と脆いもの。

順調な時は忘れがちです。

でも、水害や地震といった自然災害の前には本当に脆いですね。

自分の意志や努力でコントロールできないことで、あっけなく命が断たれることがあります。自然災害もそうですし、思わぬ事件、事故に巻き込まれることもありますし、不治の病にかかる事もあります。

だから

将来のことを考えるのを減らして、

いまを大切に、おだやかに生きることを心がけようと思います。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

パッシブ投資がマルクス主義に劣る理由について考えたこと

アライアンス・バーンスタインが「隷属へのひそかな道:パッシブ投資がマルクス主義に劣る理由」(The Silent Road to Serfdom: Why Passive Investing is Worse Than Marxism)というレポートを出しました。

今回は、インデックス投資について


レポートの内容


オリジナルのレポートは見当たりませんでした。

ウォールストリートジャーナル(日本版)の記事が参考になります。[外部記事]

ポイントを引用します。

“主張の核心は、上場投資信託(ETF)業界に主にけん引されたパッシブ投資の台頭が、最終的には経済における適切な資本配分を損なう可能性があるというものだ。すなわち、企業が経営状況にかかわらず、単に株価指数の構成銘柄というだけで投資家を呼び寄せることができる状況が続けば、資本主義の機能が損なわれ、少なくとも集権化された中央当局の判断に基づいて企業やプロジェクト間で資本の配分がなされるマルクス主義体制よりも、状況はひどいものになると主張されている。”


「経済における適切な資本配分を損なう可能性」と「マルクス主義」を結び付けてます。

さて、この点をどう考えるかです。


話を整理


パッシブ運用はインデックスに連動する投資成果を目指すものです。インデックス投資と同じことですね。

話をシンプルに、時価総額ウェイトでのインデックスとします。スマートベータとか高ROEインデックスとか、そういうのは置いておきます。

時価総額ウェイトでのインデックス投資が増えると、経済における適切な資本配分を損なうか?

それがポイントです。


インデックス投資の理論


インデックス投資をすすめる理由に、時価総額ウェイトでのインデックスが最も効率的なポートフォリオだとする考え方もあります。

時価総額ウェイトでのインデックスをCAPMの市場ポートフォリオとみなす(あるいは代替させる)考え方です。

土台となる前提を共有しないと議論がかみ合わなくなるのですが、ひとまず、「インデックスはそれなりに効率的なポートフォリオ」だと考えましょう。インデックスの効率性が高いからこそ、手数料を引けばアクティブは勝てないという議論になりやすいわけですし。


インデックスは効率性の高いポートフォリオ


さて、ポイントは・・・

インデックスは効率性の高いポートフォリオ

だとすると

「経済における適切な資本配分」は既に実現していてインデックスはそれに乗っている

と考えられますね。


考えたこと


パッシブ(インデックス)は受け身なので適切な資本配分はアクティブ運用の領域でしょう。

アクティブ投資が企業の価値を正しく評価し、経済における適切な資本配分を実現していると考えるべきでしょうか。

そうだすると、アクティブ投資は、全体としては投資が上手くいっていないとおかしいですね。企業価値を正しく評価しているわけですから。

それとも、経済における適切な資本配分は別の力で実現しているので、インデックス投資のように時価ウェイトに従うことがいいと考えるべきなのか。

あるいは・・・

どちらでもないと考えるのか。

ん・・・

もやもや感の残る終わり方ですね。(-_-;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ