怠ける権利

マルクス経済学のカール・マルクスの娘婿にポール・ラファルグという人物がいます。

そのポール・ラファルグのエッセイに「怠ける権利」があります。そこでは資本主義社会の労働について、奴隷的で、効率を至上とする過労を招くと指摘しています。[参照]

1880年のことです。130年前からあまり変わってないですね。 (-_-;

今回は、「『その日暮らし』の人類学」の読書感想文です。


話のネタ元


冒頭のポール・ラファルグの「怠ける権利」ですが、それを知ったのは「『その日暮らし』の人類学」(小川さやか著)を読んだからです。

小川さやか氏は文化人類学者です。

文化人類学とは、私たちとは違う生き方と、それを支える知恵や仕組み、人間関係を明らかにする学問です。興味深いのは学問としての手法です。引用します。

わたしたちの社会や文化、経済それ自体を直接的に評価・批判するよりも、異なる論理・しかたで確かに動いている世界を開示することで、私たちの社会や文化を逆照射し、自問させるという少々回りくどい手法を採る学問ともいえる。


私たちとは違う社会、文化、価値観を学ぶことで、いまの私たちの社会、文化、価値観を見直すことができます。

私はこういうアプローチは大好きです。

知らない世界を知ることで視野が広がっていくのは楽しいですし、自分の価値観に凝り固まるのを防ぐこともできます。


その日暮らし


本の主題は「その日暮らし」です。

明日のこと、将来のことはさておき、その日、その日、いまを生きる生き方をしている社会を取り上げています。具体的にはタンザニアです。

個人や零細のタンザニア人が、中国に買い出しに出かけて自国に戻って商品を売る話があります。先進国では「契約」にもとづく取引ですが、タンザニア人と中国人の間では契約は意味を成さず、知り合いの知り合いで行きついた相手との「信頼」にもとづいて取引が行われます。

信頼とはいえ裏切りはあるわけですし、契約違反による損害賠償は期待できないため、取引は少量が基本です。先進国のように大量一括発注はできないですし、現物を見ないと恐いので電話での注文もしません。

で、それを非効率と思うのは先進国の視点ですね。

本を読んでいくとアフリカでは先進国の商慣習とはまったく異なる知恵、しくみで経済が動いていることがわかります。


均質的な時間


日本を含めてだいたいの先進国では、明日のため、未来のために、いまを犠牲にしている面がある、と文化人類学者はとらえることが多いそうです。

その背景として、先進国では社会は安定し、今日の延長線上に明日があり、明日の延長線上に明後日があり・・・と、均質的な時間の流れを想定できるからです。なので、将来のために長期的な計画が立てられます。

人生もビジネスも。

ところがタンザニアのような国では、今日と明日は違う日で、明後日には何が起きているかわかりません。その日、その時にできる仕事を臨機応変にこなす生き方になります。

本書からの引用では「不均質な時の流れにおいて、機が熟するのを辛抱強く待ち、熟した好機を的確に捉える」ことになります。


思うこと


均質的な時間を想定して、将来のために長期的な計画を立てる。
そういう生き方は、将来に得られる果実は大きいでしょうが、将来のためにいまを犠牲にするという側面もありますね。

不均質な時間を想定して、その日その日、その瞬間に生きる。
そういう生き方は、いまを生きますが、効率性、生産性は低く、物質的豊かさは犠牲になるかもしれませんね。

そんなことを思いつつ・・・

人生の局面において、常にどちらかでいる必要はないんでしょうね。

若いころは長期的な人生設計も考えます。で、ある程度の年齢に至ったら、そこからは将来(老後)の計画は考え過ぎず、その日暮らし的な考え方に少しずつ軌道修正してもいいのかなと思います。

人生、なるようにしかならないですし、大抵のことは何とかなるでしょう。

怠ける権利はさておき
その日その日をゆっくり生きる時間の使い方をしたいなと思います。(^^)

アフィリエイトです


「その日暮らし」の人類学 もう一つの資本主義経済 (光文社新書)

新品価格
¥799から



ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3544:いい本ですね

先日、電子書籍で読みました。

ご紹介文は、趣旨を踏まえており、
だいたい適切な紹介であると思いました。

ただ、
未来というのは、現に存在せず、一種の妄想であるという
視点は、少なかったように思いました。

2017.08.20 01:11 なまけもの #- URL[EDIT]
3545:

※3544:なまけものさん
ありがとうございます。いい本ですよね。

新書版で読みやすい中にもフィールドワークの事例があって、タンザニアの経済状況がわかりやすかったです。
未来についてはそうですね。話はずれるかもしれませんが、未来は一種の妄想、その妄想に囚われる度合いは日本とタンザニアでは違うのかなと思います。(^^)

2017.08.20 18:47 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する