「貯蓄から投資へ」から、「保険から投資」へ?

貯蓄性の保険は止めて投資しましょう、という記事を見かけることが増えました。

時代は、「貯蓄から投資へ」から、「保険から投資へ」に移っているのでしょうか・・・

今回は、保険と投資についての雑感です。

なお、基本的な考えとして、保険は必要な種類の保険に、必要なだけ加入するのがいいと思ってます。


保険を解約してiDeCo?


「『貯蓄型保険』には入らないほうが良い理由」という記事があります。[外部記事]

率直な感想ですが、貯蓄性保険は有無も言わさずダメで、iDeCoやNISAは誰にとってもいいもの、という前提が強すぎるなーと感じました。

本来、その人の置かれている状況で最適な方法は違うと思うのですが、おそらく誰がどんな状況で相談しても結論は同じで、保険を解約してその分をiDeCoやNISAで投資しましょうとなる気がします。

それでいいの?

という気がしました。


保険のあれこれ


まず保険に入り過ぎているのはデメリットですよね。

月払い保険なら長期的に資金拠出をコミットしないといけないので、家計の資金繰りが硬直化する恐れがあります。それに、死亡保障など保険本来の部分では、加入者が全体としては損する仕組みなので掛け過ぎは避けたいです。

で、貯蓄性保険を途中までやっている人はどうしたらいいでしょう。

元記事は保険に加入して1年という設定なので解約しても傷は浅いのでしょうが、では、加入歴が長い人にはどうアドバイスするのという問題も出てきます。なので以降は加入歴はニュートラルに考えます。

解約すると元本割れするのはデメリットです。安易に解約をすすめられるものではないと思います。

家計の資金繰りを圧迫している度合い、死亡保障の水準が大きすぎるのか否か、いま解約したときの受け取れる金額、今後の家計の資金状況、などによって答えは変わってきます。

少なくとも
それぞれの保険ごとに続けた方がいいのか、解約の方がいいのかを比較検討すべきですよね。

その際、
「4%で運用できたとすれば」とか、「複利で」とか、投資する方が圧倒的に有利になる前提は置かない方がいいですよね。


保険から投資へは、問題ないの?


今回引用した記事でもそうですし、過去記事「『なぜ保険に入ってはいけないのか?』が気になりました」でもそうですが、保険と投資を同列比較していいのか疑問です。

私は貯蓄性保険の投資採算性を考えるに、投資との単純比較はできないなーという思いを強くしています。

・保険を全部解約して、それでiDeCoやNISAで運用しましょう
・保険は必要ないから、その分を積立投資しましょう

というアドバイスは、相手の状況によっては不適切になりますね。

保険と投資では機能もリスクも違いますから。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する