相場が動き出してきた気がします

地政学的リスクの高まりで円高・株安気味です。

相場が安定した状態が長く続いたので、ボラティリティの高まりには要注意ですね。乾燥した日が続くと山火事が起きやすいです。

今回は、相場の雑感です。


注目は為替市場


いま注目しているのは為替市場です。

4月の水準を下回って、107円台の円高になると雰囲気が変わるかなーと思ってます。

円高になるのはリスクが高まっていることの裏返しでしょうね。リスクとは軍事的、政治的、経済的なものがごっちゃになってのリスクです。

米国は利上げ局面にあります。その割には長期金利は低下気味です。債券市場は、この先の景気を強くは見ていないということでしょう。

なので、為替市場では円高気味、債券市場は金利低下気味。

でも米国株式市場は強かった、という状況です。


長期的には右肩上がりかもしれませんが


ここ数年の市場の活況を受けて投資する人はもう投資しちゃってますし、早い人はある程度ポジションを落としているでしょう。これからは追加的に投資する人を獲得するのは大変でしょうね。

投信の資金流入を見ても鈍化しているように見えます。

投資家はだいぶ飽和状態。

そんな中で為替市場ではリスクの高まりが意識されていますし、債券市場を見ると景気に強気なようには思えません。

投資家、為替市場、債券市場の全体感からは、この先の株式市場は警戒的に見ておきたいです。


ボラティリティの高まりは要注意


ボラティリティの高まりはそれ自体がリスクを増します。

リスクが高まると投資量を減らして全体のリスクを減らそうとする投資法があります。「SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチ ファンド(愛称:あんしんスイッチ)」は分かりやすい例です。

株価が下がってボラティリティが高まると、プロテクトラインを割り込む確率が高まります。

割り込むと困るので、投資量を減らす(株式を売る)ことでプロテクトラインを割り込む確率が高まらないようにします。

株価が下がっていくと、それに応じて株式を売ってリスクを落としていく取引が出てきます。下げが下げを呼ぶ、売りが売りを呼ぶ状況ですね。


アノマリー


リーマンショックは2008年の9月
ロシア危機は1998年の8月(アジア通貨危機は同年7月)
ブラックマンデーは1987年の10月

だいたい10年前後を1サイクルとして暴落が起きています。

しかも、夏から秋ごろなんですよね。

まあ、ランダムウォーク理論では過去の実績は将来の予測には役に立たないのですが、私はそこまでファイナンス理論を信奉しているわけではありません。

相場も人の営みですからね。

人の常として「歴史は繰り返す」という面もある気がします。

暴落は繰り返す、を待ち望んでいるわけじゃないですけど・・・(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する