アラジンと魔法のランプ アラジンは中国人?

アラビアンナイトの本を読んでます。

意外な発見があって面白いです。

アラビアンナイト(千夜一夜物語)には有名な話も多く、「アラジンと魔法のランプ」、「シンドバッドの冒険」、「アリババと40人の盗賊」などがあります。

ところが、オリジナルのアラビア語版は282の話しかなく、これら有名な話は入っていないそうです。

ちなみにアラビアンナイトは、サーサーン朝ペルシア(226年 - 651年)時代に生まれました。日本だと弥生時代、卑弥呼の没年(248年)から、飛鳥時代、646年の大化の改新あたりに重なります。


アラジンと魔法のランプ


当初版には登場しないアラジンですが、まあそれはそれとして話を進めましょう。

いま読んでいる本では

「今は昔、中国のある町にアラジンという少年がいた。父親のムスタファは仕立屋をしていたが、息子のアラジンは遊んでばかりで、一向に家業を継ごうとはしない」

というところからスタートします。

で、アラジンに魔法使いが近づく様子を描いた挿絵

936_araddin_01.png
(本から引用)

なにかとエキゾチックな風景ですね。

私が思っているアラジンとイメージがだいぶ違います。

それに、魔法使いの履いているのは下駄でしょうか。(´゚д゚`)


挿絵を見ているだけでも


今回読んでいるのは挿絵が豊富な本です。

もうひとつ挿絵をご紹介します。

936_araddin_02.png
(本から引用)

幻想的な挿絵ですね。

オリエンタリズムに憧れを持つ西洋人が描いた挿絵だから、幻想的で異国情緒満載なのかもしれません。

読んでも見ても楽しめる本です。


アフィリエイトです


新装版 図説 アラビアンナイト

新品価格
¥1,944から


ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する