今日は一日、将棋を見てた

佐々木勇気五段と藤井聡太四段の対戦を見ていました。

なかなか面白かったです。

中盤、佐々木五段が6八にいた玉を5八に移した一手が好守でした。解説者の藤井猛九段が、「好守かどうかは後になってみないと分からないけど、勝負手ですね」という趣旨の解説をしていました。

あ、解説者は西尾明六段と藤井猛九段が交互に担っていたので、もしかすると西尾六段の解説だったかもしれません。

最近、記憶力の低下が・・・


小さいころの思い出


じつは私は将棋のルールは知っていますし、小さいころは父親を相手に指したりもしました。

勝った覚えはありませんが。(^^;

6枚落ちで挑んでも軽く負かされました。

途中は手加減しても最後の勝敗は譲ってくれなかったです。

父は子供相手にわざと負けることはしなかったです。いま風の物わかりの良いパパとは違って、変なところで頑固なところがありました。とはいえ、星一徹タイプでもないですけどね。

小さいころ将棋をちょっとやったことがあるので、このところの藤井ブームでにわかに将棋ファンになってます。


藤井九段


藤井九段は飄々としてますね。

面白かったのは藤井九段がかつて竜王位を獲得したときの話です。タイトル戦に挑戦して、タイトルを獲得したのは1回だけだそうです。竜王位の防衛には2期成功しているのでタイトル在位は3期ですね。

タイトルを称するには、奪取するか防衛するかです。

で、藤井九段はタイトル戦は挑戦者となって奪取するのがいい、という話をしていました。

防衛したのとは違うんだそうです。

そういう考え方はいいですね。


西尾六段


西尾六段の解説も好きです。

取りうる手が複数あるときの解説が分かりやすいです。

Aの手を指したら、こうなって、次にこうしたら、こう切り返されるから、あぁ、この手は駒損でダメですね。だから、Aの手は無いとすると、戻って、Bの手を指したら、こうなって・・・

と、順を追ってゆっくり説明してくれるので付いていきやすいです。

あと、三浦九段の一件のときは終始、冷静でフェアなスタンスだったと思います。いい人なんだろうなーという感じがします。


今日は一日、将棋を見てた


今日はわりと長いこと将棋の中継を見ていました。

最初から最後まで、途中で用事を済ませたりしましたが、ほぼ一日かけて将棋を見たのは初めてです。竜王戦トーナメントなので持ち時間が長く、ゆっくり時間が流れている感じがいいです。

聞き手の塚田恵梨花女流棋士のツッコミも鋭かったですし、高浜愛子女流棋士のほんわかした感じもよかったです。


余談ながら


藤井四段は、上着を脱いでシャツ姿で対戦していました。

終盤で攻めているときは前傾姿勢で、盤面に挑みかかる感じです。

で、最終盤、負けを悟ったところで上着を着ました。

途中までは諦めずに闘争心を全開にして、最後は身支度を整えて投了する。

いいですね。

趣味としての将棋観戦はありだなーと思いました。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する