SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチ ファンドの投資判断

SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチ ファンドについて考えてみました。

このファンドは日経でも「個人向け投信、損失限定 三井住友銀」として取り上げられました。[外部記事]

今回は、SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチ ファンド(愛称:あんしんスイッチ)についてです。


SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチ ファンド


まず、このファンドの有価証券届出書を見てみました。[EDINET]

思ったのは・・・

このファンドが魅力的かどうかは、このファンド内でどのくらいのリスクを取るかだなー

ということです。

たくさんリスクを取ってくれれば魅力的ですが、あまりリスクを取らないようだと魅力は低下します。


ファンドの運用戦略


おそらくCPPI(Constant Proportion Portfolio Insurance)の戦略を取るのかなと思います。

CPPIはポートフォリオ・インシュアランスと呼ばれ、相場が下落する(損失が増えていく)局面ではリスクを落として、損失を一定限度に収めようとします。逆に相場が上昇する局面ではリスクを引き上げていきます。

当ファンドは、当初の基準価額10,000円に対するプロテクトラインが9,000円です。基準価額が上昇するとプロテクトラインも引き上がるのですが、とりあえず投資してすぐに基準価額が下がることを考えましょう。

投資してずるずる下がる局面ではリスクを落としていき、基準価額が9,000円に近づくところでは、リスク量はだいぶ小さくなっていると想像できます。

繰り上げ償還するケースでは、基準価額9,000円を守るためクレディ・アグリコルの保証が付きます。


保証料の0.22%の妥当性


クレディ・アグリコルの保証は、リスクを取ったまま下落した分を無制限に保証するのではなく、だいぶリスクを落とした後で9,000円を下回った分を保証する意味合いが強いでしょう。

なので、プットオプションのプライシングがそのまま使えるわけではありません。しかも、プレーンバニラのプットオプションではなく、途中で9,000円を下回ったらそこで終わる(時間価値が前途無効になる)オプションです。

とはいえ、参考までに

ボラティリティが5%で期間1年、リスクフリーレートはゼロ、配当は考えない、権利行使9,000円のプットオプションの価値は

原資産10,000円に対して、3.01円 (0.03%)です。

これに対して保証料0.22%は払いたくないですね。


保証料はリスクの対価


ボラティリティが10%なら、要はそれだけのリスクを取ってくれたら、そのときのオプション価値は

原資産10,000円に対して、71.2円 (0.71%)です。

これだけリスクを取ってくれるなら保証料0.22%はいいですね。

保証料0.22%は、どれだけのリスクを取ってくれるか、そのリスク量に対する対価だと考えるのがいいと思います。


どのくらいのリスクを取るか


届出書からの抜粋です。

900_protectionfund.png

これを見ると「短期金融資産等」と「債券」が多いですね。

外貨資産は為替ヘッジを原則とするので全体的にはリスクは抑え気味な気がします。

繰り返しですが、SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチ ファンドは、このファンドがどのくらいのリスクを取るかによって魅力的かどうかが決まります。

あまりリスクを取らないのなら、9,000円を割るリスク(10%下落のリスク)はそもそも可能性が低いわけですし、逆に、それほどリターンも期待できないということですから。

どのくらいのリスクを取るか。どのくらいのリターンが見込めそうか。それに対して信託報酬(保証料を含む)は妥当か。

3つの面から検討したいですね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3435:そこまでしなくても

一般の人は国内債券ファンドくらいにしといた方が良いと思うんですけどね。
-10%って文字にすると大した事無いように思うかも知れませんが、実際に減らしてみると結構堪えますから。。。

たぶん過剰分配ファンドが売りにくくなったのでこんなのが出てきたんでしょうけど、次から次へとよく考え付くものです。


2017.06.17 16:54 ニャーゴ #- URL[EDIT]
3436:

※3435:ニャーゴさん
-10%って意外に大きいですよね。
それにしてもいろいろ考えますね。

2017.06.18 17:47 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する