コストは私にはスタートだったの、あなたにはゴールでも

入梅前ですが、夏を感じる日がありますね。

今回のタイトルはJ-WALK「何も言えなくて・・・夏」のパクリです。

今回は、投資のスタートとゴールについて。


スタートとゴール


ある地点をスタートと考えるか、そこをゴールと考えるか。

その視点は大きな違いを生みます。

たとえば入試です。

目指す学校に入学できたとして、それをゴールと考えるか。それとも、そこからがスタートと考えるかは大きな違いです。入試に限らず就職でも同じですね。

ゴールならそこで終わり。

スタートならそこからが始まりです。


筆者が正しいと思うこと


気になるウェブ記事がありました。引用します。[外部記事]

教材に、仮に、「投資信託の選択では、手数料が最も重視すべきファクターであり、『手数料は高いけれども、運用が上手いアクティブ・ファンド』というような都合のいいものを選ぶ方法はありません」と正しいことが書いてあっても、金融機関の投資教育係が、これを適切に伝えるとは、とても思えない。


「正しいこと」かどうか・・・

慎重を期すなら、

「筆者が正しいと思うこと」

とすべきですね。


コストはゴール?


さて、記事の筆者が正しいと思うことが、「投資信託の選択では、手数料が最も重視すべきファクター」であるとします。

世の中にはコスト至上主義、コスト絶対主義の考え方もありますが、私はその考え方には違和感を覚えます。

コストの低い投資信託を選ぶことが投資のゴールと錯覚する人が出てくるからです。

コストの低い投資信託を選べばそれでいいと思ってしまい、それ以上は考えない。そうすると実質的には思考が停止するゴールイン状態です。

一方、コストを考慮するのは投資のスタート地点という考えもあります。リターンを考えて、リスクを考えて、コストを考えて、それで投資がスタートし、継続するという考えです。


少なくとも4ファクター


投資を考えるには少なくとも4つのファクターがありますね。

1. 期待リターン
2. リスク
3. リスク回避係数
4. コスト

1は予想できない、2はよく分からない。3は投資家によって異なる。だから投資信託の選択ではコントロールできる4だけに注目すればいい。

一見するともっともですが、リスク資産に投資する以上、その考えは1から3を軽視(あるいは無視)したものです。


投資理論では


現代ポートフォリオ理論では、投資の効用を平均分散型効用関数として、次のように定式化します。効用とは満足度みたいなものです。

U = E - λVar - C

Uが効用(Utility)、Eが期待リターン(Expected return)、λがリスク回避係数、Varがリスク(Variance)、Cがコスト(Cost)です。

この式の意味するところは、

期待リターンが高くて、リスクが小さく、コストが低ければ、満足度は高い

という、自然な感覚を表しています。

なお、リスクの感応度は人によって違うので、そこはλ(リスク回避係数)で調整します。EとVarとCは投資信託によるファクター、λは投資家によるファクターです。


投資してからがスタート


コストはいくつかあるファクターの一つに過ぎません。最も重視すべきファクターなのかどうかは、人によって重み付けは違うでしょう。コストは大事ですが、大事なものはそれだけではないですね。

コストの低い投資信託を選ぶことで満足し、思考的にはゴールイン状態になるか。

リターンを考えて、リスクを考えて、コストを考えて、それで投資がスタートし、継続すると考えるか。

どちらも一つの考え方ですね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3383:

積み立てNISAは20年間投信を変更できない事になっています。つまり積立開始した時点でゴール、とらさん的に言えば思考停止的に積立ていく事になります。だからこの場合はヤマゲンさんの方が正しいですね。ゴールで何が悪いの?むしろゴールとして考えなければならない訳です。

2017.06.06 19:58 さいもん #- URL[EDIT]
3384:

自分が正しいと思っている人は、よっぽどのことがないと意見を曲げません。コストが安ければ何でもいい(極論!)と言っている人がいるなら、へぇ、そうですか~、と思っていればいいと思います。私は、投資やその教育なんかより貯める体質を作る事が大事だと思っています。別に金融教育なんてしなくたって、する人は自前で勉強するでしょうし。放っておけばいい。

必然とならなければ投資教育なんてしたって意味ない。必然なら誰かに言われなくたって勉強する。これは投資教育に限らず、すべてに言えると思っていますため。※国語や算数は基礎なので別と考えていますが。

2017.06.06 20:46 煙々 #RaJW5m0Q URL[EDIT]
3385:

こんばんは

スタートがゴールであるよりゴールが次のスタートの方が良いです。人生、常に新しいスタートを探す旅の方が楽しいでしょうから。
だだ、資産運用が全く好きでないなら最初で終了?な積み立てNISAも良いものかもしれません。

ちなみにコストを突き詰めれば投信なんて考えずにキャッシュ一択ですね。(笑)
元金は保証されるしデフレで実質金利が株より良いかもしれません。(最近20年程度で見ればそうですよね...)

2017.06.06 22:03 yazirobe777 #- URL[EDIT]
3386:

お邪魔します。
>コストは大事ですが、大事なものはそれだけではないですね。

山崎さんの話は視野が狭くて子供っぽいです。その点とらさんのブログは大人の雰囲気です。コストが大事だで終わるのは子供で、大事なのはそれだけではないと言えるのが大人ですね。

「何も言えなくて・・・夏」は懐かしい歌でした。思わずコメントしたくなりました。

2017.06.06 23:18 mmm #ENvXJ/Og URL[EDIT]
3387:アドバイスをしたい人

私の中ではコストはとても大きいものです
コストを意識するあまり、投資信託を買えずにいますw

しかし それは私にとっての正しいでしかないです
アドバイスって本当に大変なことです
でもアドバイスをしたい人は世の中にごまんといます
アドバイスを受けたい人も同じ数だけいるかは微妙ですが


2017.06.07 07:50 消費しないピノキオ #0bEIyvWM URL[EDIT]
3390:

※3383:さいもんさん
積立を開始したときがゴールという考えもありですね。

ただ、私は途中で止めるという選択肢は放棄できないなーと思うので、やはりスタートで継続していくものとして考えます。
正しい、正しくないの問題ではなく、単に考え方の違いなんでしょうね。(^^)

2017.06.07 14:27 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3391:

※3384:煙々さん
そうですね。コストに対する考え方は人によって違うので、極論でもそれが良いと思っているなら尊重すべきなんですね。

金融教育は、する人は自前で勉強するでしょうね。その際、できるだけ穏当なテキストで勉強すべきだなと思います。中にはポジショントークが強すぎるのもありますね。

2017.06.07 14:36 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3392:

※3385:yazirobe777さん
おっしゃるとおりですね。一つのゴールが次のスタートになるのが楽しいですね。

コストを突き詰めればキャッシュ一択ですね。(^^)
最大のコスト削減は、投資をしないことですね。

2017.06.07 14:40 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3393:

※3386:mmmさん
コメントありがとうございます。
山崎氏は軸がぶれない一点突破型なのかなと思います。
コストの重要性はその通りですが、リスク資産への投資はコスト以外にも重視すべきファクターはありますね。

「何も言えなくて・・・夏」は懐かしい歌です。(^^)

2017.06.07 14:44 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3394:

※3387:消費しないピノキオさん
コストは大事ですね。
いまの状況で、コストを負担して、リスクを取って・・・と思うと、私も投資できずにいます。(^^;

アドバイスはそうですね。需要と供給のバランスは悪そうですね。

2017.06.07 14:51 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3397:

どうも積立てNISAの議論や経緯を無視して、切り取って批判しているように聞こえるのですがどうでしょうか。

どっちでもいいですね、考え方の違いですね、というのは元記事からすると意味の分からない批判では?

2017.06.07 19:21 さいもん #- URL[EDIT]
3398:

※3397:さいもんさん
ご指摘ありがとうございます。
意味の分からない批判をしているつもりはないのです。
とはいえそのように思えたのなら、私の文章力が足りていないということですね。

2017.06.07 23:33 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3400:

こんばんは

確かにコストの考え方や積み立てNISAの考え方は個人差が大きいですね。
コストに敏感であるべきだとは思いますが、行き過ぎると機会損失に繋がりかねないとも思います。

積み立てNISAも最初がゴールなのでしょう。

それが最初に熟慮の末の決定なら良いのですが、場合によってはご指摘のように思考停止に落ちります。
投信の基準価格のみ追えば値上がりすれば売りたくなるし、暴落したらもっと売りたくなります。(笑)
そんな時適切判断ができるリテラシーが育っているば良いのですが、思考停止なら最悪の選択を行いかねません。
基準価格の変動は初心者には耐えがたいと思いますので、
できれば最初をゴールにせずにはじめの一歩にして欲しいものです。

でもこの積み立てNISA恐らく金融庁が厳選した投信を積み立てるのが基本だと思われますが、
それでも値上がりを保証したものではありません。

投資は自己責任なので・・・

その世界をお上とはいえ厳選するというがその責任は???とも考えます。

ありがちな予想では
鳴り物入りで始まった積み立てNISAも20年後の結果は多くが基準価格がほぼ変わらないイーブンで終らないかなと思います。
(もちろん商品選択によりますが...)
「まあ、損はしなかったから良かったかな?」とかならなけれなと危惧します。

一時期はやった元本保証型の投信もおおむねイーブンで終わり消えていくものが多かった気がします。
積み立てNISAが罪立てNISA(笑)に鳴らないことを祈りたいです。

2017.06.08 21:15 yazirobe777 #- URL[EDIT]
3403:

※3400:yazirobe777さん
考え方の個人差は大きいと思いますね。
お上のお膳立てはいいと思いますが、最終的には自己責任ですね。
いまの金融庁長官が20年後も長官に留まっているはずがなく、世界の経済状況が大きく変わっているかもしれません。それに、投資家の考え方も変わるでしょう。最初をはじめの一歩にするのが私もいいと思います。(^^)

2017.06.09 21:39 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3406:

個人的にコストに敏感であるべきですが、それだけだと
何らかのリスクが増大する可能性があるじゃないかと思います。

まあ、今までの投信が酷かった反動なのでしょうが・・・

2017.06.10 00:03 yazirobe777 #- URL[EDIT]
3408:

※3406:yazirobe777さん
そうですね。コストは大事ですが、それだけではないと思います。

これまでの投信が酷いのはありますね。その反動でコスト最優先となるのは理解できますが、それもまた行き過ぎると逆の意味で個人投資家の幸せにはつながりにくい気がします。

2017.06.10 13:15 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する