日経の「テーマ型投信、どう付き合う?」に思うこと

テーマ型投信は評判悪いですね。

テーマ型、毎月分配型、多階建て投信は批判の対象になりやすいです。テーマ型で通貨選択型にしてカバードコールをつけて毎月分配にしたら、まず批判されるでしょうね。

理由はコストが高いとか、回転売買の材料にされるといったものです。投資信託が個人の長期的な資産形成に資することなく、金融機関の手数料稼ぎに使われる、というのが大方の理由でしょう。

今回は、個人の長期的な資産形成に資する投資信託についての雑感です。


テーマ型は長期投資に向かない?


日経ウェブに「テーマ型投信、どう付き合う?」という記事がありました。[外部記事]

検討したい点はいくつかあるのですが、今回は、テーマ型投信が長期投資に向かないという論調を取り上げます。日経は「金融庁はテーマ型投信のブームには警鐘を鳴らしている」としています。

金融庁が警鐘を鳴らす理由を整理すると、

1. テーマ型投信は中長期で保有し続けるよりは、旬を見極め短期間で売買益を確保することが重要なため、個人投資家には適さない。
2. テーマを追い掛け、投信を乗り換えさせる売り方に使われる。

となります。さて、どうでしょう。


論点整理


テーマ型投信の論点として、

1.テーマの持続性や優位性といったファンドの本質的な問題と、
2.金融機関の手数料稼ぎの道具になっている

という、次元の異なる問題をごっちゃに論じているので分かりにくいです。

で、論点を分かりやすくするために、1ファンドの問題と、2販売側のスタンスとを分けて考えましょう。


長期的な投資に向く投信とは?


まずファンドの問題です。

私が強い違和感を持つのは、長期的な投資に向く投信とは何かを定めないままに、テーマ型投信を販売側の視点で「短期売買に適する商品」としている点です。

長期的な投資に向く投信とはどういうものか。テーマ型投信はなぜ、投資する視点で長期的な投資に向かないと言えるのか。

その点の整理がないです。

次に販売側のスタンスを考えます。

現実的な姿として、販売側としては、インデックス投信の回転売買をすすめる販売員はいないでしょう。しかし、テーマ型は回転売買させやすいという現実はありますね。

その点に問題がありそうです。


テーマ型が長期投資に向かないというのは


どうやら、テーマ型が長期投資に向かないというのは、ファンドに内在する本質的な問題ではなく、

・販売会社が短期売買のツールとしているから
・投資家がそれに乗っているから

という点を反映させた論調に過ぎない気がします。

実際、テーマ型でも、日経で取り上げられた「グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド」は、長期的に保有していて報われたファンドです。

ファンドの問題ではなく、販売側と投資家のスタンスの問題として整理すべきですね。


思うこと1


テーマ型投信を金融庁が問題視しているとして、そのポイントは販売会社と投資家側にあるように思えます。ファンドの問題なのか、販売会社と投資家のスタンスの問題なのか、そこは分けて論じたいですね。

で、ファンドの問題を論じるなら、長期的な投資に向く投信とは何かを定めるところから始めるべきでしょう。


思うこと2


テーマ型投信をことさら擁護するわけではないのですが、

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
販売会社のスタンスが気に食わなければファンドも気に食わない

に陥ることなく、

坊主を憎んで袈裟を憎まず

で行きたいものです。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3331:そもそも

個人は長期でしか資産形成を考えてはいけないのか?
なぜ短期で売買益を出すのが個人に適さないのか?
投信じゃなきゃいけないのか?
金融機関が手数料で稼がなくていったい何で稼ぐのか?
等々、疑問点が浮かんできます。

売る方にも買う方にも問題はありますが、金融庁が個別の商品についてまでどうこう言うのは大きなお世話ですね。
低コストな商品を長期で保有すれば、必ず資産形成が出来るみたいな誤解も生みそうです。

2017.05.21 20:24 ニャーゴ #- URL[EDIT]
3332:

※3331:ニャーゴさん
そうですね。長期が良くて短期が良くないというのは一つの見方に過ぎませんね。絶対的なものではないと思います。

金融機関が手数料で稼ぐのは私企業として当然の行動原理ですし、顧客の受けのいい商品を出すのも私企業なら当然ですね。

金融庁長官は「異色の官僚」というよりは、箸の上げ下ろしまで指示する「古いタイプの官僚」という気もします。低コストで長期は悪くない方法だとは思いますが、過信してはいけないですよね。

2017.05.21 22:24 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3343:

そう言われるてみると論点が異なる2つを一緒にしていますね。
例えると、仕事のミスを指摘するのに相手の性格を批判し始める…、ちょっと違うか。

現状、金融機関のお得意様は高齢者が多いと思うので、30年後は倍になってますよ~、な商品ではミスマッチじゃないでしょうか?

そこのところ、金融庁の方も明確に意識した上で指導するなら指導してほしいです。
だいたい、投資?博打か絶対損するでしょってイメージが一般には強いので、なかなか誘導するのは難しいのでしょうね。
問題を金融機関に押しつけても…。
農水省がピーマン1個20円以上で売るなとか指導しないし…。

考えると全体の底上げってなかなか難しいし、個々人が商品を理解するよう、勉強するしかないかと…。

また金融庁は、投資で増やすやり方として複利を説いて、だから分配金再投資をするべし、と謳っているとか。
それも年を経るにつけ、変わると思いますけど。
確かに、昔の預金やMMF等で複利効果を実感しました!が元本割れがないものとは違うし。

勉強の機会を与えてくれる方がいいような気がしますが、それも難しいのでしょうね。

ダラダラと書いてしまいました。
好きにやらせて欲しい、が希望です。

2017.05.26 20:43 みずほ #- URL[EDIT]
3346:

※3343:みずほさん
そうなんです。関係のないものを結び付けて批判しているように思えます。
金融庁のスタンスもどうかなと思います。それで本当に個人投資家の底上げにつながるのか疑問です。金融庁長官の言っていることは正論なんですが、教条主義的すぎると思います。

好きにやるのが一番ですよね。

2017.05.26 21:22 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する