生活保護者 調剤薬局を1カ所に限定の記事に思うこと

生活保護者が使える調剤薬局を1カ所に限定する案がありました。[外部記事]

ちゃんとやった方がいいよね、と思える記事です。

今回は生活保護と医療費について


医療費抑制


厚生労働省が、生活保護受給者が利用する調剤薬局を1カ所に限定する方向で検討に入ったとのことです。複数の薬局から重複して薬を受け取るのを防いで生活保護費を節減するのが狙いです。

生活保護者が向精神薬を重複して受け取って、転売している不正があります。

参考記事:生活保護でタダで入手の向精神薬を転売 [外部記事]


生活保護者と医療費


生活保護費の半分は医療扶助が占めています。

食費や居住費に匹敵するくらい医療費がかかっているんですね。高齢であったり、肉体的、精神的に病気を抱えているから十分に働けず、生活保護に頼るケースは多いでしょう。生活保護者は、一般的な世帯より医療費がかかるとは思います。

でも、それにしても多いですね。

不正は減らしていかないといけません。

今回の調剤薬局を1カ所に限定する案は、不正を減らすための第一歩ですね。


思うこと


生活保護費の不正受給や、医療扶助の制度を悪用した不正は厳重に取り締まるべきですね。

不正に受給したり制度を悪用したりする人がいることで、本来なら福祉が行き届くべきところに行き届かないこともあるでしょう。国の財政は余裕がないですからね。

生活保護受給者数は約214万人。医療費は2015年度実績で1.8兆円だそうです。

1人あたり年間84.1万円。

ちなみに、国全体では1人あたり医療費は32.7万円です。[参照]

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3285:

憲法を全面に出して、最低限度の生活など生活権を主張する憲法学者がいますけど、
本来、生活保護って、生きられない人のためのセーフティーネットなはずなので、
最低限度の生活を憲法学者のように過大解釈することなく
現物支給や現物住居として空き家を無償提供するなど
してもいいはずなんですが・・・
どうしても憲法学者や左巻きの新聞が大騒ぎするので
変えることが出来ないですね・・・
(受給者の大部分があちらの人なので仕方ないですがw)

2017.05.06 10:26 freeflyfisher #- URL[EDIT]
3286:

1割負担でいいと思うのですよ。それだけで。
※生活保護者を1カ所に集める!そっちのが効果的かも

2017.05.06 11:21 煙々 #RaJW5m0Q URL[EDIT]
3288:

生活保護を受ける人は医療にしても嗜好品にしても
受けていない人たちよりもっと制限があってしかるべきだと思います。
生活の全てを税金でまかなっているわけですから、
生活にそれなりの制限があるのが当たり前でしょう。

何なら収支報告書を自治体宛に出して貰っても良いくらい。
税金で生活する以上何にいくら使ってるかは
納税者として逐一チェックしたいです。

それができない(嫌)ならやはり支出に何らかの制限を設けるべきですね。

2017.05.07 07:38 塩蔵 #- URL[EDIT]
3289:

※3285:freeflyfisherさん
そうですね。現物支給や現物住居でもいいと思いますね。
生存権の保障をどのレベルで、どのような手段で行うかの議論は本来は必要ですよね。

2017.05.07 11:36 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3290:

※3286:煙々さん
生活保護者にも自己負担を求めるのはありですね。
あと、生活保護の不正受給が発覚したときの罰則を強化するのもありだと思います。

2017.05.07 11:41 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3292:

※3288:塩蔵さん
そうですね。医療にしても、必要な最小限の医療であるべきですね。
現金支給とその後の使い方についても改善の余地はありますね。

2017.05.07 11:52 小黒とら #/unZulP6 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する