NHKでやってた預金封鎖 現実味は・・・?

昨日から書いている預金封鎖の話ですが、いまの日本では起きないと考えて大丈夫だと思ってます。

預金封鎖はいまの日本ではありえません。

前回、納税額シミュレーションとかやってましたが、すみません、単なるシミュレーションです。実際に起きることを前提にした試算ではありません。

今回は、なぜ、いまの日本では預金封鎖は現実的でないのかについてです。


69年前といまとで違う点


69年前の預金封鎖は、戦後のどさくさだからやれたのです。現行憲法の施行前のできごとです。

現日本国憲法では
84条「あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする」
29条「財産権は、これを侵してはならない」
とあります。

ある日突然、「預金を封鎖しまぁ~す」とはいかないのです。

国民から税金として預金をを取り上げて国庫に納めるには、法律が必要なんです。それに日本では私有財産が保護されてますから、いくら政府とはいえ無茶なことはできません。

ということで、預金封鎖をする準拠法がないので、できないのです。


預金保険法では?


預金保険法では、一定の条件の下で内閣総理大臣が金融危機対応会議を開いて「預金を封鎖する」ことはできます。

ですが、金融危機対応会議による預金封鎖は、金融機関が破綻懸念があるか、すでに破たん状態にあるときの取り付け騒ぎに備えるための措置で、あくまで個別の金融機関の問題です。

金融危機対応会議を開いての預金封鎖と、国民から財産を取り上げる69年前の預金封鎖とは、まったく違うものです。


日本が法治国家である限り


日本が法治国家である限り、預金封鎖は現実味がありません。

消費税の税率を8% → 10%にするのも大変なのに、預金封鎖のような大掛かりな財産税が法案として通るはずがありませんね。

なので、預金封鎖は心配しなくて大丈夫でしょう。

それにしても、なぜNHKは預金封鎖の話題を取り上げたんだろう・・・ 不思議です。今日のNHKは中国人の爆買いですね。中国人の爆買いもいいんですけど、中国経済の危険なところも取り上げて欲しいなぁ~と思います。

日本は財政破綻
中国は爆買い

ステレオタイプすぎでしょう。

脱線気味なのでこれくらいにしておきます。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 
2380:

ということは、憲法に緊急事態条項ができれば、可能になるということですよね?

2016.07.15 17:24 三沢 #z8Ev11P6 URL[EDIT]
2386:

※2380:三沢さん
コメントありがとうございます。
そうですね。広く国民全体の財産権を侵害する預金の接収が可能になるかどうかは、緊急事態条項がどんな条項になるかによると思います。

2016.07.15 21:24 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する