コツコツ投資が報われるかどうかに思うこと

日経ビジネスに「『コツコツ投資が報われる』って誰が言った」という記事がありました。[外部記事]

個人型確定拠出年金(iDeCo)が拡大され、積立NISAも導入される流れにあって、「官民挙げて推奨されているが、素直に従って良いものだろうか。いくつか気になる点もある」と問題提起しています。

今回は、この記事について


今の株価は買いか?


日経平均で20,000円近く、NYダウで21,000ドル台は、まあ高値圏かなと思います。

今後の上昇余地が大きいか小さいか。今後の下落余地が大きいか小さいか。そのバランス感で言えば、いまこのタイミグで投資を始めなくてもいい気がします。

なので、「20~30年の視点でみると、いま投資を始める必要性はあるだろうか」という疑問点に違和感はありません。


コツコツ投資は現実的か?


長期的なドルコスト平均法をどう考えるかですね。

私は「長期的なドルコスト平均法は極めてストイックで経済的に合理的な人間を前提としている」との意見に同感です。

下落局面での積立投資は、先月買った分が今月は含み損になり、今月買う分は先月の分と合わせて来月にはさらに含み損が重なることになります。

初志貫徹するには、かなりの辛抱を強いられる局面もあるでしょう。

その覚悟があるなら最後まで貫けばいいのです。問題なのは、ドルコスト平均法なら購入タイミングが分散されて大丈夫、みたいな安易な気持ちでやってしまうことですね。

で、わりと軽い気持ちでドルコスト平均法を始めた人が、その後に初めて遭遇する暴落に耐えられるか。

もう株はコリゴリと言って離脱する可能性もあります。

元記事の「NISAやiDeCoをきっかけに投資を始めた人々が、今後30年同じ銘柄に投資を続けるなんて不可能に近い」という意見は、「同じ銘柄に」投資し続けることではなくて、むしろ、今後30年「同じように」投資を続けることが可能かを論点にすべきなんでしょうね。


同感ポイント


記事を引用します。

もちろん個々人が資産形成を考える事は大切だ。公的年金だけでは老後生活を支えられなくなる時代はやってくる。しかし、それは政府や証券会社に急かされて始める事では無い。


この点、同感です。

iDeCoは年金ではあるのですが、その特徴は自分で考えて資産運用する点にあります。積立NISAや一般的な証券投資もそうですね。自分で考えてリスクを取ります。

自分の資産運用ですから、「政府や証券会社に急かされて始める事では無い」です。それに積立投資にはメリット、デメリットがあります。比較衡量してから始めても遅くはありません。


思うこと


コツコツ投資が報われるかどうかは、後になって分かるものでしょう。

「報われる」と断言できませんし、「報われない」とも断言できませんね。

ただ、長期のドルコストなら報われるというイメージで語られることが多いと思います。なので、報われない可能性もあるよね、とか、途中で脱落する可能性もあるよね、という視点は持っていてもいいんでしょうね。

今回の日経ビジネスの記事は、それを考えるきっかけになる記事だと思います。

人によって読み方は違うとは思いますが。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する