積立投資とアセットアロケーションの変化について

ライフサイクルと積立投資の利益確定について」の続編のような記事です。

iDeCoのように積立のバイ&ホールドで投資しているケースを考えます。

今回は、売ることについて


リスク許容度


一般的には年齢が高くなるとリスク許容度が低くなります。

なので、教科書的にはライフサイクルの進展に伴い、アセットアロケーションで無リスク資産の割合を増やして、リスク資産を薄めていけばいいわけです。

で、問題は・・・

何歳ごろから、どうやって薄めていくか、です。


コツコツ積立のバイ&ホールド前提


検討の前提を積立のバイ&ホールドとしましょう。言葉の定義は以下です。

積立とは、ドルコスト平均法による定期・定額買付
バイ&ホールドとは、投資期間中に売らないこと

要は、定期・定額で積立投資をしながら、売らずに、無リスク資産とリスク資産の比率を調整していきます。

そのためには、何歳ごろから、どういう投資行動を取ればいいかを検討します。


イメージ図


まずはイメージ図です。

アセットアロケーション 小黒とら

40代後半から徐々にリスク資産の比率を下げて、無リスク資産(安全資産)の比率を上げていきます。

直感的には、おかしくない図ですよね。

で、実際にこうしようとすると、どういう投資行動を取ればいいか・・・

わりと意外な結果です。


検討の前提


話を簡単にするために、以下の前提を置きます。

1. リスク資産の時価変動は考慮しません
2. 年齢による積立額の増減はありません
3. 25歳から60歳まで、毎年10万円を積み立てることにします


さて、どう投資すればいいか


25歳から45歳までの20年間はかんたんです。

リスク資産:無リスク資産 = 50:50 になるように積立投資すればいいので、毎年5万円:5万円で積み立てればいいですね。

では、46歳から60歳は・・・

リスク資産:無リスク資産 = 0万円:10万円です。

つまり、最後の15年は全額、無リスク資産に投資することになります。

それによって60歳時点のポートフォリオは、リスク資産:無リスク資産 = 3:7になります。


ちょっと解説


当初の20年間(25歳~45歳)で

リスク資産:100万円(5万円×20年)
無リスク資産:100万円(5万円×20年)

です。

46歳~60歳の15年間で費やせる金額は150万円(10万円×15年)です。150万円すべてを無リスク資産に投入すると、60歳時点では

リスク資産:100万円
無リスク資産:250万円

となります。

この比率はだいたい3:7です。(29%:71%)

25歳から45歳までの20年間の重みがあるので、残り15年は全額を無リスク資産にしないとリスク資産のウェイトを落とせないんです。


検討


45歳まで50:50で積み立てて、46歳からは0:100というのは非現実的ですね。

ドルコスト平均法のメリットがなくなってしまいます。

それに若いころに100:0とか80:20でリスク資産に積み立てたり、50歳以降にポートフォリオの変更を考えると、売らないでアロケーションを調整するのは不可能でしょう。

バイ&ホールドとリスク管理の両立は難しいと思います。


思うこと


リバランスでの売り、リスク許容度の変化による売り、相場観による売り・・・

いずれの名目でも、リスクを落とすなら「売ること」は避けられないと思います。

なので、私は名目は何であれ、売りたいときに売るのがシンプルな考え方だと思います。iDeCoならリスク資産を売って定期に入れる(スイッチングする)とかです。

売りたいときに売る、買いたいときに買う。

それでいいと思うんですよね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する