読書感想文 「ことりのおそうしき」

過去記事「ゾウは おことわり!」に続いて児童文学です。

文字が大きくて読みやすい。

あ、いや、文庫本サイズの文字が読みにくくなっているのではありません。(^^;


ことりのおそうしき


「ことりのおそうしき」の原文は "The Dead Bird" です。

直訳すると「死んだ鳥」なんですけど、子供向けの絵本としてはストレートすぎますね。邦題の「ことりのおそうしき」は少し柔らかなイメージになってます。

命の尽きた小鳥に焦点を当てるか、その後のお葬式に焦点を当てるか。

絵本を読むと、命の尽きた生き物に対して残された者はどうするかが描かれています。邦題の「ことりのおそうしき」はいい訳だなと思います。


命が尽きたあと


公園で遊んでいた子供たちが、ついさっき生命を終えた小鳥を見つけます。

最初は温かく生きているように見える小鳥も、だんだんと冷たく固くなっていきます。そういう様子をさりげなく、淡々と書いてあります。

子供たちは小鳥のためにお葬式をします。

花を摘んで、土を掘って、小鳥を埋めて、土を盛って、そこに花を添えます。


最初は毎日、そのうちときどき


中身のネタバレをご容赦ください。

小鳥のお墓を作った子供たちは、それからもやって来ては新しい花を手向けます。

で、私がそうだよねーと思ったのは最後の一文

はじめはまいにち、そのうちときどき、

やがていつしか、ことりのことをわすれてしまうまで。


です。


小鳥のことを忘れてしまうまで


他界した人、物理的に遠く離れたりして縁が薄くなった人は、だんだんと心の中から消えていきますね。

それが自然なことだと思います。

ただ、完全に消え去ることはなく、思い返したければいつでも思い返すことはできます。

生を終えた小鳥と、生命力あふれる子供たち。

生命を考える絵本でした。


アフィリエイトです


日本語版と英語版があります。

ことりのおそうしき

新品価格
¥1,512から

The Dead Bird

新品価格
¥610から


ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する