トランプ氏の標語を記した赤い帽子は「外国製」 比較優位と保護貿易について

「路上販売の赤いトランプ帽は外国製、就任式参加者に衝撃広がる」という記事がありました。[外部記事]

トランプ大統領のスローガン、Make America Great Againが書かれた赤い野球帽は、トランプ陣営の公式サイトで販売しているのは米国製だそうです。価格は25~30ドル。

一方、路上で売られているトランプ帽は外国製で20ドルだそうです。

外国製の方が安いですね。

今回は、比較優位と保護貿易について


外国製の帽子


米国製の帽子は25~30ドル。外国製(中国、ベトナム、バングラデシュ)の帽子は20ドル。

品質やパテント、流通経路のコスト、その他の要因で一律には比較できませんが、帽子のようなものは一般的には、先進国で作るより新興国で作る方が安いです。

人件費の要素が大きいですからね。

で、今回のテーマは人件費の低い国に(帽子製作のような)雇用が奪われているという話ではありません。

帽子の製作が外国で行われることは、米国にも利益があるという点を考えます。マクロ経済の理論的な話です。キーワードは「比較優位」です。


比較優位の考え方


米国とメキシコの関係で考えましょう。

前提1:失業者は考えません。完全雇用です。
前提2:各国の生産物は「ハンバーガー」と「テキーラ」の2種類のみです。当初それぞれの国が両方を生産します。それ以外は考えません。

かなり強引な前提です。でも、そう考えるのが分かりやすいのでこのまま進めます。

米国には労働者が12人います。メキシコにも12人います。

米国の労働者1人の年間生産量
・ハンバーガーなら6個、テキーラなら2本

メキシコの労働者1人の年間生産量
・ハンバーガーなら2個、テキーラなら1本

797_trump_01.png

このとき、貿易することで両国の経済が良くなります。


両国の生産高


両国ともハンバーガーもテキーラも必要なので、労働者12人のうち6人はハンバーガーを生産し、残る6人はテキーラを生産するとします。

そうすると

米国では年間で、ハンバーガー36個、テキーラ12本が生産できます。これで米国内の需要を満たすとします。

メキシコは年間で、ハンバーガー12個、テキーラ6本が生産できます。これでメキシコ国内の需要を満たすとします。




メキシコの戦略


メキシコの目線で考えましょう。

メキシコの労働者は生産性が低いです。(あくまで仮定の話)

そこで、

このままハンバーガーもテキーラも、両方生産していてはダメだ。米国アミーゴと話を付けてうちらはテキーラに特化しよう。テキーラをムーチョ、ムーチョでハンバーガーは生産しない。

テキーラ!

としたとします。

で、メキシコの労働者はテキーラに特化します。それは米国にもメリットのある話です。


テキーラ特化


メキシコが労働者12人をすべてテキーラ生産に投入します。そうするとメキシコ国内で12本のテキーラが生産できます。メキシコは自国で消費する6本を残して、残り6本を米国に輸出します。

で、米国はどうするか?

メキシコからテキーラを輸入できますので、米国内の労働投入量を変化できます。すなわち、ハンバーガーの生産に9人、テキーラの生産に3人です。(従前は6人、6人)

そうすると、ハンバーガー54個、テキーラ6本が生産できます。




で、米国とメキシコを合わせた従前のハンバーガー消費量は48個でした。生産量が54個に増えたので6個の余剰が生まれます。これをアミーゴのメキシコと仲良く半分こします。メキシコから輸入したテキーラ6本と引き換えに、ハンバーガー15個を輸出します。

そうすると米国人もメキシコ人も、お互いに以前よりハンバーガーを多く食べられます。

これが比較優位の財を貿易することによるメリットです。


問題点


あくまで、経済理論的な話です。

ある国が一つの産業に(テキーラの生産に)特化することは問題があります。コア産業がダメになったらその国の経済が立ち行かなくなります。なのでポートフォリオと同じように、一国の産業も十分な分散は必要です。

特定の生産品に依存する経済構造は途上国に多いのですが、それがかえって経済成長を妨げる要因になったりもします。

その点は比較優位とは別の論点として残ります。

とはいえ、比較優位の理論に絞って考えると、自由な貿易がグローバルな資源の最適配分をもたらし、世界の経済厚生を高めると考えられます。


トランプ大統領の政策


トランプ大統領が保護主義的な政策を推進しすぎると、世界経済に悪影響を与えるのではないかな・・・と思います。

一方、自由貿易が行き過ぎると、それはそれで弊害もありますね。雇用が減るとか賃金が伸び悩むとかです。(これも比較優位とは別の議論になります)

これまでの世界経済はグローバリズム、自由貿易主義を推進してきました。ここへきて米国が鮮明に自国優先を示すように、世界の大きな潮流が変わりつつあるのかもしれません。自由主義を推進する力と保護主義を求める力のバランスがどうなるかですね。

すぐにどうなるという話ではないでしょうけど、ちょっと気になります。

とりとめのない雑感でした。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する