投信の商品性をきちんと理解することについて

日経電子版を見ていて

ん------

と思う記事がありました。

今回は、投信の商品性をきちんと理解することについて


変わり種投信


「マイナス金利下の資産運用 変わり種投信も登場」という記事です。[外部記事]

気になる点を引用します。

アセットマネジメントOneが10月に設定した投信は、株式に投資するものの値動きのリスクを一切排除して配当収入を追求する。投資先の配当利回りは約3%と主な先進国の国債利回りを大きく上回る。


何が気になるかというと「値動きのリスクを一切排除して」という表現です。日経電子版には、当ファンドの特徴として「世界の株式に投資し先物で価格変動を相殺。配当収入のみを追求」ともあります。

となると

値動きのリスクは一切排除される(=価格変動は相殺される)のだから、価格変動リスクはゼロでしょう。その上で配当利回り3%を追求するのだから・・・ 

ほぼ確実に、リスクなしで3%で回るよね。

と思えますね。


実際はどうなの?


さて、実際にそんなおいしい話は成立するのでしょうか。

値動きのリスクを一切排除して、配当収入を追求することは可能か、です。

あ、

追求するのは可能ですね。意気込み、決意表明ですから。なのでもう一歩踏み込んで書き直しましょう。

値動きのリスクを一切排除して、配当収入を「獲得」することは可能か、です。


結論的には無理


たとえば日経平均のポートフォリオを持っていて、それと同額の日経平均先物を売り建てると、株式の値動きはほぼ相殺できます。

ただね、と。

先物は、先物決済日までの金利と、配当の要素を考慮して価格が決まります。

なので、日経平均のポートフォリオを持っていて、それと同額の日経平均先物を売り建てたときの期待リターンは、理論上、無リスク金利と同じになります。


裁定が働く


日経平均のポートフォリオを持っていて、それと同額の日経平均先物を売り建てたとき、価格変動のリスクが完全に相殺できて、かつ、配当だけ受け取れたら・・・

みんなやりますよね。

やらないのは、裁定が働いて無理だからです。

3%のリターンを取りたいなら、何らかのリスクを取らないといけません。


愛称:はいとうドリ


世界株配当収益追求ファンド(価格変動抑制型)
愛称:はいとうドリ(参考リンク

2016年11月末時点で
株式の組み入れ比率:85.7%
先物の組み入れ比率:-69.6%

なので、実質組み入れ比率は16.1%

目論見書には「株式市場全体の価格変動による影響を極力排除し、インカム(配当金)を中心に安定的な収益の獲得をめざします」とあります。

「一切排除」と「極力排除」ではニュアンスが違いますよね。

当ファンドは価格変動リスクをある程度は負っています。


配当利回り3%


あと、「はいとうドリ」で注意すべき点があります。

月報には配当利回り3.3%とありますが・・・

おそらくこれは為替ヘッジ前の現地通貨ベースの数字でしょう。この点、投資を検討するなら確認した方がいいです。

目論見書に「実質的な組入外貨建資産については、対円での為替ヘッジを行うことを基本とします」とあります。

為替ヘッジ前の数字なら、為替ヘッジした後の(為替ヘッジコスト考慮後の)配当利回りは低下します。


ファンドの実態


日経電子版の紹介文
1. 株式に投資するものの値動きのリスクを一切排除して配当収入を追求する。
2. 投資先の配当利回りは約3%と主な先進国の国債利回りを大きく上回る。

月報、目論見書を見たところ
1. 値動きのリスクは「極力」排除。(年率3%程度の値動きに抑えるとあります)
2. 配当利回りは為替ヘッジのコストが反映されたものか、確認する必要がある。

ということで、

年間3%程度のリスクに対し、狙っているリターンは配当利回りの約3%です。配当が為替ヘッジ前の数字であるなら、為替ヘッジ後の実質的な配当利回りは1%~2%台でしょうか。

それに対して年間の信託報酬率は0.90%です。

そこまでを踏まえて投資するかを判断したいですね。


投資する際に大事なこと


投資家の目線でとらえると、日経の記事は不親切です。

投資する際には目論見書は必読ですね。

特に目新しい金融商品を組み入れたもの、新しいコンセプトの投資手法を用いるもの、デリバティブを用いるものなどは特に注意して読んだ方がいいです。

日経新聞の情報を鵜呑みにするのは危険です。(^^;

さいもんさんの記事も参考になります。
一番売れてる経済新聞や一番売れてる投資雑誌の読み方

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2930:

記事紹介ありがとうございます。

元記事をざっと読んだ感想は、ここまでしてインカムゲインが欲しいのかな、そういう需要があるのかな、と呆れました。

どうしてもリスクを取らずにインカムゲインが欲しいなら、私なら個人向け国債のキャッシュバックキャンペーン狙いで1年で即刻解約をおすすめします。それじゃ記事になりませんけど。

2017.01.15 02:04 さいもん #- URL[EDIT]
2931:

リターンは欲しいがリスクは避けたいという需要があるんでしょうね。
まったりとやりたければMSCIコクサイ(H)も悪くないと思いますが。

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=01314135&ct=z&t=2y&q=l&l=off&z=m&p=&a=&c1=64315091&bc=%E6%AF%94%E8%BC%83

2017.01.15 09:43 Tansney Gohn #SNAM66t2 URL[EDIT]
2933:

※2930:さいもんさん
すみません。勝手にリンクさせていただきました。(^^)

元記事はかなり技巧を凝らしたファンドだなと思いました。
そこまでしてインカムを・・・というのは同感です。

2017.01.15 17:34 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2934:

※2931:Tansney Gohnさん
そうですね。MSCIコクサイ(H)も悪くないですね。
投資はできるだけシンプルな方がいいと思うんです。

2017.01.15 17:36 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2936:

こんばんは

日経を読む人は少しリテラシーが高いのでヘッジコスト、税金(日米)については省略したのかも?
個人的にはヘッジをかけた米国債ETFあたりで十分かな

リンク先はバックミラーに映った風景というやつですね。
投資の心構えの第一歩と思います。

2017.01.15 20:45 yazirobe777 #- URL[EDIT]
2942:

※2936:yazirobe777さん
そうですね。限られた紙面と読者層を考慮してのことかもしれません。
いろんなことに触れると紙面に収まらなくなってしまいますね。

2017.01.17 19:00 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する