投資の元本超え確率を「見える化」しました

投資で元本を超える確率の話題をいくつか見かけました。

そこで私も。

今回は、投資の元本超え確率について


前提の説明


今回は最もシンプルな形です。

積立型やドルコスト平均法ではなく、一括投資で一発勝負したときの元本超え確率です。確率の前提は「株価の対数リターンが正規分布する」です。確率計算はブラックショールズ式の一部を使っています。

確率の場合、独立事象か非独立事象かで確率は変わります。

積立投資のような非独立事象を扱うと複雑になります。なので今回は一発勝負の確率にしました。

図はクリックすると大きくなります。


投資期間1年


投資の元本超え確率 小黒とら


投資期間5年


投資の元本超え確率 小黒とら


投資期間10年


投資の元本超え確率 小黒とら


投資期間20年


投資の元本超え確率 小黒とら


投資期間30年


投資の元本超え確率 小黒とら


元本を超える確率


プラスのリターンを得ることを投資の目標にするなら、上の図をイメージしておくのは役に立ちます。

投資期間1年なら、どんな期待リターンとリスクの組み合わせでも、元本を超える確率はだいたい40~60%の範囲にあります。

しかし投資期間が20年や30年となると、リスクとリターンの組み合わせで元本を超えられる確率は大きく異なります。投資期間を長く想定すればするほど、リスク・リターンのバランスが大事になってきます。

ちなみに、具体例はこんな感じです。

probability_table1.jpg

リスクとリターンのバランスが悪いと、長期間保有しても元本超えにはそれほど寄与しないんです。リスクとリターンの組み合わせによっては、長期保有の方が分が悪くなるケースもあります。

自分が保有しているポートフォリオのリスクとリターンは、将来に向けては分からないですよね。私が20年、30年の超長期投資を盲目的に信じないのは、自分のポートフォリオのリスクリターンのバランスを確信できないからです。

長期投資で勝つ確率が上がるかどうかは、保有しているポートフォリオのリスクリターン特性によります。

この点は考えておいた方がいいと思うのです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2839:

「見える化」面白いですね。
仕事内容も物理現象も確率も可視化されるとイメージ沸いて楽しいですね。

有限要素法のコンター図を見ている気分になりました。
勉強になりました。(*^^*)

2016.12.18 23:39 りあるむえ #- URL[EDIT]
2841:

※2839:りあるむえさん
「見える化」すると面白いですよね。
エクセルの作図機能でも結構いけます。

2016.12.20 20:40 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する