ブームに乗れない性格なのかな 個人型確定拠出年金のこと

2017年1月から個人型確定拠出型年金の制度が拡充されますね。

「iDeCo」という愛称もできて来年に向けて盛り上がっているようです。確定拠出型年金は、将来の年金を自分で運用していく制度なので、自助努力が求められる時代の流れに沿った動きですね。

今回は、投資の制度についての雑感です。


個人型確定拠出型年金(iDeCo)


ぶっちゃけた話をすると、私は個人型確定拠出型年金(iDeCo)にそれほどの興味はありません。

もちろん、以下のメリットは魅力的です。

1. 拠出金は「全額所得控除」
2. 運用益(売買益・配当所得)は「非課税」
3. 受給時に一時金であれば「退職所得控除」、年金なら「公的年金等控除」

このような税制上のメリットはあるのですが、一方で使いにくさもあります。


制度が複雑で利用できる額が限定的


普通のサラリーマンの場合、拠出は

企業型確定拠出年金に入っていなく、確定給付企業年金(厚生年金基金)にも入っていない場合、月2万3千円(年間27万6千円)です。

企業型確定拠出年金に入っていなく、確定給付企業年金(厚生年金基金)に入っている場合、月1万2千円(年間14万4千円)です。

企業型確定拠出年金に入っていて、マッチング拠出ができる仕組みがある場合、個人型確定拠出年金は利用できません。

企業型確定拠出年金に入っていて、マッチング拠出ができる仕組みがない場合、企業の年金規約によります。

ん・・・

かなり複雑ですよね。

一般的なサラリーマンの場合、国民年金と厚生年金の2階建てでいいやと思うのではないでしょうか。プラスアルファが必要なら、複雑で分かりにくい確定拠出型年金制度ではなく、普通の証券口座で投資する方がやりやすいでしょう。(税制上のメリットはありませんが)


個人型確定拠出年金を利用すべき人


フリーランスや自営業者なら、月6万8千円(月額年間81万6千円)の拠出が可能なので利用するメリットは大きいです。

フリーランスや自営業者は被雇用者ではないので、確定給付型の厚生年金には加入しません。基本的には国民年金だけです。国民年金だけだと将来受け取る年金額は小さいですね。だからフリーランスや自営業者は個人型確定拠出年金を考えるべきですね。

ちなみに、フリーランスや自営業者の年金を厚くするものに「国民年金基金」があります。

フリーランスや自営業者なら月6万8千円の拠出が可能と書きましたが、正確には、「個人型確定拠出年金」と「国民年金基金」を合わせた月額拠出額が月6万8千円です。


不便だなーと思うこと


「個人型確定拠出年金」のメリットを最も享受できるのは、フリーランスや自営業者です。ただ、それは被雇用者が入る厚生年金に入れないことの裏返しですね。

だから厚生年金に入っているサラリーマンは、「個人型確定拠出年金」のメリットは薄いんですよね。

で、サラリーマンは月に拠出できる額が抑えられているわけです。しかも、勤務先の企業が企業型確定拠出年金を導入しているか、確定給付型の企業年金(厚生年金基金)があるかによって、拠出できる額が変わってしまいます。

転職のときに面倒ですね。

制度が複雑で不便だなと思います。


どうせなら


iDeCoにしてもNISAにしても、制度が複雑で使いにくいですね。

現役世代の投資を促進するなら、もっと簡素化した制度にした方がいいのにと思います。昔あったマル優(少額貯蓄非課制度)みたいな優遇策を作ればいいのにと思います。

マル優は、預金の元本350万円までの利子が非課税になる制度です。

みんなが使える制度でしたが、制度改正によって「65才以上の高齢者」「障害者や寡婦」などの制限が付き、さらには2003年からは「65才以上の高齢者」も対象外となりました。

証券投資のマル優は、現役世代を優遇する投資税制にすればいいと思うんです。

特別の口座を作って簿価○○万円までの証券投資なら、売買益も配当所得も非課税。売買の制約もなし。

ん・・・ NISA・・・


NISAのバージョンアップ


金融庁がNISAの制度(5年で600万)をちょっと変えて、

一人一口座、600万円(ひとまず仮置きの数字)までは非課税でどんどん証券投資してよ。売ったら枠が消えるとかロールオーバーとか、恒久化とか、そんな面倒な事は言わないから。普通の口座のように投資して。

あ、65歳になったら、それ以降の利益には課税するからね。

ってしてくれたらいいんですけどね。

どうでしょうかね、この案。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2668:

とてもわかりやすかったです。
ありがとうございます。

私も夫に個人型について説明しましたが、
「さっぱりわからん」
「手数料を払ってまでやらないかんこと?」
「50代になってやっても、あまり意味がないのでは?」
「結局は投資で、しかも積立でしょ?プラスで終わるとは限らないじゃん」
「とにかく、仕組みが面倒くさそうとしか言えない」
と、こてんぱんでした(^_^;)
なので、おそらくやらないでしょう。

それよりなにより、
確定給付企業年金=厚生年金基金なんですね。
勉強になりました。
うちは2~3年前に「解散します」という知らせだけ頂いたのですが、
それまでの掛け金って、どうなるんでしょう?

2016.10.23 23:26 みみん #yLibkmaY URL[EDIT]
2669:

私もかなり考えていますが迷っています。
私は限度額12000円なのですがあと5~6年したらセミリタイアして年金免除にしようと思っているのでそうすると確定拠出年金に拠出できなくなってしまうんですよね。

たぶん、これって20代とかがやるとかなり効果があるんだろうけど働く年数が短い人はメリット薄いと思います。

小黒とらさんのアイデアはいいね! でもそれはとりっぱぐれが大きいのでたぶんしないと思うのでせめて税率を10%以下にしてほしいな。

2016.10.24 20:25 クロスパール #- URL[EDIT]
2670:

切りがいいから1000万円くらい・・・駄目でしょうね。本当に税制が複雑怪奇。その割りにメリットも薄く。

10%かむば~っく!(苦笑

NISAなんて不要で、もっと利便性よい証券税制を考えて欲しいものです。

2016.10.24 20:28 煙々 #- URL[EDIT]
2672:

※2668:みみんさん
個人型確定拠出はわかりにくいですよね。仕組みが面倒くさそうなのはその通りで、証券税制は使い勝手が悪くて不便なものが多いですね。

2016.10.25 18:11 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2673:

※2669:クロスパールさん
年金免除なら確定拠出はできないみたいですね。上乗せ部分なので1階がないとダメってことなんでしょうね。
投資を促すなら普通の口座で税率を10%以下にしてほしいですね。

2016.10.25 18:14 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2674:

※2670:煙々さん
本当に税制が複雑怪奇です。仕組みを理解するまでに脱落する人が多いでしょうね。DCでもNISAでも、もう少しわかりやすくて使いやすくしてくれればいいのにと思います。
10%のカムバックは私も希望してます。(^^

2016.10.25 18:16 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する