「滋賀県の子育てチラシが住民訴訟に発展」に思うこと

滋賀県の子育てチラシが住民訴訟に発展しています。[外部記事]

住民訴訟に発展のチラシ(PDF)

↑このポスターを、訴訟を起こした人は「男は元気、女は優しくという昔ながらの男女観だ」と批判しているわけです。

今回は、ニュースの雑感です。


ざっくり2分割


ざっくり切り分けましょう。男女の複雑な問題だからこそ、あえてシンプル化します。

1. 男女の性差はフラットにすべき。
 男女平等。法的な平等性はもちろん、男性と女性は社会的な役割分担も同じであるべき。
 男らしさ、女らしさという価値観に批判的。

2. 男女の性差はあると認識すべき。
 法的な権利は平等であるべき。一方で、社会的な役割期待、生物学的な違いはある。
 男らしさ、女らしさという価値観に肯定的。

さて。

社会的役割や社会の共同参画については、働く女性のガラスの天井問題や、アファーマティブ・アクションなどが問題になります。ただ、その話になると話が拡散する危険性があるので今回はそちらはやめます。


男らしさと女らしさの価値観


価値観に話を絞りましょう。

男らしさ、女らしさという価値観に批判的か肯定的か、です。

私は、男らしさ、女らしさという価値観に肯定的です。

正確に言うと、「批判的には思っていない」です。「元気な男の子、優しい女の子」は私にとって違和感のない価値観です。生物学的に男と女、雄と雌では違いがありますから、その違いに応じた差があっていいんだと思ってます。

ただ、私の価値観を他人に押し付けるつもりはありませんし、他人から「いや、その価値観はおかしい」とその人の価値観を押し付けられるのは困ります。

思想信条の自由はありますから、どのような価値観を持ってもいいわけですね。他人に迷惑をかけず、公共の福祉に反しない限り、自らの価値観にもとづいた行動もありです。


住民訴訟


で、冒頭の記事は、子育てチラシが住民訴訟に発展しています。

訴訟は、「昔ながらの男女観をイメージさせるイラストがあり、男女共同参画社会基本法に違反している」との理由です。

ん・・・ それって・・・

かなり無理筋に思えます。


おまけ、のようなもの


住民訴訟を起こす前に、「住民監査請求」のステップを踏む必要があります。

で、滋賀県栗東市のサイトを見たところ、住民監査請求が行われていました。[資料]

監査結果の一部を引用します。

 請求人は本件チラシ等の描写図を問題視するが、前記のとおり各方面からこれを積極的に評価する意見こそあれ、問題点を指摘する意見は一切寄せられていないように、その内容は、一般の社会通念に照らし、後述する本件チラシ等の作成の目的を実現するための表現・方法として社会的に相当な範囲内のものと判断する。 (以下略)


社会的に相当な範囲内のものと判断されてます。

で、結論は

「請求には理由がないものとして、これを棄却する」

でした。

この結果を不服として住民訴訟になったのですが

価値観を司法の場で争うのはどうなのかな・・・と感じます。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2638:差別と区別の違いのような気がしますが

こんばんは

何が悪いのかわかりません。
それが悪いといえばそれまでなのですが・・・

2016.10.07 00:23 yazirobe777 #- URL[EDIT]
2639:

こんなくだらないことに労力を使える日本は幸せな国なんだなあと改めて思ってしまいました。

仮に「価値観」が対象で訴訟が起こるなら、もう何もできなくなっちゃうよね。

2016.10.07 05:42 クロスパール #- URL[EDIT]
2641:

※2638:yazirobe777さん
私もあのポスターの何が悪いのかわからないんです。
わからなくて問題ないと思います。(^^;

2016.10.08 16:43 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2642:

※2639:クロスパールさん
そうですね。これで訴訟を起こせるのは幸せな国です。
ポスターが気に入らないという理由で訴訟していたら、行政も滞ってしまいますね。

2016.10.08 16:47 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2646:

こんにちは。
このニュース、MXテレビの番組で知りました。
訴訟を起こした大学教授に名古屋までインタビューに行っていました。
中年くらいの男性で、「イラストに象徴される女の子らしさ男の子らしさが固定的なので、社会に問題意識を持ってもらいたい。訴訟という形にするのが良いと思った。」のような主旨のお答えでした。

なぜ訴訟までする?と聞いたら、「中々意識は変わらないので考えるきっかけにしてほしい。訴訟という方法が効果的と思った。」…記憶なので正確な文言ではないですが、主旨は問題提起したかった事みたいです。

語り口は普通の感じの方でした(本心はわかりませんが)。

街頭インタビューでチラシを見せて、違和感があるかどうか聞く取材もしていましたが、「別にない」人ばかりでした。

イラストで男女を分けた場面想定が観念的と言えば観念的ですが。
刷っちゃったものは…。自治体は困りますね。

2016.10.10 19:29 みずほ #- URL[EDIT]
2648:

※2646:みずほさん
自治体は困るでしょうね。
ポスターには「このポスターは国際ソロプチミスト淡海様より寄贈された物です」とありました。寄贈団体は「職業に就いている女性による女性と女児のための国際的ボランティア組織」とのことです。
大学教授、ポスター寄贈団体、自治体、街頭インタビューでそれぞれに価値観は分かれますね。問題は提起されても取扱いは難しそうです。

2016.10.11 18:54 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する