八百長レースと、株式市場の需給とファンダメンタルズについて

このところの相場は方向感が出ないですね。

相場の方向性が見えにくい中、買いを推奨するウェブ記事を見つけました。[外部記事]

今回は、株を買う視点について


日銀のETF買い


買いを推奨しているのは経済評論家の山崎元氏です。

論旨を私なりにまとめると

  • いまの日本の株価は、日銀のETF買いで上げ底のブーツを履いているようなものだ。
  • しかも最近、ブーツの上げ底の厚みを増した。(日銀のETF買いの増額)
  • さらにはマイナス金利で頭にはカツラをかぶっている。
  • 実際の身長(適正な株価水準)が分からなくなっている。

ということです。

ここまで読むと、適正な株価水準がわからなくなっていて、しかも、上げ底やカツラで大きく見せているのだから「適正な株価水準より、だいぶ割高に持ち上げられているはずだ」と思えます。

となると、到底買えないですよね。

無理やりに持ち上げられているのですから。


主催者公認の八百長レース


ところが話はここで終わりではありません。

山崎氏は、日銀を競馬の主催者にたとえて、主催者公認の八百長レースなのだからそれに乗らない手はない、といいます。

ん・・・ 

このたとえは妥当なのかな、とは思いますが話を進めましょう。


さて、買える理由


さて、山崎氏の買える理由です。

ロジックを整理すると

  • 日銀のETF買いは安心感につながる。しかも当面止めないことが予告されている。
  • ブレグジットやトランプ懸念などの要因も「見かけ上のリスクが低下する」方向に動いている。
  • リスクが低下しているのは、リスク・プレミアムが低下することであり、株式の理論価値(ファンダメンタル・バリュー)は上昇する。

そして結論として「客観的には、シークレットブーツが好きでなくとも、身長の伸びに賭ける方が有利な時期が来ているのかも知れない」と結んでいます。

日銀のETF買いが好きでなくても、その効果に乗って株式やETFを買うのに賭ける方が有利な時期に来ているのかもしれない

ということです。


いや、そのりくつでは足りない


リスク・プレミアムが低下して株式の理論価値は上昇するといいますが・・・

それでは足りないです。

株式の理論価値は少なくとも2つの変数、将来の期待キャッシュフローと、その割引率(=リスク・プレミアム)の関数だからです。

日銀の金融政策でリスク・プレミアムの低下を促したとしても、もう一方の変数である「将来の期待キャッシュフロー」が振るわなければダメなんです。

将来の期待キャッシュフローとは、将来の利益、業績見通しと考えていいです。


株式投資の考え方


株式に投資するタイミングとして、私は、いまはあまり良くないと思っています。

株式に投資する場合、ざっくりと2つの要素がありますね。

1. いまの株価は割安か
2. この先の業績は上向きか

バリューがあるか、グロースが期待できるか、です。
(それらがどのくらい織り込まれているかという視点も必要ですが)

日銀のETF買いで本来の水準よりかさ上げされているとしたら、いまの株価は割安ではないです。では、この先の業績は上向かというと、景気循環的には楽観よりは懸念の方が強いです。


需給と経済動向


当局による市場介入と、経済のファンダメンタルズでは、最後に勝つのは経済のファンダメンタルズだと思っています。

あまり需給に賭けない方がいいと思うんです。

為替市場では1日に兆円規模の為替介入が行われることがあります。スムージングの効果はありますが、流れを変えるほどの力はありません。

当局の介入で市場をコントロールできないのは為替市場も株式市場も同じでしょう。

需給は無視できませんが、過度に期待するのはどうかなと思います。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2570:

こんばんは

山崎氏の話から見ると偽りの株高だから売りとなりそうですが、
真逆の結論も一理あるかもしれません。

需給は大事ですが、業績のうらずけのない需給は騙しなのでそれだけで判断するのはかなりギャンブルでしょうね・・・

2016.09.09 23:10 yazirobe777 #- URL[EDIT]
2571:

とらさんの言う事も分かりますが、ちょっとピントがズレてますね。

>私に言わせれば買うからには当てなければならないのが、投資家であり、ギャンブラーだ。「八百長も競馬のうち」と割り切って、好き嫌いを抜きに冷徹に予想し、賭けるのが、正しい勝負師の姿だ。

これはつまり勝負師の哲学の話であって、ギャンブルの話なんですよ。理屈をこねても現実に対応できず儲けられなければ負け。厳しくも美しい勝負師の世界です。

私は馬券は買いませんが買うとしたら京成杯はトウショウトラフタで勝負したいです。

2016.09.10 07:28 さいもん #- URL[EDIT]
2572:

※2570:yazirobe777さん
山崎氏の話は冒頭でうんうんと思いながら読んでいると、途中でギャップがあって、結論は「ん?」となるパターンが多いです。

需給は大事ですけど、業績の裏付けなしで需給に賭けるのはギャンブルですね。

2016.09.10 12:00 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2573:

※2571:さいもんさん
なるほどです。
投資家もギャンブラーも勝たなきゃダメですね。
私の場合、儲けられないことはニュートラルに考えています。ようは、損したら負け。利益を得たら勝ち。

買うからには当てなければいけないのは一理ありますね。外してばかりでは生き残れませんから。
ちなみに私は
買うからには → 当てなければならい、と考えるよりは
十分に検討して分がいいと判断するから → 買う、タイプです。

私も馬券は買いませんがギャンブル性のあるものは好きです。ネガティブサムでも。(^^;

2016.09.10 12:15 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する