インフレをどのくらい警戒すべきか

投資する目的としてインフレ防衛があると思います。

インフレになると預貯金や現金は価値が目減りするので、株式や不動産に投資してインフレをヘッジするという考え方です。

インフレに備えて資産運用をしましょうというのは常套句です。

今回は、世界的なインフレ動向について


インフレをどのくらい懸念すべきか


インフレ下の低金利が作り出される恐れがあり、そうなったら預貯金ではインフレリスクをヘッジできなくなり、だからこそ資産運用が必要になるというウェブ記事を見かけました。

インフレに備えて投資が必要だというFPの人が書いた記事です。

ん・・・

どうなんでしょう。

インフレをどのくらい懸念すべきか。


過去50年


1961年から2014年の54年分のデータを使います。データ出典は世界銀行(The World Bank)です。

672_cpi_01.png

OECD加盟の先進国です。

世界的に見ても趨勢的にはインフレは落ち着いていますね。


あと、問題は日本国内での購買力維持ですから、日本でのインフレも見てみましょう。

672_cpi_02.png

低位安定ですね。

たしかにインフレは現金の価値を目減りさせます。

でもね、と。

世界と日本のマクロ経済と考えると、そうそうインフレ圧力は高まりそうもないです。インフレを懸念するにしても、この先しばらくは落ち着いて推移しそうです。

70年代とは違うのでそんなに焦らなくても大丈夫ですね。


毎度のことですが


1. インフレになると
2. 円の購買力が低下するから
3. 投資で備えましょう

こういう話は、

1. インフレにならない可能性や、逆にデフレになる可能性(可能性を見積もる)
2. どのくらい購買力が低下するのか(影響度を見積もる)

その上で、

3. 本当に必要か

を考えるといいのではないでしょうか。

その上でリスクを取って投資するもよし、投資しないで(あるいはかなり抑えて)貯蓄重視で行くのもよしです。

ん?

この考え方は過去記事の使い回しだ・・・

過去記事:円だけで暮らす私に、外貨運用は必要でしょうか

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2536:

こんばんは

こうしてGDPを俯瞰するとインフレが起きにくいと想定できますね。インフレより不況による紛争ぼっ発が怖いかと。
だだ、まあハイパーインフレ論もオオカミ少年の例えではありませんが誰も信じなくなったころに
何か起きるかもしれませんね・・・

2016.08.23 22:56 yazirobe777 #- URL[EDIT]
2537:

※2536:yazirobe777さん
インフレは起きにくそうですね。
先進国ではモノやサービスの供給力があり余ってますから。中進国や新興国でもインフレは起きにくくなってますね。

2016.08.24 21:26 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する