「なぜ日本では危険な日も仕事をするのか?」に思うこと

今日の東京地方は猛烈な台風です。

交通機関も大幅に混乱しています。こういう日は安全な場所にいて不要不急な外出は控えるのがいいですね。

今回は、台風でも出社することについて


外国人のお悩み紹介


「なぜ日本では危険な日も仕事をするのか?」という記事を見かけました。[外部記事]

枕詞に【外国人のお悩み紹介】とあります。

よくある外国人をダシにした日本人論ですね。日本人でも疑問に思うことを、わざわざ「外国人のお悩み」として紹介することで議論をソフトにする手法です。


さて、中身に入りましょう


“「前にひどい台風があったので、仕事が休みだと思いましたが、会社から電話が来て、仕事に行くことになりました。台風で危険な日に、なぜ日本では仕事をするのでしょうか」(ニュージーランド)

 本当になぜここまで頑張る、というほど日本人は雨の日も風の日も雪の日も台風の日も、職場へ足を運ぼうとする。心理学者の内藤先生を取材した時、先生は日本人が農耕民族であり、農作物は雨の日も風の日も雪の日も台風の日も面倒を見なければならず、その血が日本人を仕事人間にしているのでは、と言っていたが、まさにそうだと思わずにはいられない。”


ん・・・

どうなんでしょう。

私は、日本人が農耕民族だからというのは関係ないと思います。


農耕民族論


穀物を栽培をして穀物を主食にする民族を「農耕民族」とするなら、ほとんどの民族は農耕民族です。

日本人は主食が米ですが、トウモロコシ、小麦、イモ類を主食にする民族は世界中にたくさんいます。日本人は農耕民族、西洋人は狩猟採集民族というのは典型的なステレオタイプの見方ですね。

この点、招き猫の右手さんの記事がおもしろいです。

さてさて

もし「農耕民族」と「台風でも出社する」ことが関係するとしたら・・・

コメの生産高(トン)

順位 国名 生産量(トン)
1   中国 2億
2   インド 1億5,000万
3   インドネシア 6,900万
4   ベトナム 4,300万
5   タイ 3,800万
6   バングラデシュ 3,400万
7   ミャンマー 3,300万
8   フィリピン 1,800万
9   ブラジル 1,200万
10   日本 1,100万

(出典:外務省

中国人とかインド人とか・・・

その他の民族も自然災害に遭いながらも仕事を優先させるかなぁ。(-_-;


濃厚な関係性


農耕民族だからとかは関係なくて、日本人の働き方そのものの問題でしょう。

他人との関係性で自分の立ち位置を決める。他の人も出社するし、自分だけが休むのは気が引ける。

そういう相対的な価値判断基準の問題のような気がします。

他者との関係性が濃厚なんですね。

あ、

休日ではないので出社する義務がある。

根っこにはそういう真面目さがあると思います。

それはそれで、台風接近という非日常的な局面でも日常と同じルールを適用するという点に良し悪しはありますね。


まとめ、のようなもの


なぜ日本では危険な日も仕事をするのか?

1. 判断基準の関係性
日本では、他者との関係性を重視して出社するかどうかを判断する。

2. 判断基準の不変性
ルールを墨守する傾向があるため、非日常の局面でも日常と同じルールを適用する。

それが「なぜ日本では危険な日も仕事をするのか?」に対する私なりの回答です。

他の人と同じ行動を取ると安心。同じルールを常に適用するのがいい。

この特性はいろいろな場面で見られる気がします。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2526:

相対的なものもあって、どんな時でも仕事にいかないと後々あいつは不真面目な奴とレッテルをはられやすいのが日本だと思います。

結局自分の意思がどうこうというより周りの目を気にしすぎるんですよね。

2016.08.22 20:04 クロスパール #- URL[EDIT]
2527:

西日本には、屋根が吹っ飛ぶレベルの台風が来ますが、
学校は休校になっても、仕事を休んだ経験はないです。

もちろん、公共機関が止まって出社できない人はいるので、
それをカバーするためにも休まないって感じでしょうか。
出社するにもピークは外しますが。
『家族に危ないと言われたから休みます』という同僚もいますが、
各家庭の方針があるので、そこを根に持っても…(^_^;)

いけない事なんですけど、地域的に
『960hpより弱いと台風のうちに入らない』的な考え方があるので、
ニュースなども、こちらなりの見方で見ています(^_^;)

台風は、どんなに小さくても弱くても、
中心から東側に入るとレベルが上がります💦怖いです💦
さらに冬は、たった3cmの積雪で大騒ぎです💦💦

2016.08.22 20:23 みみん #yLibkmaY URL[EDIT]
2528:

こんばんは

確かにまわりにあわせて参加しないと不安なのだと思います。
上司が帰るまで残業するとか、飲み会には参加するとか周りに合わせることが求められることが多いですね。

農耕民族がいいますが今では農業従事者は一握りです。もし
DNAがそうなら農家はもっと多いはずです。
DNA的には商人の方が適切でしょうね。(笑)

2016.08.22 20:25 yazirobe777 #- URL[EDIT]
2529:

休んでも大丈夫な仕事とそうでない仕事があるとは思います
猛烈な台風でも、交通機関に勤める方は働いています
スーパーの店員さんも、病院の職員も・・
どんな天候でも
必要とされる仕事にちゃんと勤務している人がいます
東日本大震災の時も職務を全うして亡くなった方もいらっしゃいます
職種にもよりますが
使命感をもって働いている人もいるんじゃないかな、と思いました
私も本日暴風雨の中、出勤しました
仕事が好きなんです

2016.08.22 23:12 ともみ #- URL[EDIT]
2530:

個人的には、話はもっとシンプルなんだと思っています。
慣れるって怖いもので、震度3や4くらいじゃびっくりしません。同様に毎年上陸する台風くらい、本当に大型で上陸後に停滞するようなものを除けば、やっぱり慣れちゃっているのだと。

首都圏は、電車通勤しているものからすれば、電車が止まらない程度の台風なら、どうってことないような気がします。むしろ、電車止まらないかな~っと思っている人は多そう^^

2016.08.23 00:35 煙々 #- URL[EDIT]
2531:

※2526:クロスパールさん
周りの目はありますよね。
普通のときでも休みが取りづらい雰囲気の職場はありますし。職場の空気が結構重要なのかなという気がします。

2016.08.23 10:40 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2532:

※2527:みみんさん
台風のようなときはお互いのカバーになりますね。出社のタイミングをずらすのは柔軟な判断ですね。
全員が定時に出社していないといけないとしたら無理があるので、出社できる人が出社できるタイミングで、出社できない人のカバーをするのが自然にできるのがいいんでしょうね。


2016.08.23 10:49 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2533:

※2528:yazirobe777さん
そうなんです。上司が帰るまで残業するとか、飲み会に参加するとか、そういうメンタリティと共通点がある気がするんです。
農耕民族だからというより、集団と個との関係をどう形作るかの問題のように思えます。

2016.08.23 10:55 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2534:

※2529:ともみさん
>休んでも大丈夫な仕事とそうでない仕事があるとは思います
そうですね。その点、言葉足らずでした。

こういう時だからこそ、いつも以上に働かなければという人もいますね。自然災害のときの自衛隊や警察、消防、救急、役所の人たち、公共交通機関、電力、ガス、水道やスーパー、コンビニなどでライフラインを支える人たち。そういう人たちには頭が下がります。
また、出社できない人のため、お客さんのために出社する人の使命感・責任感もすばらしいです。

2016.08.23 11:14 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2535:

※2530:煙々さん
慣れはありますね。地震も台風も積雪も、慣れによって対応力は違いますね。
電車が動いているかどうかは大きいですね。止まってしまえばいいのに・・・と思う人は多いでしょうね。(^^;

2016.08.23 11:21 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2545:テレビとネット

こんにちは。
熊本地震直後、ネットで「家の中ぐちゃぐちゃだけど、出社するようにとの連絡がきて、妻子を置いて会社に行かなくちゃいけないのがすごく辛い。分かっているけど。」との書き込みを見ました。そうだよね‥と胸が痛くなりました。

一方、テレビのニュースでは「避難所により格差」みたいなテロップが。
「食べる物がなにもない。朝から食べてない。しょうがないから家に帰ってお菓子を食べた。」とテレビで話す人。
避難所指定じゃない場所に自然発生的に人が集まった所は元々計画に入ってないのですぐ物資が届かず、のようでしたが…。
行政が機能せずのような報道はどうかと思いました。

1~2日で魔法のように、お腹いっぱいの食べ物飲み物が行った先に揃っている…はずないですよね‥。
自分はどうかと考えさせられました。

行政にあまり無頓着だとどうやって物資が届くかとか、想像力が働かないかもしれません。
お客さんにならないように備えないと、と思いました。

今のニュースは何でもかんでも批判ばかり。被災者と被害者は違う。
人には感謝の心。台風には傘じゃなく合羽か敢えて濡れる。頭上も注意ですね。
小さな側溝も急に溢れて足元すくう。坂ならなお危ない。あっという間に転び流されそうになります。
テーマと違う話をすみません。

2016.08.30 16:39 みずほ #- URL[EDIT]
2547:

※2545:みずほさん
震災にあっても妻子を置いて会社や職場(役所や警察、消防署)に行かなければいけない人もいますね。
熊本の震災では過労自殺したと思われる公務員もいます。そういう人には本当に頭が下がります。
行政は頑張っていても叩かれる存在ですね。メディアの偏向と言えるんじゃないかなと常々思ってます。
災害にしても貧困問題にしても、メディアの伝え方はどうかなと思うときはあります。

2016.08.30 18:28 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する