これ以上、日銀が金融緩和しても効果は薄いと思います

日本銀行が9月20、21日の金融政策決定会合で「総括的な検証」を行います。

総括的な検証をめぐって、そのタイミングで追加緩和があるのでは・・・とか、もっと大胆な金融緩和が必要だ・・・といったコメントを目にします。

今回は、日銀と日本経済について


あまり期待しすぎるのは、ね・・・


黒田日銀総裁が就任したのは2013年3月です。

それから3年半近くが経ちました。

黒田総裁は、物価上昇率2%をおおむね2年かけて目指す、そのためにマネタリーベースを2倍にする、という、2×2×2の戦略を打ち出しました。

デフレ期待を払拭させて、インフレ期待を高める政策を推進してきたわけですね。

2%は実現していませんが、デフレ期待の払拭はある程度は成功したと思っています。

このところの円高・株安を受けて、日銀にさらなる金融緩和を求める声が高まっています。ジャブジャブ緩和して日本経済をインフレに持っていけば、景気も上向くみたいな論調もあります。

ん・・・

私は、金融政策にあまり期待しすぎない方がいいと思っています。


もっと緩和を


東洋経済オンラインに日銀の金融緩和に関する記事がいくつかありました。

たとえば、日銀にもっとマイナス金利を強化するよう求める記事で、マイナス金利を強めればおカネが動かざるをえなくなるという説です。[外部記事]

マイナス金利が強化されると企業は預金を引き出し、配当の増加や自社株買いなどに回すはずで、株価を押し上げる効果をもたらすとしたうえで、

“多くの日本企業は、内部留保を厚くすることこそが、経営の安定化につながると考えてきたが、マイナス金利が常態化したら、外部からの資金調達を積極化させたレバレッジ経営が、改めて見直されるだろう。マイナス金利下では、資金を借りたほうが明らかにトクであり効率的だからだ。”


としています。

いや、そのりくつは・・・

無理があります。


無理があるところ


「マイナス金利下では、資金を借りたほうが明らかにトク」とは言えません。

借入れのコストと、借り入れた資金を活用することで得られるリターンの関係で得かどうかが決まるからです。「明らかにトク」という表現はミスリードを招きます。

現時点では借入れの金利はプラスです。お金を借り入れる企業は、銀行に利息を支払わないといけません。借り入れをしてもそれ以上のリターンを生む事業がなければ、新規に借り入れをしない方が得です。

もし一般の預金金利がマイナスになるなら、企業は預金を圧縮して借り入れの返済に回すでしょう。そうなるとますますカネ回りが悪くなります。


金融政策”だけ”ではバブルは生み出せない


日銀が金融緩和を強めれば、インフレが起きてバブルが起きて景気が良くなる、みたいなストーリーがありますが、それは現実味が薄いでしょう。

日銀はこれまでマネタリーベースを大きく拡大させて、国債を大量に買い込んでいます。それでもインフレ率2%に達していません。

その現実を抜きに、さらなる金融緩和やマイナス金利の強化、ヘリマネの実施でインフレやバブルをもたらすべきだ、と唱える人がいますが・・・

そういう人たちは、金融政策の力を過大評価しているのではないかなと思います。

インフレやバブルが起きるためには、実体経済で資産価値に対する将来期待が変化しないと無理です。所得が増えて需要が強まるからモノの価格は上がりますし、いま買わないと将来値段が上がって買えなくなると思うから、不動産価格が高騰するわけです。

金融経済の世界だけでインフレ期待やバブルの生成を語るのは不十分です。


まとめ、のようなもの


株価は経済を映す鏡ですね。

最近の株価低迷はこの先の経済の減速を見越しているのかもしれません。

金融面でテコ入れを強化しても、実体の経済が下向きなら、それほどの効果は期待できないでしょう。実体経済は労働や貿易によって生み出される富、投資と貯蓄のバランス、政府支出の多寡、など複雑な要素で動きます。

だからこそ、日本の経済を強くするなら、厚生労働行政の改革(働き方の柔軟性と社会保障制度の整理)、投資促進政策のさらなる強化、未来のイノベーションを生む分野への(バラマキでない)選択的な政府支出、などが肝心だと思います。

日本経済の舵取りを日銀に求めすぎるのは、日銀に酷なことだと思います。

経済構造改革は、中央銀行ではなく、行政府と立法府の仕事ですね。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2516:

モルヒネ打ちまくりでもう金融緩和は意味がないですね。
金融緩和ではなく規制緩和で自由な経済にすることでしょう。

2016.08.20 22:07 招き猫の右手 #- URL[EDIT]
2517:

こんばんは

今後、金融緩和しても円安にはならないかと、そもそも円安は金融緩和ではなく貿易収支が赤だったことが大きいと思います。
もちろんインパクトはあり、きっかけになったとは思います。

構造改革でGDPを上げる地道な努力が求められていて、外から(外国人)見るとその部分がないのが見切れれていると思います。(でも、オールフリー的な規制緩和もいただけませんが・・・)

2016.08.20 22:57 yazirobe777 #- URL[EDIT]
2518:

マイナス金利を導入して短期プライムレートは下がらず、長期プライムレートも一時下がっても今は上昇に転じていますね。

個人的には政府に水素発電とか蓄電技術とかインフラのパラダイムシフトを思い切り後押しする政策投資でもして経済動かしてほしいなぁと切に思います。

2016.08.21 02:16 Colorless Freedom #- URL[EDIT]
2519:

記事の趣旨に同意です。

しかし、人口を増やすしか根本的な手段はないと思うんですが、移民を嫌う風土のこの国ではそれは困難。となると、最早八方ふさがりかな?(;´・ω・)

2016.08.21 08:38 mushoku2006 #/EliecKQ URL[EDIT]
2520:

金融政策”だけ”ではバブルやインフレが生み出されないのであれば、国債の日銀消却をやればいいんじゃないでしょうか。
国の借金がなくなるし、上手くいけば税金を取らなくても回るようになるんじゃないか、と思います。

あと、私は子供に対してバラマキをやるのも手だと考えています。
経済には人口増加が一番効果があると思うんですよね。

2016.08.21 14:08 AKI #- URL[EDIT]
2521:

※2516:招き猫の右手さん
ここまで来たら金融政策ではなくて、規制緩和で自由な経済ですね。
規制を緩和して、あるいは必要な規制は強化してルールを変えていかない限り、日本経済の潜在成長率は高まらないでしょう。

2016.08.22 14:39 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2522:

※2517:yazirobe777さん
構造改革でGDPを上げる地道な努力が必要ですね。
規制緩和しすぎて自由になりすぎると労働部分では問題も生じますので、緩和と規制強化のバランスが大事なんでしょうね。
たとえば総労働時間や休日の日数は規制強化の方向の方がいいと思ってます。

2016.08.22 14:43 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2523:

※2518:Colorless Freedomさん
そうですね。インフラのパラダイムシフトで経済を動かして欲しいですね。
いまの日本は新しいものを生み出す力が弱まってる気がします。政府と民間が一体となって新しいものを作っていけたらいいですね。そうすれば経済も動いていくと思います。

2016.08.22 14:47 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2524:

※2519:mushoku2006さん
移民を嫌う風土はありますね。
ただ、いずれそのうち移民の受け入れの問題は出てくる気がします。

2016.08.22 14:56 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2525:

※2520:AKIさん
国債の日銀償却は、明示的に償却するといろいろ言う人が出てきそうなので、両建てにしておいてネットアウトするみたいなことで実質的にやる気がします。

経済には人口増加が一番効果があるという点に同感です。
子供に対してバラマキはありだと思います。人口増加を促す政策は必要ですね。

2016.08.22 15:09 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する