定時で帰ることが「アルバイト感覚」なのかな

夏枯れ相場です。

円高は気になりますが、株式市場はボラティリティの低い安定相場になってますね。

市場も夏休み気分です。外は猛暑、酷暑ですし、夏はゆっくり過ごすのが一番でしょう。

で、今回は、労働観について


イマドキ新入社員


「なぜイマドキ新入社員は定時で即帰ってしまうのか」という記事があります。[外部記事]

冒頭部分の一部を引用します。

“「新入社員が定時になると即帰る、アイツはだめだ」

 新入社員の立場からすれば、「仕事が終わっているからいいでしょう」と言いたくなるかもしれません。しかし、上司世代には彼らがいつも定時に帰るという行動が理解できないのです。”


定時に帰るのはダメということです。

ん・・・

私は年齢的には「上司世代」ですが、定時に帰ることに否定的な思いはありません。

むしろ、早く終わろうよ、という考えです。

過去に「私が学校の先生なら、こういう試験をやりたい」という記事を書きました。満点や高得点を取るのが勝ちではなく、300点くらいの大量の問題の中から好きな問題を選んで、60点をクリアする回答を作って、早く提出した人が勝ち。こういう試験です。

そういう考え方もありだと思うんです。


時間は有限


人生は有限、使える時間は有限です。

だから時間のアロケーションは個人の考え方で変わると思うんです。職場が好きな人は職場で長く過ごすでしょうし、プライベートを重視する人はプライベートの時間を多く配分するでしょう。

ただね、と。

「仕事をする」と「職場にいる」は違うので、そこは分けて考えたいですね。


定時で帰るのは所属意識が低いから?


記事では、新入社員は所属意識が低いからアルバイトのように定時に帰ると指摘しています。

ん・・・

新入社員にとって必要なのは、ちゃんと「仕事をする」ことであって、「職場にいる」ことではないと思うんです。で、上司世代の役割は、新入社員がちゃんと仕事ができる環境を整えることであって、ダラダラとした人間関係を求めることではないと思います。

新入社員が仕事を覚えて、仕事ができるようになって、上司がそれを正当に認めれば・・・

自然と、新入社員の帰属意識は高まると思います。

ね。

帰属意識って自然に生まれるものだと思いますし、帰属意識と職場の滞在時間の長さは関係ないと思います。

あ、あと

新入社員に「従属意識」を求めるのは違う気がします。

そんな事を思いました。

過去記事:私が学校の先生なら、こういう試験をやりたい

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2494:

うちの相方の考えは
『決められた時間内に、キッチリ仕上げるのが理想』
『残業するにも、やむを得ない時も多いけど、大半はダラダラ派』
『あぁ!忙しい!』を連発する人ほど無駄が多いとも。
営業職じゃなく技術職だから可能なんですけどね。
周りに言うわけじゃなく、個人的美学みたいです。
こちらは残業代がほとんど付かないので辛い・・・(;´д`)


こちらは毎日、異常な暑さです。
(今日は38度ですってー)
自律神経がやられ始めているのがわかります💦
これから、首都圏在住の親戚が10日間の予定で泊まりにきます。
息子たちは、あえて帰省しません。
私も止めたし、彼らもゆっくり出来ないからと。
なんだかなー。


しかし、暑い!
東京五輪、本当にこの時期にできるのかしら。

2016.08.11 08:32 みみん #yLibkmaY URL[EDIT]
2495:

>ちゃんと「仕事をする」ことであって、「職場にいる」ことではない

↑この言葉に尽きると思います。
私の会社もそうでしたが、
上司自体が
「そんなに早く帰って家で何するの?」
と言うように聞いてくるのが
日本の会社なんですよね。
アメリカなどでは、プライベートと会社はしっかり分かれていると思います。

その人のスキル、成果に対して会社が契約しているアメリカと
その人自体と契約している日本との違いを感じますね。

日本の大企業のほとんどが生産性が上がらないのは
労働時間で人を評価する傾向が高いからだと思いますね。

もっと、社員を解雇しやすくするなど流動性を高めない限りは、
社員自体も会社にいるだけで実績に関係なく残業代がもらえるから
さらに生産性が上がらないという悪循環が日本にはあるんですよね。
スキルや成果での契約をしない限り、生産性は上がりようがないですよね。

2016.08.11 09:27 freeflyfisher #- URL[EDIT]
2496:

私は新人時代、というか、最初に配属されてから7年9ヶ月残業をしたことがありません。課長以上以外は皆そうでした。経費節減で本社全体がノー残でしたから。それで普通に会社は回っていました。(^^)

事業部に異動になってから、初めて残業をしました。そこでは残業をするのが普通、みたいな感じで、全然社風が違う会社に来たみたいな違和感がありました。確かに仕事量も多かったんですけど、「残業ありき」のせいで、仕事の効率も下がった気がしますね。><

2016.08.11 15:53 mushoku2006 #/EliecKQ URL[EDIT]
2497:

※2494:みみんさん
営業職より技術職の方がスケジュールは立てやすいかもしれませんね。仕事の早い人ほど残業代はつかないというのは悲しい事実ですね。

それにしても暑いですね。
東京五輪は大変そうです。水泳はいいでしょうけど、マラソンはきつそうですね。(-_-;

2016.08.11 18:19 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2498:

※2495:freeflyfisherさん
日本の大企業は人材をうまく活用できていないですよね。忠誠心や帰属意識や長時間の労働ではなくて、スキルと成果が大事ですね。
会社への従属を薄めて一人一人が能力を高めれば、もっと生産性は上がると思います。

2016.08.11 18:28 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2499:

※2496:mushoku2006さん
残業しなくてもほとんどの仕事は回るかもしれませんね。
残業は、やらなきゃいけない状況のときもありますが、慢性化するのは不健全ですよね。

2016.08.11 18:37 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2500:帰属意識

帰属意識と職場の滞在時間の長さは関係ない

会社は、そこに関係があると思っているんでしょうね
時間については、減らす方向で進んでいるように感じますが
帰属意識の統制は、今後も続いていくように思います

むしろ、そちらが根っこの問題だと思っています

2016.08.14 09:35 消費しないピノキオ #0bEIyvWM URL[EDIT]
2502:

※2500:消費しないピノキオさん
根っこの問題ですね。
帰属意識を従業員に求めれば求めるほど、従業員は従属してしまいそうです。
企業は基本的にはゲゼルシャフトなので、そこにゲマインシャフト的なものを求めすぎない方がいいと思うんです。

2016.08.14 14:00 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する