不安定化する世界 この1か月のテロ事件をまとめました

2016年のラマダン(イスラムの断食月)は、6月6日から7月5日まででした。

イスラム過激派組織のIS(イスラム国)が、ラマダン期間中のテロを広く呼びかける声明を出しているとの報道もあります。日本人も多く犠牲となったダッカのカフェ襲撃は、ラマダン期間中の7月1日に起きました。

今回は、このところ起きている事件について


不安定化する世界


シリア情勢は一向に改善しませんし、トルコではクーデター未遂事件も起きています。英国がEUの離脱を決めたのも、根っこには難民、移民問題があるからでしょう。

難民の背景にはシリアの内戦とイスラム国の勢力拡大があります。イスラム国の勢力拡大はイラクの崩壊がきっかけですし、シリア内戦はロシアが政府軍を、トルコや欧米が反政府勢力を支援していることで解決は見通せない状況です。

それに・・・

別の場所では中国とフィリピンの南シナ海問題があります。ASEANの中でもフィリピンやベトナムと、中国と経済的な結びつきが強いカンボジアとでは主張に隔たりが大きく、ASEANの分断は気になるところです。

EUにしてもASEANにしても、地域連合は難しいところはありますね。


さて、本題


前置きが長くなりました。

この一か月での自爆テロ、襲撃などの事件を集計しました。集計漏れはご容赦下さい。

テロ事件リスト 小黒とら

画像での貼り付けになります。画像クリックで拡大します。

バングラデシュで日本人が犠牲になる事件もありました。フランスのニースでトラック暴走によって77人を死亡させたり、ドイツのショッピングセンターで銃を乱射して9人を死亡させる事件もありました。

ただ・・・

この1か月でもっとも死亡しているのは、イラク、なんですよね。

次はアフガニスタンです。

シリアは内戦状態です。テロというよりは空爆などの「軍事攻撃」で被害にあっているので今回は対象外としました。


まとめ、のようなもの


最近、痛ましいテロ事件が続いています。

理想論かもしれませんが

世界が平和であること。
政府が機能し、職があり、命の心配なく生きていける社会であること。

テロ対策って、究極的にはそこからではないかと思うのです。

それだけでは解決しないにしても、です。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する