ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法は特段良い方法ではない。

そういう意見がありますね。

私はドルコスト平均法を用いていませんが、ドルコスト平均法は利点があると思っています。一方で、単純なバイアンドホールドによる長期投資には懐疑的です。

で、今回は投資法について考えてみました。


ドルコスト平均法


ドルコスト平均法は、毎月一定額でリスク資産を買い付ける投資法です。一定の金額で買い付けるため、投資信託の口数(株式なら株数)を安値では多く、高値では少なく買うことになります。

この投資法によって、長期的には買い付け単価が平準化され、かつ、毎月一定の口数や株数を買い付けるやり方よりは、買い付け単価を低減できるメリットがあります。

さらには、相場が下落局面にある中では、下がったら多くの口数、株数が買えると思うことで投資を継続するときの不安を少しは軽減できます。それは心理的なメリットでもありますし、下がって戻る局面では下値で買った効果が出てきます。

なので、単純に心理的な話ではなく、経済合理的なメリットもあります。


ドルコスト平均法でバイアンドホールド


ドルコスト平均法とバイアンドホールド戦略の組み合わせを推奨する人は多いです。その背景は、投資に適したタイミングはわからないという諦めの心と、世界経済は成長するという楽観です。

いつ投資したらいいのかはプロにも分からないのだから、いつ始めてもいい。世界経済は成長するのだから、多少株価が下落してもいずれは戻る。

下がったところで売ってしまうのは損失確定で終わるだけだから、下がったときこそ積立投資を止めてはいけない。下がったときこそ、たくさん買えるドルコスト平均法が生きてくる。

だから、いつ投資を始めてもいいし、どんなときも、どんなときも、積立投資を継続しましょう。

こういう事をよく聞きます。


考え方の整理


投資の最適なタイミングは分からないし下落した時も怖いので、ドルコスト平均法でやろう、と考えている人は多いのではないでしょうか。

その考え自体は悪くないと思います。

私がよく目にする投資法で違和感があるのは、水準を気にしないで「常に投資を継続すべき」という考え方です。ドルコストはいいのですが、バイアンドホールドに違和感あり、ということです。

私は、ドルコスト平均法で積み立てをやるにしても、

1. 投資をスタートする時期は考えた方がいいし、
2. 割高な局面では一部を売ってもいいし、
3. 状況によってはリスク資産ではなく預金を積むのもいいし、
4. 下がったところで預金から持ち出してリスク資産の積立額を増やしてもいい

という考え方です。

単純化すると、そういうアクティブな判断をするかしないかですね。


判断する、しない


私は、数年単位で変化する循環的な動きの中で、ある程度は(ある程度は、です。完璧に、ではなくて)、株式市場の割高・割安は判断できると思っています。

そういう判断ができると思う人は、任意のタイミングでリスク資産の調整を行えばよく、

そういう判断はしない、しても意味がない、そこまで投資にエネルギーを割きたくないという人は、毎月のドルコスト平均法で機械的に投資をすればいい

ということでしょう。

ご自身の投資スタイルなので、どちらを選んでもいいんです。

大事なのは、自分がどう考えるかですね。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2387:

> 私は、数年単位で変化する循環的な動きの中で、ある程度は(ある程度は、です。完璧に、ではなくて)、株式市場の割高・割安は判断できると思っています。

これはあると思っています。
これがないと思っている人とは、いつまで経っても平行線かなと。

景気がよくなりそう、悪くなりそう、迷走中でよくわからない!。今は、最期のよくわからない!かな^^

2016.07.15 21:37 煙々 #- URL[EDIT]
2388:

※2387:煙々さん
そうですね。
株式市場が割高なのか割安なのか、景気がよくなりそうなのか悪くなりそうなのか、などを漠然とでも判断できるかどうかで平行線はありますね。もちろん不透明でよくわからない時期もあります。

2016.07.15 22:57 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2389:

>単純に心理的な話ではなく、経済合理的なメリットもあります

同感です。インデックス投資の先輩方は一括が合理的で、ドルコストは、気休めと言われますが、ある時は「半値になっても儲かる積立投資」と言われます。

それがドルコストの合理性であり、数学的にも証明できるもののはずですが・・・と生意気に考えてしまいます。(^^;)

>私は、ドルコスト平均法で積み立てをやるにしても、1,2,3,4

そんな感じで考えながらやりたいと思います。
バイアンドホールド、ドルコスト、リバランスを徹底するのが良くて、考えながらやると、成績が悪くなる。と聞くこともありますが、自分は取りあえず考えてやってみようと思っています。





2016.07.16 09:37 りあるむえ #- URL[EDIT]
2390:

※2389:りあるむえさん
ドルコストは単なる気休めではないですよね。合理的な利点は素直に評価すべきだと思います。
考えながらやると成績が悪くなるという説は、私は受け入れません。考えた方がいいですよね。考えながらやっていると、そういう説に惑わされなくなりますから。(^^)

2016.07.16 15:35 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2393:

ヘッジ付きのインデックスファンドで確認をすると世界経済は順調に右肩上がりですね…。

一括投資で後は証券会社にログインしない方が生活全般にいい影響だと思いますよ。

確定拠出年金なんかはドルコストしか出来ないのでイライラします…仕方がないので6年間で入れれるだけ入れて、後は入金しないで30年間放置ですね。

正直、現在までの各個人の年齢・人生経験・経済状況・家族構成等を加味しなくてはならないのでどの方法が正しいのかは個人よってマチマチですね。

と…偉そうに書きましたが、昨年末より一括投資をして…今悲惨ですよね
確定拠出年金がドルコストで本当に心の底からよかったよかったw
こんな例もありますからねぇ。

2016.07.17 01:07 るる #- URL[EDIT]
2394:

※2393:るるさん
コメントありがとうございます。
そうですね。どの方法がいいのかは個人によってマチマチですね。
ドルコスト自体は悪くない方法だと思いますが、それでも一長一短はありますね。

2016.07.17 19:28 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する