各国で予想外の利下げが続いています

このところ米国株の強さが際立ってますね。

消去法的に米国株という気がしなくもないです。米国株だけを見ていると相場は堅調ですが、そういうときこそ世界に目を向けようと思います。

今回は、予想外の利下げについて


予想外の利下げ


わりと前からですが、気になるニュースに「予想外の利下げ」という表現があります。あと、予想外ではない普通の利下げもあります。

具体的に見ていきましょう。

2016年7月13日
マレーシアの中央銀行が予想外の利下げ。利下げは7年ぶり。
3.25% → 3.00%

2016年6月16日
インドネシアの中央銀行が利下げ。今年4回目。
6.75% → 6.50%

2016年6月10日
ロシアの中央銀行が利下げ。利下げは2015年8月以来。
11.00% → 10.50%

2016年6月9日
韓国の中央銀行が予想外の利下げ。利下げは2015年6月以来。
1.50% → 1.25%(過去最低水準)

2016年5月24日
トルコの中央銀行が利下げ。3か月連続。
10.00% → 9.50%

2016年5月3日
オーストラリアの中央銀行が予想外の利下げ。利下げは2015年5月以来。
2.00% → 1.75%(過去最低水準)

2016年3月10日
ニュージーランドの中央銀行が予想外の利下げ。
2.50% → 2.25%(過去最低水準)


インフレ圧力の低下


新興国が利下げに踏み切っているのは、経済の成長率が減速気味というのもありますし、インフレ懸念が高まっていないという点もあります。

米国の利上げピッチが緩やかになるだろうという思惑から、新興国通貨安が進んでいないんです。だからわりと利下げがしやすいんですね。

タイもそのうち利下げしそうです。

あ、

FXをやってるわけじゃないです。(^^;


なんとなく気だるい雰囲気


なんとなくですが、このところの世界の株式市場は気だるい感じです。

もちろん米国株は調子いいんですけどね。

そのわりには、なんだかそれほどの情熱もなく米国株が上昇している感じです。積極的に買われているというよりは、他の国がパッとしないので相対的に米国がメリットを受けているのかなと見ています。

それはやはり、世界のマクロ景気が減速気味だからかな・・・と。


こんなときの投資戦略


いつものことですが様子見です。

いまはコアな部分しか投資していないので、だいぶお気楽に相場を見ています。

上がれば上がったでコアな部分で利益は出ますし、
下がったら下がったで買うチャンスを見極める楽しさも出てきます。

いまから買うチャンスを待ち構えていると、ずっと待ちぼうけを食らわされるかもしれませんが、まあ、それでもいいかなと思ってます。

休むも相場、待つも相場ですから。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2373:

いつも興味深くブログ読んでおります。

> いまはコアな部分しか投資していないので

コア以外の資産はどこに置けばいいのか?
というのが、私が投資を始めて以降の疑問です。

円?ディフェンシブ株?金?

何にせよ、諸行無常かも。。。
駄文失礼しました。

2016.07.14 20:36 #- URL[EDIT]
2374:

※2373:-さん
コメントありがとうございます。
コア以外の資産は、MRFと銀行預金に置いてます。

2016.07.14 20:52 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する